猫に生肉を与えるメリットとデメリット、注意点を解説

猫に生肉を与えてもいいのか

猫に生肉を与えていいかと調べたり話を聞いたりすると、人によって意見が分かれますが、実際どうなのでしょう。

スーパーや人間用の肉はNG

結論から言うと、基本的にスーパーや人間用の物として売られている生肉のほとんどは加熱用のため、猫には与えるべきではありません

もしどうしても手に入りやすい人間用の肉を与えたいなら、加熱してから与えるのが安全です。

ペット用の生肉はOK

しかし猫に与えても大丈夫な生肉もあります。猫に与えられる生肉は、ペット用として販売されている生肉です。ペット用として販売されている生肉なら、猫にも安心して与えることができます。

猫に人間用の生肉を与えるリスク

人間用の生肉を猫に与えることにはどのような危険やリスクがあるのでしょうか。

生肉による細菌感染の危険

生肉を加熱処理せずに猫に生肉を与えると、細菌感染の危険があります

生肉にはトキソプラズマなどの寄生虫や細菌が住み着いているため、加熱しないと食べた時に、寄生虫や菌が生きたまま生肉と一緒に体内に入り込んでしまいます。

生の豚肉は細菌感染の可能性が非常に高いということが広く知られていますが、スーパーなどで販売されている鶏肉や牛肉も「加熱用」の生肉は豚肉同様、細菌感染のリスクは高いです。

最悪の場合、死に至ることも

入り込んだ寄生虫や菌は猫の体内で、

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 呼吸困難
  • 食欲不振
  • 活力減退

などの症状を引き起こし、猫を苦しめます。老猫や子猫など免疫力の低い猫がかかってしまった場合、最悪、死に至ることもあります。

猫から人間への細菌感染

上記のように生肉を与えたことで猫が細菌感染してしまった場合、飼い主さんに感染するリスクもあることを覚えておいてください。

トキソプラズマなど、細菌の種類によっては猫に感染した病気が人間に感染してしまうことがあります。

脂肪分が多い

また人間用の肉はペット用の肉よりも脂肪分が多く含まれており、赤み部分が少ない傾向があります。

そのため人間用の肉を与えると猫の肥満の原因にもなります。

猫に生肉を与えるメリット

しかしペット用の生肉が登場するくらいですから、生肉にもメリットがあります。

食いつきが良い

生肉は猫が野生で生活していた頃から食べていたものなので当然、食いつきもキャットフードより良いです。

肉の香りを存分に楽しめるので、猫の嗜好性も満たせます。

消化されやすい

猫は肉食性の動物なので、猫にとって生肉は消化しやすく、エネルギー源として吸収されやすいです。

元気、野性的になる

これまでキャットフードばかり食べていた猫に生肉を与えると、野生的になったり元気になるという話もあります。

動きがワイルドになったり、運動不足が解消された、という経験談も聞かれます。