キャットフードの危険な合成添加物、安全性が高い天然添加物を解説

猫田
ャットフードに添加物を使う場合、ペットフード安全法で表示が義務付けられています。
パッケージの裏面や側面を見ると、キャットフードにどんな添加物が使われているか確認することができます。
鈴木さん
ただ、キャットフードの表示を見ても「どの成分が有害なのか分からない」「本当に悪い物が入っていないのか不安」という方も多いと思います。私も未だに知らないことが沢山ありますし…。
猫田
確かに栄養学や添加物への知識は身につけようと思っても、ちょっと頭に入りにくいですよね。

添加物とは

様々な目的で加えられる物質

添加物とは食品の加工や保存、味付け、香り付けなど様々な目的のために加えられる物質のことで、キャットフードでも保存がきくドライフードのほとんどに添加物が使われています。

この添加物により、キャットフードの品質の劣化を防ぎ、味や風味を残して猫に食べてもらうことができます。

ドライフードに多く使われやすい

特にドライフードは、賞味期限が長い上に何食分もの量が袋に入っています。一度袋を開けるとそこから劣化が始まるのでドライフードはウェットフードよりも多くの保存料や酸化防止剤などが使われやすいです。

キャットフードの添加物

添加物は様々な目的があって入れられるため、種類も何十種類とあります。

その中でもキャットフードに使われやすい添加物を紹介します。

キャットフードの添加物
  • 酸化防止剤
  • 着色料
  • 甘味料
  • 香料
  • 保存料
  • 栄養添加物
酸化防止剤や保存料、防腐剤などの添加物は、キャットフードを賞味期限まで品質を保つために使用され、着色料や香料はキャットフードの風味であったり美味しそうな色に見えるようにするために加えられます。

聞き慣れない栄養添加物

栄養添加物はあまり聞き慣れないかもしれませんが、キャットフードの原材料だけでは補えない栄養分を成分として加える添加物です。

キャットフードの原材料欄に栄養成分(ビタミンやタウリンなど)が記されている場合、それは栄養添加物だと言えます。

危険な合成酸化防止剤

ではまず、危険と言われる代表的な合成酸化防止剤について説明します。

キャットフードの酸化防止剤
  • ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
  • ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
  • 没食子酸プロピル
  • エキトシキン

発がん性を指摘されている

BHAやBHT、没食子酸プロピルは、人間が食べる食品に添加されていたり昔から使用されているなど、私達にとっては身近にある添加物と言えます。

しかしBHAやBHT、没食子酸プロピルには発がん性があると言われており、小さな体の猫の場合、その発がん性の影響は人間より強く受けるのではないかとも言われています。

少量であれば猫の健康上でも問題ないと言われていますが、わざわざこれらの添加物が含まれているキャットフードを購入する必要はないと思います。

食品に使用不可!エキトシキン

更に人間の食べ物には使用不可になっているエキトシキンはペットフードには配合していいことになっており、この添加物もまた、キャットフード購入時に避けたい酸化防止剤です。

安全な自然由来の酸化防止剤

安全な添加物として挙げられるのは「ローズマリーエキス」や「ミックストコフェロール」などがあります。近年は猫の身体に与える影響をなるべく少なくするため、酸化防止剤に自然の材料から作られた添加物を利用したキャットフードも販売されるようになっています。

添加物が使われているキャットフードを購入する時は、このような添加物を酸化防止剤に使ったものを選びましょう。

危険な合成着色料

キャットフードに使われやすい危険な合成着色料は、次のような物があります。それぞれの特徴については下の記事からご覧ください。

キャットフードの合成着色料
  • 赤色102号
  • 赤色106号
  • 黄色5号
  • 青色1号

キャットフードの合成着色料とは?危険性と猫に与える影響

2016.12.05

これらの添加物は猫のアレルゲンになりやすい、発がん性がある、など他にも体に様々な問題が出ることから危険と言われています。

他の添加物は、品質や風味を保つなど、猫にとっても多少メリットとなる点もありましたが、着色料にいたっては、完全に見た目を良くして「売れるようにするため」の添加物です。

国内で生産されるキャットフードの中には、海外では禁止されている危険な合成着色料を使用してキャットフードを製造していることもありますので、注意深くチェックしてみてください。

危険な合成調味料

合成調味料とは、甘味料や香料と言って、味や香りを調整する添加物です。キャットフードで使われやすい合成調味料を紹介します。

キャットフードの合成調味料
  • グルタミン酸
  • グリシリジン
  • コーンシロップ
合成調味料は、猫の好みの味や風味に仕上げて食いつきを良くすることが目的で使用されています。使われている甘味料・香料として有名なものは、猫の食いつきを良くして猫がキャットフードを沢山食べられるように工夫されています。

しかし食べ過ぎることで、体の中の栄養バランスが崩れ、高血圧や肥満の原因になったり、痒み、しびれ、便秘などを引き起こすこともあります。そのような添加物に頼らず食いつきが良いキャットフードを作ることもできるので、なるべく使われていない方が猫の身体に優しいと言えます。

合成添加物と天然添加物

実はキャットフードに使われている添加物、食品も含めそうなのですが、合成添加物と自然由来の天然添加物の2種類があります。

合成と天然
  • 合成添加物(指定添加物)・・・人の手によって作られた添加物。本来自然の中には存在しない物質。
  • 天然添加物(既存添加物)・・・元々自然に存在している。人の手によって作られた添加物ではない物質。

自然由来で基本的に安全

天然添加物は、自然由来ですでに存在している物質を使った添加物であることから、人間はもちろん猫や動物にも優しい添加物で、基本的に安全と言われています。

合成添加物が危険とは限らない

ただ間違えてはいけないのは、必ずしも合成だから危険、天然だから安全というなわけではないということ。

食品にも使われている添加物は、きちんと安全性を何度もチェックされてから使用されているので、かえって安心という見解もあります。天然添加物は安全な物が多いですが、元々ある物質なので合成添加物よりも安全性へのチェックが少なく、天然添加物から発がん性が発見されたこともあります

鈴木さん
天然、自然由来が必ずしも安全とは言えないんですね…。
猫田
ただやはり、キャットフードの場合、人間の食べ物ほど基準が厳格ではないため、食品では使用できない危険な合成添加物がキャットフードでは使われる可能性がある、という意味で危険はあります。
鈴木さん
なるほど…。では添加物すべてを避けるのではなく、危険と言われる添加物を避けるということが大切なんですね。

キャットフードの添加物まとめ

キャットフードに使われる添加物は、なるべく使われていない方が猫の身体に与える影響が少ないと言われていますが、全く添加物が使われていないキャットフードは非常に稀です。

賞味期限が極端に短かったり、おやつ、価格が非常に高いキャットフードなど、条件が限られたり毎日のごはんとして与えるには予算オーバーになってしまう物も多いでしょう。

ですのでキャットフードを購入する時には、こうした添加物が使われていることを覚えておき、なるべく危険と言われる添加物を使われていないものを選びましょう。

安全第一!オーガニック認証有のキャットフード比較ランキング

2018.09.03