【販売終了】ねこはぐの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

この製品の口コミはサイト下部

本日のテーマ

鈴木さん

国産にこだわった新ブランドねこはぐ。残念ながら、2019年12月をもって販売が終了になりました。公式サイトはもちろん、楽天やAmazonでも販売されていませんが、どのようなフードだったのか猫田さんに解説してもらいましょう。

<2019年12月末>ヒューマングレードの国産フード「ねこはぐ」が販売終了

ペットハグ ねこはぐ 販売終了画像引用元:株式会社ペットハグ 公式サイト

猫田
ねこはぐは国産にこだわったキャットフードで原材料のみならず工場も国産としていましたね。2019年12月末で販売を終了してしまったのは残念です。
鈴木さん
国産で探している人は多かったですし、すべてを国産にこだわっているところはとても魅力的でしたよね。
猫田

人間基準の食材ということですので、人間の食用基準を満たした正式なヒューマングレードであれば素晴らしいフードだと思います。

ねこはぐの気になる点

猫田
ただ、販売終了になってしまったのでなんとも言えませんが、いくつか説明と実物がかみ合っていないのでは?と思う部分があるのが気になるところです。
鈴木さん
それは気になりますね!どんなところでしょうか?
猫田

添加物一切不使用の謎

例えば添加物一切不使用ですが、ミネラル類やビタミン類、タウリンが添加されているようなので、添加物一切不使用という言葉は表示上正しいとはいえないかもしれません。

ノンオイルコーティング

ノンオイルコーティングである理由が「そのオイルを酸化させないために酸化防止剤などの添加物が使用されており」ということなのですが、鶏肉、鶏レバーが使われていれば鶏脂は必ず含まれているので、これらの油脂の酸化防止は考えなくてはいけません。

鰹節は脂肪の酸化を防ぐ効果があると言われていますので、鰹節とビタミンEで対応しているのでしょうか。

粗繊維0.5%の謎

穀物が入っている理由が猫には適度な食物繊維が必要という理由なのですが、粗繊維が0.5%以下は余りにも少ないと思います。グレインフリーでも平均して3%程度は確保できているはずです。

ねこはぐ

ねこはぐ キャットフード
穀物大麦、玄米、米ぬか、黒米、赤米
気になる原材料雑穀の多さに対する粗繊維の少なさ
実売価格1kg/3,564円
1kgあたり2,866円
第一原料鶏肉
生産国日本
メーカー日本
販売元株式会社ペットハグ

原材料からの考察

鶏肉大麦鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン
猫田

これらの原材料を国産でまかなっているとなれば素晴らしいことだと思います。特に鰹節は非常に栄養が豊富でバランス良く含めば猫にとってもきっといい栄養になるはずです。

主原料は九州産の若鶏を100%使用しているということで、原材料の安心感もありますね。

鈴木さん
キャベツ、白菜、高菜、青じそはキャットフードではほとんど見られない食材ですね。
猫田

国産原材料として確保しやすいのかもしれません。高菜、青じそ、そして人参はβカロテンが豊富な野菜として有名ですね。

ただ猫はβカロテンをビタミンAに変換する酵素を持っていませんので、ビタミンBやE、ミネラルを期待してのことでしょうか。

鈴木さん
粗繊維の少なさの割に、穀物は多く含まれているようです。
猫田

大麦、玄米、米ぬか、黒米、赤米、更にキャベツ、白菜、高菜、ごぼう、人参も含んでいて粗繊維が0.5%では少ないように思います。どのような製法かはとても気になるところです。

あとは価格ですが、2回目以降が6,458円(税込)とハイクラスのオーガニックキャットフードが買える価格帯でプレミアムフードとしては非常に高価です。

ねこはぐ 成分表

成分(保証分析値) タンパク質28.5%以上
脂質16.0%以上
粗繊維0.5%以上
灰分8.0%以上
水分8.0%以上
カロリー383kcal/100g

ねこはぐを販売していた会社

株式会社ペットハグ

猫田

ねこはぐを販売しているのは、本社を東京都目黒区に置く「株式会社ペットハグ」です。ペットハグでは新社長に代わったこともあり、大きな転換点を迎えているのかもしれません。

