ネイチャーズバラエティ インスティンクトの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

アメリカのネイチャーズバラエティ社のペットフードでフリーズドライ製法を使用したシリーズがインスティンクトです。

ネイチャーズバラエティ社

猫田
アメリカのセントルイスのペットフード会社です。「ペットの生活を変える力を人々に与えたい」を理念として運営されています。公式サイトにも書かれていますが、もともとは「オマハズ・ヘンリー・ドアリー動物園と提携し、生で新鮮な食肉をライオンやトラといったネコ科の動物に提供していく会社」だったということで相応の研究結果、経験を持った会社であることがわかります。
鈴木さん
動物園と提携とは凄いですね!毎日のように食べる食事、食事によって起こった健康の変化などデータや経験を蓄積していける環境だったんですね。
猫田

その結果がキャットフードにも表れていると思います。

インスティンクトは独自のフリーズドライ製法を使用したシリーズで、日本ではネイチャーズバラエティではわからなくても、インスティンクトといえばピンとくる方はいるかもしれませんね。

インスティンクト オリジナル チキン フォーミュラ

猫田

ネイチャーズバラエティのインスティンクトは生肉をフリーズドライ加工したものをドライフードにコーティングした独自製法のキャットフードです。

一般的な加熱処理で失われる天然酵素やビオミンを失わずに使用することができるようです。

鈴木さん
フリーズドライと聞くと新鮮さを思い浮かべますね!
猫田
真空状態では水は低温で沸騰します。フリーズ(冷凍)ドライ(乾燥)はこの原理を利用して凍らせた食品を真空化に入れ、低温で水を飛ばしてしまいます。真空でなければ氷が水になり水蒸気になるという行程が必要ですが、真空では水になる行程を飛ばして水蒸気として水分を飛ばすことができます。
鈴木さん
フリーズドライのお味噌汁なんかは四角いままカラッカラなのは、四角く凍らせてから水分を飛ばしてるからだったんですね!
猫田

その通りです。このためフリーズドライした肉は固形なので、それをドライフードにコーティングするというのが一体どういうことなのかがよくわからなかったのですが、細かくしてドライフードに付けるというようなイメージのようです。

コーティング以外でもフリーズドライ生肉は使われていて、ロウブーストというシリーズでは生肉をフリーズドライした粒をそのまま入れて生肉粒混合としているようです。

インスティンクト オリジナル チキン フォーミュラではこのフリーズドライ生肉コーティングをアピールポイントとした上で、肉原材料がなんと81%も使用されているグレインフリーキャットフードとなっています。

原材料からみる考察

チキンチキンミールターキーミールメンハーデン魚ミールエンドウマメ鶏脂肪(クエン酸、混合トコフェロールで酸化防止)、タピオカ、ナチュラルフレーバー、乾燥トマト白身魚(シロガネダラ、カレイ、メバル)、ビタミン(ビタミンE、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩、ナイアシン、硝酸チアミン、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA、リボフラビン、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、葉酸、ビタミンD3、ビオチン)、モンモリロナイトニンジンリンゴクランベリー、塩化コリン、塩化カリウム、ミネラル(亜鉛蛋白、鉄蛋白、銅蛋白、マンガン蛋白、亜セレン酸ナトリウム、エチレンジアミン)、フリーズドライチキン、DL-メチオニン、タウリン、フリーズドライチキンレバーカボチャの種フリーズドライチキンハート、有胞子性乳酸菌発酵物、ローズマリーエキス
猫田

基本的には豊富な乾燥肉が使用されていますので、高タンパクであるとみることができます。鶏肉、七面鳥、メンハーデン魚がメイン原材料のようです。メンハーデンは北米大西洋沿岸でとれるニシン科の魚です。

これらによって粗タンパク質は43%以上とかなり高タンパクにできています。

鈴木さん
原材料に塩が添加されていますね。
猫田
これはおそらくAAFCOのナトリウム制限のために添加したものと思われますが、成分分析値ではナトリウムが0.9%ありますので、0.6%位まで少なくても大丈夫ですし、どのような意図で添加したかはここからは読み取れませんでした。ただやや高ナトリウム食であるとは言えるかもしれません。

インスティンクト オリジナル チキン フォーミュラ 成分表

成分(保証分析値)粗タンパク質43%
粗脂肪19.5%
粗繊維3%
水分9%
カルシウム3.4%
リン2.1%
マグネシウム0.1%
ナトリウム0.9%
カリウム0.7%
カロリー394.75kcal/100g
猫田

インスティンクトオリジナルのカルシウム:リン:マグネシウムの割合は3.4:2.1:0.1なので

カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.6:0.03

となっていて1:0.8:0.08を理想値として考えると、マグネシウムが非常に少ないようにみえます。しかしカルシウムが3.4%、リンが2.1%なのでこれらが多いようにも感じますね。

鈴木さん
全体的にかなり豊富な栄養割合になっているようですね!
このキャットフードの口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

インスティンクト
平均:  
 0 口コミ

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。