猫にヨーグルトを与えるメリットと注意点、おすすめのヨーグルトを紹介

猫にヨーグルトを与えて良いのか

猫に与えてOK

猫にヨーグルトを与えても特に問題ありません。

猫の食べてはいけない食べ物リストにもヨーグルトは含まれていないので安心してください。

乳糖でお腹を壊さない?

よく牛乳などで言われることですが、乳糖は猫が分解できないのでお腹を壊してしまうという話。

ヨーグルトは同じ乳製品ですが、発酵されることによって乳糖が分解されるので乳糖不耐症やそれに伴う下痢を引き起こしにくい食材と言われています。

猫にヨーグルトを与えるメリット

腸内環境を整える

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており、この乳酸菌は腸内で善玉菌として働き、腸内の環境を良い状態に整えてくれます。

免疫力を回復

腸は食べ物の消化を行うだけではなく、体の免疫力に大きく関わる免疫器官です。

ヨーグルトで腸内の環境を整え、免疫機能を正常な状態に保つことが期待できます。

便秘を解消する

腸内環境で悪玉菌が多くなると、便秘になりやすくなります。

ヨーグルトで善玉菌を増やすことで便秘が改善されることがあります。

便の状態の改善

また便秘を改善するだけでなく、普段から固いうんちや柔らかいうんちと、便が安定していない猫には善玉菌を増やしてあげることで、便が安定して状態が改善することがあります。

猫にヨーグルトを大量に与えてはいけない

肥満気味になりやすい

猫にヨーグルトを与えすぎると肥満になってしまうことも。人間用のヨーグルトの多くは砂糖が多く入れて甘くしているので、猫がヨーグルトを沢山食べると糖質で肥満になってしまうことがあります。

そのため与えるヨーグルトには注意しましょう。

尿路結石の原因に

またヨーグルトにはミネラルが豊富に含まれているので、あまり与えすぎるとせっかく総合栄養食などで日頃の栄養バランスをとっていても、体内のミネラルバランスが崩れて尿路結石などを引き起こしてしまう可能性があります。

猫に与えても大丈夫なヨーグルト

猫用ヨーグルト

ペット用・猫用として販売されているヨーグルトがあります。そちらは猫用として販売されているので、人間用のヨーグルトの中から選ぶよりも確実です。

低脂肪で無糖のヨーグルト

猫が糖質や脂肪分を取り過ぎないよう与えるヨーグルトは低脂肪で無糖のヨーグルトを与えましょう。

ギリシャヨーグルト

パルテノなどのギリシャヨーグルトは、猫におすすめのヨーグルトとしてよく紹介されています。

ギリシャヨーグルトとは、通常の液体に近いドロドロのヨーグルトの水分を抜いていき、すくった時にもしっかりと形が残る濃厚なヨーグルトです。

手作りヨーグルト

また脂肪分や糖質の少ないヨーグルトを飼い主さんが手作りして与えている方もいます。

無糖のプレーンヨーグルトを数時間水切りすることでギリシャヨーグルトになるので、猫のためにつくってあげてみてはいかがでしょうか。

猫がヨーグルトで吐いたり下痢をしたら

異常が出たらやめる

乳糖にとても弱い猫や、アレルギーが多い猫はヨーグルトを食べて吐いてしまったり下痢をしてしまうこともあります。

上記のようにヨーグルトを食べたことで猫に異変が見られる場合は、与えるのをやめ、様子を見るまたは獣医さんに相談しましょう

ヨーグルトを無理に与える必要はない

猫がヨーグルトを嫌っていたり、好んで食べない場合は無理に食べさせる必要はありません。

そもそも野生の猫や野良猫は死ぬまでヨーグルトを口にすることはないので、飼育されている猫にも必ずヨーグルトが必要というわけではありません。

猫に乳酸菌(善玉菌)を摂取させたいなら、乳酸菌入りのキャットフードやサプリメント、乳酸菌を含んでいる他の食材を利用することもできます。

猫のヨーグルトまとめ

以上、猫にヨーグルトを与えるメリットやデメリット、おすすめのヨーグルトなどをご紹介してきました。

ヨーグルト好きな猫は意外に多いようですので、人間のヨーグルトを食べたがるようなら、猫用にヨーグルトを買ったりつくったりしてみたら、猫の食の楽しみも広がるかもしれませんね。