酸化防止剤

枯葉剤 キャットフードキャットフードについて

キャットフードのエトキシキンは危険?食品へは禁止。遺伝毒性や発がん性を解説

キャットフードの酸化防止剤:エトキシキン ゴム固定剤、殺虫剤、農薬や枯葉剤などに利用される合成酸化防止剤 エトキシキン(Ethoxyquin)は、植物成長調整剤や抗酸化剤として使用される合成添加物の一つです。エトキシキン…

キャットフード BHTキャットフードについて

キャットフードの酸化防止剤BHT。発がん性や変異原性、催奇形性、神経障害、肝障害の危険

キャットフードの酸化防止剤:BHT(ジブチルヒドロキシトルエン) 食品から工業品まで幅広く利用された酸化防止剤 BHTは、キャットフードの合成酸化防止剤の一つで、正式名称を「ジブチルヒドロキシトルエン(dibutylhy…

キャットフードについて

キャットフードの酸化防止剤BHA。発がん性の危険がある一方、抑制効果も報告される

キャットフードには合成酸化防止剤を使用した製品もありますが、その代表格がBHAになります。 BHAはロイヤルカナンのキャットフードでも使用されていますよね。 ロイヤルカナンは獣医師が在籍する有名ペットフードメーカーですが…

キャットフードについて

キャットフードの酸化防止剤の働き。危険な酸化防止剤の発がん性を解説!安全な酸化防止剤はある?

キャットフードの酸化防止剤とは 酸化を防ぐ添加物 酸化防止剤はキャットフードの酸化を防ぐために加えられる添加物の一つです。 酸化とは「ある物質が酸素と化合する」ことで、たとえばリンゴが茶色っぽく変色する、鉄が錆びる、など…

クエン酸 猫 キャットフードキャットフードについて

キャットフードのクエン酸。効果と安全性、酸化防止剤やpH調整剤として利用される

キャットフードでよく見かけるクエン酸。私達にとっても身近な印象ですが、猫にとってクエン酸は問題ないんですか? クエン酸は柑橘類からとれる自然由来の添加物なので、安全性は高いです。酸化防止剤やpH調整剤としてもキャットフー…

トコフェロール キャットフード ビタミンEキャットフードについて

キャットフードのミックストコフェロール。酸化防止剤として働くビタミンE。合成トコフェロールとは?

キャットフードに酸化防止剤として使用されているミックストコフェロール。天然由来だから安全とよく聞きますが、どのような物質なのでしょうか? ミックストコフェロールはビタミンEであり、植物性の油脂から精製されていますよ。 キ…

キャットフード ローズマリーキャットフードについて

キャットフードのローズマリー。ハーブの一種で植物由来の天然酸化防止剤として働く

キャットフードにはハーブが含まれていることがありますが、中でもローズマリーを配合しているキャットフードは多いように思います。 ローズマリーは天然の酸化防止効果があるので、合成添加物を使用しないメーカーではローズマリーを使…

キャットフードについて

キャットフードの危険な合成添加物、安全性が高い天然添加物を解説

キャットフードに添加物を使う場合、ペットフード安全法で表示が義務付けられています。 パッケージの裏面や側面を見ると、キャットフードにどんな添加物が使われているか確認することができます。 ただ、キャットフードの表示を見ても…