ファルミナ キャットフードの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

イタリアのファルミナ。ベットライフシリーズとN&D(ナチュラル&デリシャス)シリーズについて猫田さんに解説してもらいましょう。

ファルミナN&Dシリーズについて

猫田
ファルミナN&Dグレインフリーは、GMOフリー、グレインフリー、高品質の動物由来の原材料が70%使用されたキャットフードとなっています。
鈴木さん
ファルミナは自社で研究開発なども行っていますし、自社の技術と管理体勢に誇りを持っていますね!

ファルミナN&Dのラインナップ

猫田

ファルミナN&Dシリーズの商品ラインナップには、

  • キヌア
  • グレインフリー
  • パンプキン
  • ローアンセストラル

 

があります。キヌアは新しい商品です。

グレインフリーまたは古代穀物

鈴木さん
ファルミナN&Dの商品は、グレインフリーまたは古代穀物のみの猫のアレルギーに配慮したラインナップになっていますね。
猫田
そうですね、また同じ種類のキャットフードの中でも味が数種類あったり、成猫用・子猫用・去勢猫用など成長段階に合わせたフードが用意されていたりするので、キャットフード選びの幅が広がるのではないでしょうか。

ファルミナN&D グレインフリー チキン&ザクロ

ファルミナ N&D グレインフリー チキン&ザクロ
穀物グレインフリー
ポイント高タンパク
実売価格1,192円(300g)
5,378円(1.5kg)
1kgあたり3,585.3円
第一原料鶏生肉、乾燥鶏肉
生産国イタリア
メーカーイタリア(日本)
販売元ファルミナペットフーズ
猫田
ファルミナのN&Dシリーズの中からグレインフリーのチキン&ザクロ成猫用にピックアップして、原材料や成分について見ていきたいと思います。

原材料から見る考察

鶏正肉(30%)、乾燥鶏肉(28%)、ポテト、 鶏脂肪、乾燥全卵、 生ニシン、乾燥ニシン、魚油、加水分解動物性タンパク質、エンドウ豆繊維、乾燥ニンジン、乾燥アルファルファ、イヌリン、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、ザクロ粉末(0.5%)、乾燥アップル、ホウレンソウ粉末、オオバコ(0.3%)、ブラックカラント粉末、乾燥オレンジ、ブルーベリー粉末、食塩、乾燥ビール酵母、ウコン(0.2%)、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、マリーゴールドエキス、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB2、ビタミンB6 、ビタミンB1、ビタミンH、葉酸、ビタミンB12、塩化コリン、ベータカロチン、亜鉛、マンガン、鉄、銅 、セレン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン、アロエエキス、緑茶エキス、ローズマリーエキス、天然トコフェロールエキス
猫田
ファルミナのグレインフリーキャットフード(チキン&ザクロ)は、メインに鶏生肉や乾燥鶏肉を使用しています。次いで多いのがポテトや卵、ニシンなどです。非常に高タンパクでそれ故に脂質の配合量も多いです
鈴木さん
ファルミナは、メインの肉や魚以外にも、野菜やフルーツ、ハーブも沢山の種類が配合されている印象です。
猫田
そうですね。商品名にもなっているザクロを始め、アップル、ほうれん草、オオバコ、オレンジ、ブルーベリー、マリーゴールド、アロエ、ローズマリーなど豊富な種類の食材が使用されています。

ファルミナN&D グレインフリー チキン&ザクロ 成分表

成分(保証分析値)粗タンパク質44.00%以上
粗脂肪 20.00%以上
粗繊維1.80%以下
粗灰分8.50%以下
水分8%以下
カルシウム1.50%
リン1.30%
マグネシウム 0.09%
オメガ6脂肪酸3.30%
オメガ3脂肪酸0.90%
DHA0.50%
EPA 0.30%
グルコサミン1200mg/kg
コンドロイチン900mg/kg
猫田
ファルミナのグレインフリーキャットフードは高タンパク・高脂質という特徴がありますが、粗繊維や水分量は少ないですね。
鈴木さん
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の記載がありますが、このバランスについてはどうでしょうか。
猫田

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸だけに注目してみると、3.3%0.9%となっており、対比を見ると3.333331となっています。オメガ6:オメガ3の比率は5~10:1が一般的に言われているので、それに比べるとオメガ3脂肪酸が多いかなという印象です。

ただオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の割合については、まだまだどの値が良いという見解が定まっていない状態なので、不確定要素と言えます。

ベットライフシリーズについて

ベットライフシリーズ

鈴木さん
ファルミナ社はベットライフの他にもN&Dシリーズのキャットフードも販売していますが、ふたつのシリーズはどう違うのでしょうか。
猫田
N&Dシリーズは健康な猫に向けた総合栄養食ですが、ベットライフシリーズのキャットフードは主に病気や疾患を患った猫に向けた療法食となっています。

