グランツ キャットフードの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

新しく発売したイギリスで開発されている日本メーカーのGRANDS。日本で購入できるグレインフリーの流れを踏襲している動物性原材料が豊富な高タンパク質キャットフードです。

EC通販の株式会社シー・コネクトのオリジナルキャットフード

プリンターのインクや布ナプキン、越境ECサービスを手がける

猫田
世界へ向けた越境ECも手がける株式会社シー・コネクト。会社設立から10年に渡る通販スキルを生かして、新規事業としてキャットフード開発、販売を行った形でしょうか。
鈴木さん
東京、大阪にロジスティクスも備えた大きな会社なんですね!

グランツについて

穀物グレインフリー
ポイント動物性原材料75%
実売価格3,900円/1.5kg
※定期割引あり
1kgあたり約2,600円
第一原料フレッシュチキン
生産国イギリス
メーカー日本
販売元株式会社シー・コネクト
猫田

グランツはカナガンなど日本における元祖的なグレインフリーキャットフードを踏襲するキャットフードのように感じますね。イギリス製造で動物性原材料を豊富に使用し、高タンパク質に仕上げています。

会社もペットフード専門メーカーというわけではなさそうですので、有識者の意見を参考に作ったという感じかなと思います。

鈴木さん
最近メインになっている単一動物性原材料ではなく、チキンとサーモンを混ぜたレシピなんですね!
猫田

魚だけでは高価になりがちで、塩分が多くなったり、オメガ脂肪酸のバランスが取りにくいといった点もありますので、両方使うのは栄養バランスとしてはいいかと思いますよ。

今までのグレインフリーの流れを踏襲しているようなタイプだけあり、特にグランツならではといった部分もありませんので、そこが逆に個性といったところでしょうか。動物性原材料が少しでも豊富な方がいい!という猫ちゃんの選択肢になるかもしれませんね。

原材料からの考察

フレッシュチキンドライチキンフレッシュサーモンドライサーモンチキンファットチキンストックサーモンオイル、サツマイモ、ジャガイモ、醸造用イースト、ビタミン、ミネラル、ニンジン
猫田

75%が動物性原材料です。かなりシンプルな原材料だと言えると思います。また、この分量ですと繊維が少ないであろうことが予想でき、表示も2.3%ですので納得ですね。

鈴木さん
下痢や便秘になりやすかったりしますか…?
猫田

個体差の方が大きいですので、だからといってお腹の調子が悪くなるとは限りません。ただ現在の日本で入手できるキャットフードの中では少ないといえますので、その事実を知っていれば、調子次第で他キャットフードに変更してみることもできます。

またオメガ6:オメガ3は約3:1です。魚系フードとしては一般的ですね。カルシウム、リン、マグネシウムの割合はマグネシウムの値は公表されていないようです。ナトリウムの公表もありません。

グランツ 成分表

成分(保証分析値)粗タンパク質38%
粗脂肪18%
粗繊維2.3%
粗灰分8.0%
水分7.0%
カルシウム1.55%
リン1.1%
カロリー100gあたり379.3kcal
このキャットフードの口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

グランツ
平均:  
 0 口コミ

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。