レオナルドの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

※こちらの記事はペットフード販売士マッサンのキャットフードの学校より譲受しました。

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

ペットフードへの安全基準が最も厳しいと言われるドイツで生産されたレオナルド。

300gの小さい袋に入ったキャットフードも販売されており、お試ししたいという方にもおすすめです。

レオナルドについて

穀物グレインフリー
ポイント粒が大きい

実売価格税込4,665円
1kgあたり2,592円
第一原料食用トリ(家禽肉)
生産国ドイツ
メーカードイツ
販売元Bewital petfood GmbH&Co.KG.(独)
猫田
グレインフリーで粒の大きさが特徴のレオナルド。種類は始めの写真にもあるように豊富です。ドライフードの他にもウェットフードに販売もあります。
鈴木さん
レオナルドのキャットフードは粒が大きいのが特徴ですよね。大きい粒のキャットフードは、噛んで飲み込むので噛んだときに歯に汚れがとれ、歯周病予防につながるから積極的に与えていきたいです。
猫田
粒が大きい方が早食いを防ぐことができますし、猫の体にも負担が少ないです。

成猫用ポートリーグレインフリー

原材料からの考察

新鮮な家禽肉(食用トリ肉)(30%)低灰分家禽 タンパク質:乾燥(21%)アマランス(15%)、えんどう豆粉、ポテトデンプン、加水分解された家禽肉レバー、家禽肉脂肪、乾燥卵、海洋動物プランクトン粉(オキアミ:2.5%)、フィッシュミール海魚より(2.5%)、乾燥醸造酵母(2.5%)、圧搾されたブドウ種、チアシード(1.3%)、乾燥イナゴマメさや、グアー胚芽ミール、塩化ナトリウム、塩化カリウム、第二リン酸カルシウム、チコリイヌリン
猫田
レオナルドでは原材料に新鮮な食用の鶏肉を使用しています。2つ目の項目は乾燥鶏肉といったニュアンスに感じられます。チキンがおよそ50%を占めているキャットフードです。
鈴木さん
アマランスは着色料で聞いたことがあるのですが、大丈夫ですか?
猫田

アマランスという名前の合成着色料もありますが、普通に考えると15%も入ることはありえません(というか必要ありません)。

説明を見ると、これはアマランスと呼ばれることもある「アマランサス」という植物のようです。メキシコあたりでは穀物として食べられていましたし、穀物をしのぐと言われるほどの栄養価を持っています。

鈴木さん
アマランサスが穀物ならグレインフリーとは言えないのではないですか?
猫田

アマランサスはイネ科の植物ではなく、ヒユ科の植物なんですね。

キャットフードのグレインフリーは「イネ科の種子」と狭い意味で捉えられているので、アマランサスが入っていても一応グレインフリーで間違っているわけではありません。

鈴木さん
アマランサスで穀物アレルギーになることはないのですか?
猫田
アマランサスはアレルギー対応の療法食やキャットフードに含まれていることも多く、アレルギー反応が出にくい食材なので、他の穀物に比べると安心して与えることができる原材料だと思います。

レオナルドの成分

成分(保証分析値)粗たんぱく質32%
粗脂質18%
粗灰分8.2%
粗繊維2.8%
水分10%
カルシウム1.0%
リン0.7%
マグネシウム0.4%
ナトリウム0.09%
代謝エネルギー403kcal/100g
猫田

アマランスが15%入っているため、グレインフリーキャットフードの割にタンパク質の配合は抑えめになっています。

またカルシウムとリンとマグネシウムの割合も1:0.7:0.09と、適正比率(1:0.8:0.08)に近くなっているため、尿路結石予防についても考えられています。

まとめ

  • 食用トリ肉をメインに使用
  • 粒が大きめ
  • アレルギー対策にアマランサスを使用
  • 尿路結石予防のミネラル比率
このキャットフードの口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

キャットフード勉強会
平均:  
 0 口コミ

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。