キャットフードの粒の大きさ比較。小粒・大粒のメリットとデメリットを解説!

キャットフード 粒 大きさ

キャットフードの粒の大きさ

モグニャン キャットフード

キャットフードの粒はメーカーやブランド、商品によって異なりますが、5mm~1.5cmの範囲内に収まっているものがほとんどです。ブランドによっては小さい粒と大きい粒の両方の商品が展開されているものもありますが、愛猫のキャットフードを選ぶ時には粒の大きさは判断基準に入っているでしょうか。

粒のサイズで食いつきや品質が変わったりするわけではありませんが、粒の大きさによって吐き戻し、早食い、消化不良、食べこぼしなどが改善される場合もあります。小さな粒のサイズの違いはたった数ミリの話ですが、キャットフードではその数ミリの違いも大きく、形状によってキャットフードの粒が実際より大きく見えたり、小さく見えたりもします。

大きさだけでなく形状なども考慮して愛猫に合った粒のキャットフードを選んであげてください。

キャットフードの粒の形と大きさを比較

今手元にある有名ブランドや人気のキャットフードの粒サイズを測った時の大きさと形を比較しています。

メーカー粒サイズ大中小
ナウフレッシュの粒10~13mm丸型
ロイヤルカナンの粒(室内成猫用)11~13mm三角型
カナガンの粒10~12mm平丸型
モグニャンの粒8~9mm円柱型
シンプリーの粒8~12mm平丸型
ファインペッツの粒8~10mmテトラポッド型
ロニーの粒7~9mmスクエア型
エリザベスの粒7~8mm丸型

最大が1cmを超えるカナガンシンプリーナウフレッシュ、シンプリーは、やや大粒~大粒サイズです。ただ同じ1cm超えのロイヤルカナンは三角型なのでやや小さく見え、中粒くらいの印象を受けます。

テトラポット型のファインペッツも大きめサイズですが、手裏剣のような形をしているためか実際より小さく見え、食べにくさも見られません。ただポキッと折れた先の部分の食べこぼしは気になりました。

またロニーエリザベスのサイズはほぼ同じですが、ロニーはスクエア型で中粒くらいですが、エリザベスは丸型のためかロニーよりも小粒な印象を受けます。モグニャンも直径は中粒くらいのサイズがありますが、細長い円柱の形で横幅は4~5mmほどしかないため、小粒に感じます。

小さい粒キャットフードはこんな猫におすすめ

小粒のキャットフードは大体5~8mm位の粒サイズで小さくて食べやすいので、口の小さい猫や子猫におすすめです。また、噛まずに飲み込めるサイズなので、フードを食べにくそうにしているシニア猫や口腔内トラブルで噛むのが難しい猫も食べやすいサイズです。

食いしん坊で勢いよくキャットフードを頬張ってしまう猫の場合、小粒キャットフードは喉に詰まらせたり吐き戻しが心配です。また、器の外に粒が出て食べこぼしが多くなるので、早食いする猫は小粒は避けた方がいいかもしれません。

小粒キャットフードのメリット

  • 子猫やシニア猫も食べやすい
  • 噛まずに飲み込める
  • 給与量のグラム調整がしやすい

小粒キャットフードのデメリット

  • 食べこぼししやすい
  • 噛まずに飲む込むクセがつく
  • 喉に詰まらせやすい
  • 吐き戻ししやすい

大きい粒のキャットフードはこんな猫におすすめ

大粒キャットフードは1cm以上のサイズの粒で、噛んで飲み込むことから小粒より満足感を感じやすく、早食いの猫や食いしん坊で肥満傾向の猫におすすめです。また歯磨きを嫌がる猫にも大粒キャットフードはおすすめです。噛む時に固いフードが歯をこすっていくため歯磨き効果があります。

ただ大粒キャットフードは食べにくいのでシニア猫やドライフードに移行したばかりの子猫にはおすすめしません。また、形状によっては噛んだ時の破片が飛び散って小粒より悲惨な散らかり方になることもあるので、ワイルドに食べる猫にはおすすめではありません。また、体重管理や細かくグラム(g)数を設定している場合は大粒キャットフードは1粒が大きいため量の調節がしにくいと感じるかもしれません。

大粒キャットフードのメリット

  • 早食い対策になる
  • 満足感がある
  • 歯磨き効果がある

大粒キャットフードのデメリット

  • 破片が散らかりやすい
  • 食べにくい
  • 量の調節がしにくい

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。