ベットライフラインナップ

猫田
ベットライフから発売されている療法食は12種類です。
ベットライフの商品
  1. ガストロインテスティナル
    →消化器の健康維持に配慮
  2. ヘパティック
    →肝臓の健康維持に配慮
  3. ストルバイト
    →尿pHに配慮
  4. ストルバイトのマネジメント
    →健康な尿の維持に配慮
  5. リーナル
    →腎臓の健康維持に配慮
  6. カルディアック
    →心臓の健康維持に配慮
  7. オベシティ
    →減量を必要とする猫の為に
  8. ダイアベティク
    →糖質の制限に配慮
  9. ウルトラハイポ
    →皮膚の健康維持に配慮
  10. ニュータード(オス猫)
    →避妊後の雌猫の体重維持に配慮
  11. ニュータード(メス猫)
    →去勢後の雄猫の体重維持に配慮
  12. ヘアボール
    →毛玉が気になる猫の為に 
鈴木さん
猫がかかりやすい病気や疾患を始め、猫の健康維持を目的とした療法食が取りそろえられていますね!
猫田
はい、今回はこの中からストルバイト(尿pH)、リーナル(腎臓の健康維持)、ウルトラハイポ(皮膚の健康維持)の3つについてご紹介して行きたいと思います。

ファルミナ ベットライフ ストルバイト(尿pH)

ファルミナ ストルバイト
穀物コーングルテン、米、オーツ麦
実売価格1,726円/400g
4,946円/2kg
1kgあたり2,473円
第一原料コーングルテン
生産国イタリア
メーカーイタリア
販売元ファルミナ

原材料からの考察

コーングルテン、米、乾燥鶏肉、オーツ麦、動物性脂肪、加水分解動物性タンパク、乾燥全卵、魚油、乾燥魚類肉、塩化カリウム、植物油、硫酸カルシウム二水和物、炭酸カルシウム、イヌリン、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、塩化ナトリウム、マリゴールドエキス(ルテイン源)、(タンパク源):コーングルテン、乾燥鶏肉、加水分解及び鶏肉タンパク質、卵、魚類、(尿酸性化剤):DL-メチオニン(7g/kg)、硫酸カルシウム二水和物(5g/kg)、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB2、ビタミンBg、ビタミンB1、ビタミンH、葉酸、ビタミンB12、塩化コリン、ベータカロチン、亜鉛、マンガン、鉄、銅、セレン、ヨウ素酸塩カルシウム、タウリン、DL-メチオニン、L-リジンHCI 、L-カルニチン、天然トコフェロールエキス
鈴木さん
原材料にはコーングルテンや米、オーツ麦など穀物が多く配合されていますね。コーングルテンとはトウモロコシとは違うんですか?
猫田

コーングルテンはトウモロコシからデンプンが取り除かれている状態のものを言います。デンプンがないため、成分で見ると糖質が少なく植物性たんぱく質の含有量が多い原材料になります。

鈴木さん
なるほど。でもそもそもストルバイト結石はキャットフードで溶かすことができるんですか?
猫田

ストルバイト結石はpH6.6以下で分解されるので、食事でpH調整をはかる方法はよく用いられます。ただし最近はストルバイト結石症の原因が「細菌感染」だとも言われており、この場合、感染症の治療を行わなければフードを変えても意味がありません。

そのためキャットフードだけで治せるとは考えずに治療の補助的な役割として考えた方がいいでしょう。

成分表

成分(保証分析値)粗たんぱく質 34.00%以上
粗脂肪16.00%以上
粗繊維1.200%以下
粗灰分5.90%以下
水分8%以下
カルシウム0.80%
リン0.60%
ナトリウム0.26%
カリウム0.45%
マグネシウム0.06%
オメガ3脂肪酸0.40%
オメガ6脂肪酸3.10%
EPA0.10%
DHA0.15%
猫田
ストルバイト結石の分解を目的としているので、灰分は5.90%以下と低くなっています。またカルシウムとリンとマグネシウムのバランスも申し分ありません。

ストルバイトマネジメントとの違い

鈴木さん
ベットライフのシリーズには今紹介している「ストルバイト」の他に「ストルバイトマネジメント」がありますが、この2つのキャットフードの具体的な違いってなんでしょうか?
猫田

ストルバイトはすでにできているストルバイト結石を溶かすために与えるキャットフードですね。pH値を弱酸性に近づけ、ストルバイト結石の分解を行います。

ストルバイトマネジメントは、ストルバイト結石やシュウ酸カルシウム結石が再び形成されないように、尿のpHを正常に保つ再発防止サポートする目的があります。

ファルミナ ベットライフ リーナル(腎臓)

