ヴェラスの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

ヴェラス キャットフード
この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

原材料、製造共にアメリカ産を掲げているヴェラスキャットフード。信頼できるところでしか販売しないというポリシーを持ったキャットフードです。

アメリカで1992年から25年以上の販売実績がある老舗ペットフードメーカー

猫田

原材料、製造工程において全てアメリカ産を使用したキャットフードです。ヒューマングレードの原材料使用にもこだわっています。

ヴェラスの輸入元はLila-Agro L.L.C、そのうちキャットフード販売はKHM LLC.が担当

販売店は兵庫県神戸市のKHM LLC.が正規総販売店となっています。こちらのいきさつも、もともとヴェラスの総輸入元のLila-Agro L.L.C.は犬派スタッフのみのドッグフードの方が圧倒的に強い体制であったため、KHM LLC.の代表がキャットフードを任せてもらうことになり、正規総販売店になったそうです。

つまり現状は総輸入元のLila-Agro L.L.C.がドッグフード、KHM LLC.がキャットフードを販売しているという形でしょうか。ホームページからは小さな会社のようにみえますが、facebookなどでも情報の更新が見られ、販売者の動きが見えますので安心感はあるかと思います。

海外では犬主体(ドッグフード主体)のペットフードメーカーが多い

この犬派の件はヴェラスが特殊ということではなく、海外では往々にして犬の方がメインとして考えられる傾向にあり、猫は少数派であることが少なくありません。このためペットフードメーカーのスタッフが犬の方に精通していることが多いのも一般的です。その上、猫よりも体の大きい犬はよく食べるのでメーカーとしてはドッグフードの方がよく売れ、力も入れやすいという背景があります。

鈴木さん
正規総販売店となると、輸入代理店とも違うんですね!しかもヴェラスは一般小売店やホームセンターでは販売せず、きちんとお客様に説明できるところでのみ扱ってもらっているんですね。
猫田
これは本当に難しいことで、説明できるようになってもらうというのは一定の努力も時間も必要なので、小売店としてはあまり手を出さない方向にありますし、そこまでして売るもの?という考えが頭をもたげます。それでも尚販売してくれる小売店などがあるのであれば、それはよほど製品に力があるものと思います。

こだわりのナチュラルキャットフード

肉副産物、人工香料、着色剤、フィラー、コーン、小麦、大豆、砂糖、中国産原材料は使っていません。この点には大きな自信を持ってセールスポイントとされていることが伺えます。ミネラル源は全てキレートミネラルとなっており、吸収率の良さも考えられています。

原材料の産地も全てアメリカ産。EUの場合は別ですが、基本的に同一国内とすることで予想外のことは起こりにくくなりますので、安定感はあると思います。全て日本国内産と、ほとんど国内産だけど一部アジア産では輸送や管理体制も含め違ってくるのと同じことです。

ヴェラス・フィーライン・ライフアドバンテージ

created by Rinker
ヴェラス キャットフード ドライ 2.27kg
¥5,500 (2019/10/22 03:37:41時点 Amazon調べ-詳細)
穀物全粒玄米、オーツ麦
ポイント原材料、製造共に全てアメリカ。キレートミネラル使用。中国産原材料不使用
実売価格5,400円(税込)/2270g
1kgあたり2,378円
第一原料チキンミール
生産国アメリカ
メーカー総輸入元Lila-Agro L.L.C.
販売元KHM LLC.

原材料からの考察

チキン・ミール全粒玄米チキン・オイル(天然の抗酸化物質のミックス・トコフェノールで酸化防止)、ニシンチキンオーツ麦、ビート、、乾燥酵母、トマトポマース、亜麻仁、天然の香料、ニシン・オイル、タウリン、チコリ抽出物、乾燥クランベリー、乾燥ペディオコッカス(乳酸菌)、塩、ビタミンE、L-アスコルビン酸塩(ビタミンC)、ナイアチン、ビオチン、チアミン、L-カルニチン、d-パントテン酸カルシウム、リボフラビン、メチオニン、ピリドキシン塩酸塩、ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、塩化コリン、塩化カリウム、亜鉛タンパク質化合物、無水ベタイン、鉄タンパク質化合物、銅タンパク質化合物、マンガンタンパク質化合物、亜セレン酸ナトリウム、カルシウムヨウ素酸塩、ユッカ・シジゲラエキス
猫田

グレインフリー(穀物不使用)ではありませんが、伝統的なレシピで原材料の品質を高めた製品という方向性ではないでしょうか。しかしミネラル源は全てキレートミネラルであったり、生きたまま腸まで届く凍結乾燥プロバイオティック(乳酸菌)を使用していたりと独自の観点からのレシピでもあり、一歩進んだキャットフードと言えるかもしれません。

どんなキャットフードでも好き嫌い、合う合わないがありますから、キャットフード選びに行き詰まっている場合はこうしたタイプを試してみるのもいい選択肢ではないかと思います。

鈴木さん
グレインフリーにこだわらなければこうした選択肢もあるんですね!
猫田

アレルギーなどでなければ穀物も食物繊維のひとつとしても働きますし、乳酸菌合わせることで腸の調子が改善されることも考えられるかもしれませんね。

また、総輸入元Lila-Agro L.L.C.のホームページでは明確に肉副産物の不使用、フィラー不使用、エトキシキン、BHA、BHTなどの合成化学添加物不使用と明記していますので、こうした安心も飼い主にとっては非常に重要なポイントになるのではないでしょうか。

まとめ

  • ベラスの総輸入元からキャットフードのみKHM LLC.が総販売元として販売している
  • ベラスはナチュラルでホリスティックなペットフードを目指している
  • 肉副産物の不使用、フィラー不使用、エトキシキン、BHA、BHTなどの合成化学添加物不使用
鈴木さん
保護活動などにも力を入れているヴェラスキャットフード正規総販売元のKHM LLC.は保護猫カフェ・カーロも運営しているようです。こうした活動からも猫に対する愛が感じられる運営体制であると感じられます。
このキャットフードの口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

ヴェラス
平均:  
 0 口コミ

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。