ファーストメイトの口コミ評判、成分分析、おすすめ商品を徹底解剖!

※こちらの記事はペットフード販売士マッサンのキャットフードの学校より譲受しました。

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

1995年にすでにグレインフリーフードを開発していたというカナダ産のファーストメイト。

今回はそんなファーストメイトのキャットフードについて見て猫田さんに解説してもらいたいと思います。

ファーストメイトのキャットフード

ファーストメイトの歴史

ファーストメイトは創業者であるマイケル・フローリアンのサーモン養殖業の番犬として飼われていた犬たちのためにつくったドッグフードから始まりました。

サーモン養殖業の番犬として飼われていた犬たちは、マイケルが作るサーモンのエサの美味しさに虜になり、サーモンのエサを盗み食いするようになりました。

みかねたマイケルが専用のドッグフードをつくるよう依頼し、ドッグフードが作られました。キャットフードも販売が始まり、現在のようなペットフードメーカーに成長しました。

肉と魚のキャットフード

ファーストメイトは子猫から成猫まで全成長段階で与えることが可能なオールステージキャットフードです。

ファーストメイトはグレインフリーのキャッフードを二種類用意しています。

  • チキン ウィズブルーベリー
  • パシフィックオーシャンフィッシュ ウィズブルーベリー

鶏肉と魚のレシピがありますので、今回は二つのレシピをそれぞれ原材料や成分分析値も見て分析していきたいと思います。

ファーストメイト チキンウィズブルーベリー

穀物グレインフリー
実売価格2,799~円/1kg
4,276~円/1.8kg
1kgあたり2,799円
第一原料チキンミール
生産国カナダ
メーカーカナダ
販売元ファーストメイト
猫田
紫のパッケージのファーストメイトチキンウィズブルーベリー。チキンがメインテイストとなっているキャットフードです。カナダでのびのびと育ったニワトリの肉を使用しています。

原材料からの考察

チキンミール、ジャガイモ、鶏脂肪※(保存用に混合トコフェロールを使用)、ブルーベリー、DL メチオニン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ナイアシン、チアミン硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、リボフラビン、ピリドキシン塩酸塩、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンD3)、塩化カリウム、 プロピオン酸カルシウム、タウリン、酵母エキス(プレバイオティクスの原料)、ケール、グルコサミン塩酸塩
猫田
チキンウィズブルーベリーの原材料をみると、使用されている原材料がシンプルであることがお分かりいただけるのではないでしょうか。原材料を少なくシンプルにしているということで、猫のアレルギーのリスクを低くすることができます。
鈴木さん

本当ですね!原材料らしいものはチキンミール、ジャガイモ、鶏脂肪、ブルーベリー、DLメチオニンくらいですね。

では鶏脂肪に使用している保存用の混合トコフェロールについてはどうでしょうか。

猫田
混合トコフェロールは天然の保存料(酸化防止剤)で、酸化や腐敗を防いでくれる働きがあります。混合トコフェロールはビタミンE、ビタミンCで作られているのでキャットフードに含まれていても問題はありません。

成分表

成分(保証分析値)粗タンパク質36%以上
粗脂肪16%以上
粗繊維4%以下
水分10%以下
灰分8%以下
カルシウム1.8%以上
リン0.9%以上
マグネシウム0.089%以下
グルコサミン100mg/Kg以上
代謝エネルギー100gあたり353kcal
鈴木さん
粗タンパク質が36%以上で高タンパクになっていますね。さらにこの36%のタンパク質のうち92%は鶏肉から摂れるタンパク質と記載されていますよ。
猫田
はい、ファーストメイトのキャットフードは含まれるタンパク質の92%が鶏肉から摂れるタンパク質で構成されているので、猫によって消化しやすい動物性タンパク質が多いところがポイントですね。
鈴木さん
タンパク質は基本的に肉や魚といった動物性の原材料から摂れるものではないんですか?
猫田
キャットフードの中には動物性タンパク質では足りない分を、豆や穀物など植物性タンパク質で補っていることもあります。植物性タンパク質も悪いわけではありませんが、消化の際にアンモニアを発生させることからメインのタンパク質は動物性のものが良いと言われています。
鈴木さん
なるほど、だから鶏肉がタンパク質の92%を占める点がポイントになるわけですね。

ファーストメイト パシフィックオーシャンフィッシュウィズブルーベリー

穀物グレインフリー
実売価格2,900円/1kg
4,860円/1.8kg
1kgあたり2,900円
第一原料チキン
生産国カナダ
メーカーカナダ
販売元ファーストメイト
猫田
続いてご紹介するのは、太平洋で摂れる魚をメインに仕上げたパシフィックオーシャンフィッシュウィズブルーべリーについて見ていきましょう。
鈴木さん
関係ないですが、すごく名前が長いですね…(笑)

原材料からの考察

太平洋産魚ミール、ジャガイモ、鶏脂肪※(保存用に混合トコフェロールを使用)、ブルーベリー、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ化カルシウム、炭酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ナイアシン、チアミン硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、リボフラビン、ピリドキシン塩酸塩、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンD3)、塩化コリン、プロピオン酸カルシウム、DL メチオニン、タウリン、酵母エキス(プレバイオティクスの原料)、ケール、グルコサミン塩酸塩
猫田
太平洋産の魚ミールを使用していますが、実は原材料は上で紹介したチキン味のキャットフードとそこまで大きく違いません。
鈴木さん
確かにチキンミールが魚ミールに変わっただけで、ジャガイモや鶏脂肪、ブルーベリーといった食材は同じですね。
猫田
はい。あと違う点と言えばDLメチオニンがチキンよりも量が少なくなった位でしょうか。
鈴木さん
DLメチオニンってなんですか?
猫田

DLメチオニンとはタンパク質の構成成分であり、必須アミノ酸の一つです。下部尿路の健康維持をサポートするためのサプリメントなどにも配合されています。

メチオニンは魚に多く含まれているため、おそらくこちらの魚メインのキャットフードでは配合量を少なくしているのだと思われます。

成分表

成分(保証分析値)粗タンパク質42%以上
粗脂肪18%以上
粗繊維3%以上
水分10%以下
灰分6%以下
カルシウム1.9%以上
リン1.2%以上
マグネシウム0.089%以下
グルコサミン100mg/Kg以上
代謝エネルギー100gあたり370kcal
猫田
 他のキャットフードを見ると灰分は大体7~8.5%くらい配合されていますが、こちらの魚のキャットフードは6%以下ということでミネラル(灰分)を控えている印象を持ちました。
鈴木さん
ミネラルを控えると猫の体にどんな影響が出るんですか?
猫田

ミネラルはバランスが摂れていなかったり多すぎたりすると猫の下部尿路疾患の原因になります。

ファーストメイトの魚のフードはミネラルが少なく、公式サイトを見ても下部尿路の健康維持をサポートするとあるので、猫の下部尿路関連の病気に配慮されたレシピだと思います。

ファーストメイトまとめ

  • チキンと魚のキャットフードがある
  • カナダが原産
  • グレインフリー、低アレルゲンキャットフード
  • シンプルで少ない原材料

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。