ペットハグはドッグフードの「いぬはぐ」も販売しており、他にもペット用健康食品の開発販売や、ネコリパブリックなどの寄付・慈善活動も積極的に行っています。

鈴木さん
ねこはぐは販売終了になってしまいましたが、いぬはぐは現在も販売していますよね。
猫田

はい、いぬはぐは2019年の9月に新パッケージに変わっています。いぬはぐのパッケージリニューアルの2ヶ月後にはねこはぐが販売終了ということで、今後の動向が気になる企業でもありますね。

ねこはぐの販売終了後もいぬはぐはしばらく販売をしていましたが、始めにも紹介したとおり、現在はいぬはぐも販売終了となってしまいました。。

ねこはぐに似ている国産キャットフードをピックアップ!

猫田

販売終了してしまったものはもう手に入れようがありません。ですがねこはぐの代わりになるような、似たような原材料や製法のキャットフードがないかと悩まれる方も多いかと思いますので、当サイトの主観でねこはぐに似ているキャットフードをピックアップしてみました。

ねこはぐを買いたかったのに!という方はこちらで代用できないかチェックしてみてはいかがでしょうか。 

日本のみのり

国産原材料を使用した日本のみのり。お肉は牛肉や魚粉、鶏レバーを使用しています。グレインフリーではありませんが、ねこはぐほど様々な穀物が入っているわけではなく、山形県産の玄米を使用しています。かなりタンパク質量が高く、国産では珍しいほどの高タンパクキャットフードとなっています。

ねこはぐのポイントにもなっている鰹節も配合しているので、レシピとして共通する部分も多いように感じます。

ニャミー

テレビに取り上げられて注文から発送まで半年待ちになるほど一時期人気を博したニャミーキャットフード。こちらも国産です。原材料のほどんどが国産で、県や地名まで詳細に記載されているトレーサビリティに配慮したキャットフードです。こちらもチキン(鶏むね肉)の他に、牛肉や鹿肉も使用されています。

ねこはぐと同様、穀物も使用していて、ニャミーでは玄米や丸麦が使用されています。また昆布や鰹節など国産色の出た原材料も共通しています。ニャミーもねこはぐに比べると高タンパクです。

ねこひかり

ねこひかりは、かなりねこはぐに近いレシピという印象です。まずメインの原材料が鶏肉であり、ついで麦類や鰹節などの魚系原材料が使われています。にんじんやゴボウ、大根の葉、キャベツなど共通する野菜も多く、原産地も九州産のものが使われています。

成分も高タンパク過ぎず、野菜類が多い割に粗繊維は非常に少ないという点も似ています。

こだわりのジロ吉ごはんだよ!

ジロ吉ごはんは、実は「日本のみのり」というサンユーペット研究所が販売しているキャットフードのレシピとまったく同じです。

なので類似点やポイントも日本のみのりと同じと思って頂いて問題ありません。

特選吉岡キャットフード

特選吉岡キャットフードは、犬や猫のペット関連用品を取り扱う通販メーカーの企業が販売するキャットフードで、国産原材料にこだわったシンプルなレシピとなっています。

野菜はほとんど含まれていませんが、国産食材で肉や魚と穀物が主原料として利用されている点はねこはぐと共通しています。

まとめ

  • 2019年12月に販売終了
  • 国産原材料にこだわった国産ブランド
  • 穀物入りだが小麦グルテンは含まないグルテンフリー
  • 原材料からみると繊維の配合量が少ない
鈴木さん
国産原材料を使用した国産製造のこだわりのキャットフードメーカーです。ホームページの内容と実物をしっかり把握して納得したら使ってみたいメーカーですね。
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

ねこはぐ
平均:  
 0 レビュー

口コミは即時公開されず、管理人により一括チェック、公開されます。