キャットフードについて

キャットフード 赤色106号キャットフードについて

キャットフードの赤色106号(アシッドレッド)。発がん性や危険性は?日本以外は食品使用が禁止

キャットフードの合成着色料:食用赤色106号(アシッドレッド) 日本以外では食品添加が禁止の合成着色料 食用赤色106号は、赤色をつける目的で使用される「アシッドレッド(Acid red)」という着色料です。赤色という名…

キャットフード ペクチンキャットフードについて

キャットフードのペクチン。水溶性食物繊維で腸内を整える。保存料ペクチンには変異原性あり

キャットフードに含まれるペクチン(Pectin) ペクチン(Pectin)は、植物の葉や茎、果実など細胞壁に多く含まれている水溶性食物繊維のひとつです。リンゴやバナナなど果物をはじめ、ビートパルプ、海藻などに豊富に含まれ…

赤色102号 キャットフードキャットフードについて

キャットフードの赤色102号。一部の国で使用禁止。遺伝毒性や発がん性、アレルギーのリスクは?

キャットフードの合成着色料:食用赤色102号(ニューコクシン) 食用赤色102号は、鮮やかな赤い色を着けるために使用される「ニューコクシン(New Coccine)」という着色料です。 タール色素に分類される合成添加物で…

キャットフード イヌリンキャットフードについて

キャットフードのイヌリン。血糖値上昇抑制やインスリン分泌活性化の作用がある水溶性食物繊維

キャットフードの水溶性食物繊維:イヌリン(Inulin) イヌリンはキャットフードに含まれる水溶性食物繊維の一種です。 イヌリンは多糖類の一種なので甘みがあり成分的には炭水化物や糖類に分類されますが、胃や小腸で分解吸収さ…

キャットフード バリンキャットフードについて

キャットフードのバリン。成長に関与し血液中の窒素バランスの調整や肝機能向上作用がある

キャットフードのアミノ酸:バリン バリンは、筋肉でエネルギー源となる必須アミノ酸であり、立体構造が似ているロイシンやイソロイシンとともに「分岐鎖アミノ酸(BCAA)」と呼ばれています。 バリンは摂取されると、多くは筋肉へ…

キャットフード スレオニンキャットフードについて

キャットフードのスレオニン(トレオニン)。脂肪肝予防、美しい被毛や爪を維持する必須アミノ酸

キャットフードのアミノ酸:スレオニン(トレオニン) キャットフードのスレオニンは、歴史上最後に発見された必須アミノ酸で、成長促進や脂肪肝の抑制する働きがあります。 日本ではスレオニンやトレオニンの2つの読み方がありますが…

キャットフード カラメル色素キャットフードについて

キャットフードのカラメル色素は危険?猫の体への影響と発がん性について徹底解説

カラメル(キャラメル)という名前を聞くと安全そうなイメージが浮かびますが、実際のところカラメル色素の安全性はどうなんでしょうか。 カラメル色素は様々な食品に配合され、キャットフードでも特にウェットフードに加えられることが…

キャットフード リシンキャットフードについて

キャットフードのリジン(リシン)。不足しやすい必須アミノ酸!ヘルペスウイルスやくしゃみへの効果

キャットフードのアミノ酸:リジン(Lysine) リジンは猫の必須アミノ酸のひとつで、タンパク質の構成成分として身体組織の修復や、脂肪酸を運搬する働きがあります。 リジンは猫の必須アミノ酸の中でも不足しやすいアミノ酸です…

キャットフード ロイシンキャットフードについて

キャットフードのロイシン。必須アミノ酸でタンパク質合成を促進、筋肉増強に役立つ!

キャットフードのアミノ酸:ロイシン (leucine) ロイシン(leucine)は、必須アミノ酸のひとつで、細胞内外の情報伝達物質としてタンパク質生合成の促進や筋肉組織を維持する働きがあります。 ロイシンと同じく必須ア…