ファルミナ リーナル
穀物米、コーングルテン
実売価格4,298円/2kg
1kgあたり2,149円
第一原料
生産国イタリア
メーカーイタリア
販売元ファルミナ
猫田
次は腎臓の健康維持に配慮したキャットフード、リーナルについてご紹介します。緑のパッケージが印象的で「レナル」と読む方もいるようですが、正しくは「リーナル」です。

原材料からの考察

米、コーングルテン、乾燥鶏肉、動物性脂肪、乾燥全卵、加水分解動物性タンパク、塩化カリウム、乾燥魚、魚油、炭酸カルシウム、植物油、イヌリン、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、塩化ナトリム、グルコサミン(500mg/kg)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、(尿アルカリ化剤):クエン酸カリウム(3g/kg)
鈴木さん
こちらのキャットフードは米がメインの材料として使用されています。次いでコーングルテン、乾燥鶏肉、動物性脂肪、乾燥全卵などタンパク質源が配合されていますね。
猫田
はい、米やコーングルテンなどの穀物が多く使用されていることからアレルギーを心配される方もいるかもしれませんが、ファルミナで使用されるトウモロコシなどの原材料は遺伝子組換をされた原材料は使用していません。そのためアレルギーのリスクは低くなっています。
鈴木さん

GMOFREEのマークによって遺伝子組換えが行われていないことを証明していましたね!

成分表

成分(保証分析値)粗タンパク質24.5%以上
粗脂肪20%以上
粗繊維0.9%以下
粗灰分5.3%以下
水分含有率8%以下
カルシウム0.6%
リン0.4%
ナトリウム0.25%
カリウム0.7%
マグネシウム0.05%
オメガ3脂肪酸0.4%
オメガ6脂肪酸3.9%
EPA0.1%
DHA 0.15%
代謝エネルギー100gあたり407.3kcal
鈴木さん
タンパク質量がAFFCO(米国飼料検査官協会)が出している26%以上という目安より下回っていますね。
猫田

はい、腎不全などで腎臓の機能が正常に働いていない時は、タンパク質の含有量を減らして腎臓にかかる負担を減らす食事療法があります。

ただし軽度の場合は、反対に回復のために高タンパクな食事が望ましくなるので、獣医師からの指示のもと与えるべきです。

ファルミナ ベットライフ ウルトラハイポ(皮膚)

穀物米でんぷん
実売価格1,706円/400g
5,378円/2kg
1kgあたり2,689円
第一原料米デンプン
生産国イタリア
メーカーイタリア
販売元ファルミナ

ベットライフシリーズから皮膚の健康維持に配慮したキャットフード「ウルトラハイポ」が販売されています。

原材料からの考察

米デンプン、加水分解魚タンパク(6,000ダルトン) 、魚油、塩化カリウム、炭酸カルシウム、第一リン酸カルシウム、食塩、マリーゴールドエキス、塩化コリン、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ビタミン(A、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸、B2、B6、B1、 ビオチン、葉酸、B12)、ベータカロチン、ミネラル(亜鉛、マンガン、鉄、銅、セレン、ヨウ素)、天然トコフェロール
猫田
原材料を見ると使用されている食材は、ほとんど米デンプンと魚(加水分解魚タンパクと魚油)ということがわかります。食物アレルギーの除外食として利用されるため使用する原材料を最小限に抑えているんですね。
鈴木さん
加水分解魚タンパクとは、普通の魚のタンパク質とどう違うんですか?
猫田
加水分解魚タンパクとは、魚に含まれるタンパク質がアミノ酸の状態に分解されたものを言います。食物アレルギーの原因になるのは、タンパク質の「構造」にあるので、タンパク質をアミノ酸に分解することでアレルゲンではない状態で猫に摂取させることができます。

成分表

成分(保証分析値)粗タンパク質18%以上
粗脂肪15%以上
粗繊維1.2%以下
粗灰分5.3%以下
水分9%以下
カルシウム0.7%
リン0.5%
ナトリウム0.25mg
カリウム0.6mg
マグネシウム0.011mg
オメガ3脂肪酸2.2%
オメガ6脂肪酸0.4%
EPA0.6%
DHA 0.83%
代謝エネルギー100gあたり376kcal
猫田
粗タンパク質の配合量は18%以上と、加水分解によって通常よりもタンパク質の量が少なく見えますが、実質的にはもっと入っていると見積もることができます。
鈴木さん
粗脂肪は魚油などを使用して15%まで持っていっていますね。
このキャットフードの口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

キャットフード勉強会
平均:  
 1 口コミ
by 恵那 on キャットフード勉強会
キャットフード名: ファルミナ ウルトラハイポ
フード利用期間: 1ヶ月
愛猫の年齢: 5歳

タンパク質の量が少なくて驚きましたが、意外にうちのこは気に入ったみたいでパクパク食べています。ただあまりアレルギーが改善されているようには思えず、単一の高タンパク質キャットフード似乗り換えました。タンパク質はあった方がやっぱり回復ははやい印象です。

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。