ファインペッツ(新レシピ)の口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

※こちらの記事はペットフード販売士マッサンのキャットフードの学校より譲受しました。

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

初回購入が1,080円と安価で試せるファインペッツ。2016年11月にレシピが代わり、工場もオーストラリアからオランダに変わりました。全く違うものになっていますので、猫田さんに聞いてみます。

オリジンを製造しているチャンピオンフーズ社と関係のあるペットフード

猫田
オリジンを製造しているカナダのチャンピオンフーズ社から受け継いだレシピを使い、オランダで製造しているペットフードがファインペッツの新処方です。
鈴木さん
オリジンのレシピですか?
猫田
いいえ、オリジンのレシピではないのですが、1994年から2013年の19年間チャンピオンフーズ社のアジア地区総輸入代理店をしていた経験からチャンピオンフーズ社のサポートを受け、同社の製品を磨き上げた新しいブランドとしてファインペッツの販売を始めています。
鈴木さん
なんでチャンピオンフーズのサポートを受けてまでオリジナルにしたかったんでしょうか?それなら輸入のままでもよかったように感じます。
猫田

オリジナルキャットフードを作った理由はエシカル(環境保全や社会貢献に配慮)でリーズナブルなフードを作りたかったからということです。確かにチャンピオンフーズ社の製品はオリジンを始め、アカナなど高品質ではありますが、高価格帯のものが多くなっています。

エシカルな部分はチャンピオンフーズ社も問題がありませんが、価格帯は下げるとなると品質を下げるか、配合物を変える、配合バランスを変える必要があります。

チャンピオンフーズ社は地元の原材料にこだわっていますから、コスト削減は難しかったのかもしれませんね。

その点、品質を保ったまま価格を下げる努力をした製品がファインペッツということでしょうか。

ペットを長生きさせることが一番の目的のキャットフード

猫田
ファインペッツの目的は「ペットを長生きさせること」、「社会貢献や環境保全を考えること」、「リーズナブルであること」です。
鈴木さん
やっぱり長年の総輸入代理店をしていた経験から感じたことですか?
猫田

直接お話していないので本当のところはわかりませんが、スタート時の1994年というと日本ではペットフードはまだまだ発展途上の頃でした。その頃から少しずつ変わっていく日本のペットの実情を見てきて、目的の3点が必要だったと考えるのは自然なことだと思います。

今ペットフードは安価とプレミアムの二分化しています。原材料費を考えて安価にはできないものの、少しでもリーズナブルなプレミアムフードを作ることで、安価なフードを購入している方々が手に取ってくれればペットが長生きすることにも繋がりますし、安いから継続して購入し続けられるという利点も生まれます。

ファインペッツについて

穀物全粒米
ポイントアヒル、ニシン、鳥肉
実売価格1.5kg/3,704円
1kgあたり約2,469円
第一原料アヒル肉
生産国オランダ
メーカー日本
販売元株式会社エヴリワンズ
鈴木さん
安いからには理由がありますよね?
猫田

初回価格が安いので安いイメージがありますが、初回以降は特別安いという訳ではありません。穀物として全粒大麦を配合してはいますが、ヒューマングレードの材料であひる肉やニシン、鶏肉を使用していて原材料費も特別に安いということでもないのではないでしょうか。

初回価格が安くてお試ししやすい価格ですが、2回目以降は1.5kg3,704円(税込)なので割と平均的なプレミアムフードの価格設定です。

鈴木さん
猫にとってどの位の期間与えてみるといいんですか?
猫田

人間は4ヶ月、犬猫は3ヶ月程度で血液や細胞の入れ替わりがあるといわれています。これを考えると毛艶などに変化があるとすればフードを変更して3ヶ月程度は必要かもしれません。

ファインペッツは初回が約1,000円なので価格の点では試しやすいですね。

原料からの考察

2016年11月にレシピの変更がありました。

<旧レシピ>
鹿肉鶏肉オートミール大麦全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバーサーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、昆布、パセリ、ローズマリー、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、ユッカシジゲラ抽出物、コンドロイチン0.01%、ローズマリー、セイヨウイラクサ
<新レシピ>
アヒル肉ニシン全粒米、ポテト、鶏脂フレッシュサーモンオイル鶏肉、チコリ、グリーンピース、鶏レバー、植物性繊維質(豆類由来)、ビタミン(ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、イノシトール、ビタミンA、チアミン、Dパントテン酸カルシウム、ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンK、ベータカロチン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄、銅、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ユッカシジゲラ、マンガンオリゴ糖、ボリジオイル、フラックスシード、Lカルニチン、イヌリン、プロバイオティクス
猫田
旧レシピではオーストラリア産の原材料を使用していましたが、新レシピのアヒル肉はフランス産を使用しています。因みにアヒル肉は鴨肉と表記されることも多いものです。
鈴木さん
レシピが新しくなっても全粒米が配合されていてグレインフリーではないんですね

ファインペッツ 成分表

成分(保証分析値) たんぱく質32.0%以上
脂質21.0%以上
粗繊維5.0%以下
灰分6.5%以下
水分10.0%以下
炭水化物27.4%以上
代謝エネルギー量420kcal / 100g

まとめ

  • チャンピオンフーズ社の協力で開発
  • オランダの工場で製造
  • エシカルでリーズナブルなフードを作りたい
  • ペットを長生きさせることが目的
  • 3ヶ月試しても割安の初回価格設定
鈴木さん
プレミアムキャットフードを買ったことはない人はファインペッツから始めてみると安くチャレンジしてみることができそうですね!
このキャットフードの口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

平均:  
 2 口コミ
キャットフード名: ファインペッツ
フード利用期間: 2年
愛猫の年齢: 6歳

途中でレシピが変わったみたいで変更しようか悩んでいます。猫はいつも通りだったのでレシピが変わったことに気付きませんでした…定期で送られてくるので調べてもいませんでした。誰か良くなったのかとかわかりませんか?

キャットフード名: ファインペッツ
フード利用期間: 半年
愛猫の年齢: 3歳

旧レシピの時に初回500円位だったか安かったので試してみました。3ヶ月は続けるといいって書いてあったので半年位続けたんですが、特に変化はなかったので、高く感じたので他のフードに変えました。特に悪いところは感じませんでした。今はレシピも変わったみたいなのでどうでしょう?使ってる人がいたら教えて欲しいです。