アディクションの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

※こちらの記事はペットフード販売士マッサンのキャットフードの学校より譲受しました。

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

ニュージーランド産のキャットフード アディクション社のキャットフードについて解説してもらいました!

自社工場を持つニュージーランドのアディクション社

猫田

ニュージーランドのペットフードメーカーはジウィピークなど他にもありますが、どこも高品質なフードを製造している印象があります。

2015年9月9日からANFと同じY.Kエンタープライズ社が販売代理店となりました。

鈴木さん
鹿肉やカンガルー肉など原材料がワイルドな点も特徴ですよね!
猫田

アディクション社はニュージーランドのプレンティ湾近郊に自社工場を持ち、自社製造を行っています。2002年に設立と比較的新しい会社ですが、獣医師と臨床栄養学者が創業したメーカーです。

日本ではビバ ラ ベニソン キャットとサーモンブルー キャットが販売されていますが、ニュージーランドではダックロイヤルという鴨肉のキャットフードがあり、こちらが一番売れているようです。

ビバ ラ ベニソン キャットについて

穀物グレインフリー
ポイント低脂肪低コレステロールの鹿肉を使用
実売価格4,536円/1.8kg
1kgあたり約2,520円
第一原料鹿肉粉
生産国ニュージーランド
メーカーニュージーランド
販売元Y.K.エンタープライズ株式会社
猫田
ベニソンなので鹿肉が主原料のグレインフリーキャットフードです。

原材料からの考察

鹿肉粉、ポテト、タピオカ、鶏脂肪(鶏たん白質除去)、エンドウ豆、天然香料、フラックスシード全粒粉、ドライケルプ、ドライクランベリー、ドライリンゴ、ドライほうれん草、ビール酵母、ドライ乳酸菌類、塩化ナトリウム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、タウリン、塩化コリン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、緑茶エキス、ローズマリーエキス、スペアミントエキス
猫田

非常に低脂肪低コレステロールの鹿肉が主原料に乾燥鹿肉を使用しているようです。

成分値が本家と国内サイトで情報が若干違っているので厳密な値がわかりませんが、日本向けに作られたものなのかもしれません。

ビバ ラ ベニソン 成分表

成分(保証分析値) 粗たんぱく質30%以上
粗脂質15%以上
粗繊維3.5%以下
粗灰分11%以下
水分10%以下
カルシウム2.5~2.6%以上
リン1.6~1.7%以上
ナトリウム0.4%以上
塩化化合物0.9%以上
エネルギー428.5kcal/100g

サーモンブルー キャットについて

猫田
天然サーモンを主原料としたグレインフリーキャットフードです。

原材料からの考察

サーモン粉、ポテト、鶏脂肪(鶏たんぱく質除去)、エンドウ豆、天然香料、ドライケルプ、ドライクランベリー、ドライブルーベリー、ドライほうれん草、ビール酵母、塩化ナトリウム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、タウリン、塩化コリン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、緑茶エキス、ローズマリーエキス、スペアミントエキス
猫田

こちらもサーモン粉と書かれていますが、本家ではサーモン肉と書かれています。

グレインフリーでありながらタンパク質は30%以上、脂質15%以上とヘルシーにできています。また天然香料と香料を使用している点は珍しいですね。

サーモンブルー キャットフード 成分表

成分(保証分析値) 粗たんぱく質30%以上
粗脂質15%以上
粗繊維3%以下
粗灰分11%以下
水分10%以下
カルシウム1.4~2.6%以上
リン0.9~1.7%以上
エネルギー400kcal/100g

まとめ

  • ニュージーランドの自社工場で製造
  • 汚染のない高品質なニュージーランドの原材料を使用
鈴木さん
ニュージーランドの新鮮な原材料を使用したキャットフードです。今後の展開に期待したいと思います!
このキャットフードの口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

アディクション
平均:  
 0 口コミ

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。