ファーストチョイス(1st CHOICE)の口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

ファーストチョイス キャットフード
この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

23年前から販売されているカナダ産ファーストチョイス(1st CHOICE)。カナダ産ですが、買い求めやすく嬉しい価格帯ですが、原材料や成分はどんな内容になっているのでしょうか。猫田さんの解説を聞いてみましょう!

アース・ペット株式会社が販売するカナダ産「ファーストチョイス(1st CHOICE)」

猫田

1st CHOICE(ファーストチョイス)キャットフードは、アース・ペット株式会社が販売するカナダ産キャットフードです。

ファーストチョイスは、1990年にカナダの動物栄養学の博士や獣医師によって開発されたキャットフードで、日本では1988年から販売が開始されました。

現在は世界35か国以上で販売されていますが、初めての海外進出は日本ということで、ファーストチョイスにとっても日本への輸出販売は大きな一歩だったと考えられますね。

鈴木さん
日本が最初で、販売から23年の販売実績があるんですね!
猫田
はい、ファーストチョイスを輸入しているアース・ペット株式会社は、「アリの巣コロリ」で有名なアースグループ(アース製薬株式会社)の子会社で、他にもサプリメントやペット用消臭剤、ノミ取りなどの猫用製品を販売しています。

カナダのPLBインターナショナル(PLB international)

猫田

カナダでファーストチョイスを製造するPLBインターナショナル(PLB international)は、1969年にカナダのケベック州で創業した会社で、始めはペットフードではなく家畜肥料に使われる原材料の生産を専門に行っていました。

1981年からペットフードの製造を開始し、1990年にファーストチョイスの販売を開始しました。当時、北米ではプレミアムフードのような新鮮な鶏肉を原材料として使用したキャットフードはなく、ファーストチョイスが先駆けとなっていたそうです。 

ファストチョイス キャットフード Cat-Food 1st-Choice画像引用元:1st Choice Canada – Healthy Dog & Cat Food Made in Canada

鈴木さん
カナダのファーストチョイスは日本のファーストチョイスとパッケージやサイトの雰囲気が違いますね。
猫田

パッケージやサイトなど見た目もですが、日本で販売するにあたって原材料や栄養も変更されています。配合量や成分値もやや異なりますね。

PLBインターナショナルは2019年に創業50周年を迎え、古株のペットフードメーカーとなりましたが、現在もLily&Jax(リリー&ジャックス シグネチャーライン)という新ブランドを立ち上げるなど、老舗ペットフードメーカーとして躍進しています。

味にうるさい室内猫用 1歳以上 サーモン&チキン

created by Rinker
1st choice (ファーストチョイス)
¥6,145 (2021/07/29 20:21:46時点 Amazon調べ-詳細)
穀物玄米、コーン、コーングルテンミール
気になる点食物繊維が多い
大豆レシチン
実売価格473円/560g
964円/1.6kg
1kgあたり602.5円
第一原料鶏肉
生産国カナダ
メーカーカナダ
販売元アース・ペット株式会社

原材料からの考察

鶏肉玄米、コーン、コーングルテンミール鶏脂、サーモンビートパルプ、たん白加水分解物、セルロース、乾燥全卵、全粒亜麻仁(オメガ3脂肪酸源)、サーモン油(DHA源)、酵母、乾燥トマト、マンナンオリゴ糖、乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、大豆レシチン、硫酸水素ナトリウム、DL-メチオニン、タウリン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(ナトリウム、クロライド、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、カルシウム、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ビタミンE)
猫田

主原料は鶏肉ですが、玄米やコーン、コーングルテンミールの穀物が多く使用されています。また食物繊維源のビートパルプやセルロースなども配合されているので、不溶性食物繊維では7%程度ですが、水溶性食物繊維との想定すると食物繊維はかなり多いのではないでしょうか。

イヌリン源となるチコリや酵母などを配合していることから、腸内環境の健康維持を意識しているのかもしれません。

鈴木さん
ファーストチョイスは1.6kgで964円とかなり安いですね!
猫田
そうですね。激安フードに分類されますが、合成着色料や合成保存料、合成酸化防止剤等は不使用のようです。また、タンパク質も29%とやや少ないくらいの値ですが、オメガ6とオメガ3脂肪酸のバランスも適正に近い割合(オメガ6:オメガ3=4.6:1)となっているので、この点は評価できるのではないでしょうか。

キャットフードのオメガ6とオメガ3とは?効果や適正比率、多く含まれる食べ物を紹介

2016年12月26日
鈴木さん
逆に気になる点はありますか?
猫田

コーンのグルテンによるグルテンアレルギーの可能性は気になるところではあります。

また、尿路結石(ストルバイト)や腎臓への負担を考えて、ミネラルバランスに注目される方も多いかと思いますが、カルシウムとリンとのバランスを考えると、マグネシウム値はやや高めですね。

成分表

成分(分析値)粗タンパク質29%以上
粗脂肪13%以上
粗繊維7%以下
粗灰分9%以下
水分10%以下
カルシウム1.1%
リン0.9%
マグネシウム0.11%
オメガ6脂肪酸3.52%
オメガ3脂肪酸0.76%
カロリー100g353kcal

商品ラインナップ

  • 離乳期~1歳 妊娠後期/授乳期 チキン 育ちざかりの子ねこに
  • 1歳以上 白身魚&チキン 飽きっぽい気まぐれな猫に
  • 1歳以上 サーモン&チキン 味にうるさい室内猫用
  • 1歳以上 鴨肉&サーモン 味にうるさい室内猫用
  • 10歳以上 サーモン&チキン 味にうるさい室内猫用
  • 1歳以上 サーモン&白身魚 ダイエット 避妊去勢猫に
  • 1歳以上 チキン 下部尿路の健康維持ケア
  • 10歳以上 チキン 下部尿路・腎臓の健康維持ケア
  • 15歳以上 チキン 長生き猫の腎臓の健康維持ケア

ファーストチョイスキャットフードは全9商品です。

まとめ

  • カナダ産で日本では23年の販売実績がある
  • アース製薬株式会社の子会社が輸入販売
  • 玄米やコーン、セルロースやビートパルプを使用
  • マグネシウム値がやや高め
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

キャットフード勉強会
平均:  
 0 レビュー

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。

ABOUTこの記事をかいた人

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。