アニモンダ ラフィーネの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

※こちらの記事はペットフード販売士マッサンのキャットフードの学校より譲受しました。

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

おすすめのキャットフードでもよく登場するドイツのアニモンダ。今回はアニモンダの中でもラフィーネシリーズについて、猫田さんに解説してもらいました。

ドイツ最大のペットフード会社アニモンダ

アニモンダの会社について

猫田

アニモンダは、サラミやソーセージなど食肉の加工していた「ストックマイヤー社」の子会社として誕生したペットフードメーカーです。食肉加工で培った加工、保存処理技術を用いて高品質なキャットフードを作り出しています。

アニモンダの設立は1991年でハッテム工場(従業員200名、製造能力5万トン)、ブレーメン工場(従業員420名、製造能力30万トン)と2ヵ所に自社工場を持ち、ヨーロッパ以外の国にも輸出しています。

鈴木さん
大きな工場が2つもあるほど、世界中で人気なんですね。
猫田
アニモンダは様々なメーカーのOEMもしています。OEMとは「他ブランドの製品を製造すること」で、アニモンダはOEMでも品質に定評があることからも、フード自体がしっかり管理されていると言えます。
鈴木さん
それならアニモンダの工場で生産されたフードは相当な量ですね!

あえて総合栄養食と表記しない

猫田

他のブランドやメーカーと比較して変わった点といえば、アニモンダの全てのフードで「総合栄養食」という表記を行っていないことです。ただアニモンダのフードは一種類だけを食べていても健康に害なく生きていくことができ、総合栄養食と表記しても問題はないとアニモンダのレディケ博士は伝えています。

アニモンダの考えでは一種類のフードだけを与え続けるのではなく、様々なフードをバランスよく与えることが犬猫にとってよりよいという考え方で成り立っています。

鈴木さん
考え方や製造工程自体は非常にしっかりしているみたいですし、あとはレシピ次第といったところですね!

アニモンダ ラフィーネ クロス(鴨肉と七面鳥と鶏肉)

穀物シリアル(小麦胚芽入り)
ポイントヒューマングレードの原材料、遺伝子操作原材料の使用なし、BSE全頭検査、人工保存料、着色料の使用なし、砂糖・塩の添加なし
実売価格2,376円/1.5kg
1kgあたり約1,584円
第一原料シリアル(小麦胚芽入り)
生産国ドイツ
メーカードイツ
販売元ジャーマンペット株式会社
猫田

ラフィーネの中でドライフードにあたるラフィーネクロスは、子猫用、成猫用、シニア用とがあり、どれも3種類の肉が使用されています。

ヒューマングレードの原材料、遺伝子操作原材料の使用なし、BSE全頭検査、人工保存料、着色料の使用なし、砂糖・塩の添加なしと基本的な部分はしっかりと守られています。

原材料からの考察

シリアル(小麦胚芽入り)鴨肉・七面鳥・鶏肉、油脂類、野菜たんぱく抽出物、ヨーグルト、乾燥全卵、イースト、野菜、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンC、ミネラル(銅・亜鉛・セレン・ヨウ素)
鈴木さん
アニモンダではシリアルが焦点になりそうですね。小麦胚芽入りと書かれていますが、シリアルと小麦胚芽とはなんですか?
猫田
シリアルはとうもろこし、小麦、オーツ麦、米や玄米を焼いて生成したものです。小麦胚芽は小麦粒の粒全体の2%程度しかない胚芽部分のことでビタミンやミネラルなどを豊富に含んだ部分です。
鈴木さん
栄養素としては良さそうですが、シリアル自体が猫がほぼ消化できない穀物の塊のようなものですね…
猫田

栄養素は豊富で非常にいいのですが、グレインフリーではないことは確かですね(笑)

ドイツやアメリカなどまだ穀物入りのレシピは人気があり、日本でもグレインフリーより穀物入りの方がずっと売れています。その上でアレルギー以外では猫に問題が起こることは報告されていませんから、売れ筋のレシピなのではと推測できますね。

アニモンダ ラフィーネクロス 鴨肉と七面鳥と鶏肉 成分表

成分(保証分析値) タンパク質32%
脂肪12%
粗繊維1.5%
粗灰分6.5%
水分9%
カルシウム1.2%
リン1%
マグネシウム0.08%
タウリン1.2g/kg
カロリー374kcal/100g

アニモンダ ラフィーネシリーズについて

猫田

アニモンダのラフィーネシリーズには、

  • ラフィーネチャンクシリーズ
    (ウェットフード)
  • ラフィーネクロスシリーズ
    (ドライフード)
  • ラフィーネプティシリーズ
    (パテウェットフード)
があります。どれも毎日の食事として与えることは可能ですが、上でも説明したように「総合栄養食」という表記はありません。

鈴木さん

ラフィーネチャンクシリーズは水分量が多いスープやとろみのあるタイプのキャットフードで、パテタイプのラプティはペースト状の粒がほとんどない状態のキャットフードですね。ラプティはパッケージが猫の顔をしたデザインで可愛いですね。

まとめ

  • 大きな自社工場をふたつ持っている
  • 様々なメーカーのOEM生産を行っている
  • ヨーロッパ以外の国へも輸出
  • シリアルが含まれグレインフリーではない
鈴木さん
大きな自社工場を持っていて様々なメーカーのOEM製品も作っているアニモンダならグレインフリーも作れそうですが、きっと意図をもってシリアルを配合しているんですね。副産物なども一切使われていないので安心して与えることができるキャットフードとして紹介しておきます。
このキャットフードの口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

アニモンダ
平均:  
 2 口コミ
by 1234 on アニモンダ
キャットフード名: アニモンダ ラフィーネクロス 鴨肉と七面鳥と鶏肉
フード利用期間: 1年
愛猫の年齢: 3歳

評判が良さそうだったので買ってましたが、総合栄養食とは書かれていなかったんですね。意識したことがなかったです。粒が数種類入っていて見た目も綺麗ですね。猫も不満そうではないので良さそうです。このサイトでグレインフリーを知りました。残念ながらアニモンダはグレインフリーではなさそうなので、試してみるのもいいかなと思っています。

by リリー on アニモンダ
キャットフード名: アニモンダ ラフィーネクロス 鴨肉と七面鳥と鶏肉
フード利用期間: 4ヶ月
愛猫の年齢: 3歳

ネットでかなり評判が良かったのでアニモンダにしました。粒がちょっと変わってて食感がたのしめそう。色んな粒があって毎回少し残る粒もあります。

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。