キャットフードのローズマリー。植物由来の天然酸化防止剤になるハーブ!

キャットフード ローズマリー
鈴木さん
キャットフードにはハーブが含まれていることがありますが、中でもローズマリーを配合しているキャットフードは多いように思います。
猫田
ローズマリーは天然の酸化防止効果があるので、合成添加物を使用しないメーカーではローズマリーを使っていることが多いですよ。

キャットフードの原材料、ローズマリーとは

地中海沿岸地方が原産のハーブ

ローズマリーは、地中海の沿岸地方が原産のシソ科に属する植物で、ハーブの一種です。

ハーブとしての高い効果や働きから「若返りのハーブ」や「記憶のハーブ」とも呼ばれています。

使い道さまざまな万能植物

ローズマリーはハーブとしてだけでなく、食材の香り付け、精油、インテリア、保存料など様々ものに用いられています。

ヨーロッパではローズマリーには悪魔から守る神秘的な力があると言われ、キリスト教では祝典や葬儀などにも用いられています。

ハーブは古くから薬として利用されてきました。また香りも強く特徴的なため、スパイス(香辛料)やアロマなどとしても利用されます。

ローズマリーの効果・働き

ローズマリーがもつ力と働き一覧

  • 消臭効果
  • 抗菌作用
  • 抗酸化作用(酸化防止)
  • 記憶力を高める
  • リラックス作用
  • 刺激作用
  • 血行促進
  • 集中力を高める
  • 育毛促進
  • 肌のたるみ改善
  • 肝機能を高める

人に対する効果も含まれていますが、ローズマリーにはざっとこのような働きや効果があります。

薬のような働きも多い

ローズマリーの効果の特徴としては、記憶力を高めたり、肝機能を高めたり、といったような薬のような力が見られる点です。

記憶力を高める効果ゆえに、若返りのハーブや記憶のハーブと呼ばれています。

他にも様々な効果があり、リラックス作用と刺激作用の両方を併せ持っている点も特徴です。

キャットフードのローズマリーの働き

植物由来の天然酸化防止剤

ローズマリーやローズマリー抽出物は、キャットフードでは主に植物由来の天然酸化防止剤として利用されています。

酸化防止剤とはフードの酸化(劣化)を防ぐための物質で、油脂を使用するドライキャットフードには必要不可欠なものです。

しかし中には、発がん性や猫の体への影響が心配される「合成酸化防止剤」を使用しているキャットフードもあります。

合成酸化防止剤を使用せずに酸化を防止するために、ローズマリーのような植物由来の原材料を酸化防止剤として配合しています。

天然の保存料、香り付け

ローズマリーには消臭効果や抗菌作用、肉の鮮度を保つ効果などもあることから、天然の保存料としても機能しています。

また、ローズマリーのハーブとしてのスパイシーな香りもキャットフードにおける香り付けとして働いています。

キャットフードのローズマリーまとめ

猫田
今回はキャットフードのローズマリーについてまとめてきました。
鈴木さん
ローズマリーには様々な効果があるんですね。でもこれだけ効果や力があって香りも強いなら、副作用が気になります。
猫田

キャットフードの場合、使用されるハーブはごく少量ずつです。

副作用や猫の体に大きな影響が出るほどの量は使用しませんので、キャットフードにローズマリーが含まれている場合は心配いりません。 

投稿者プロフィール

【監修・執筆】鈴木利奈
【監修・執筆】鈴木利奈ペットフード販売士 / コスメコンシェルジュ
一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。

日本化粧品検定協会会員。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。