猫のマイクロチップの副作用や痛みは?埋込む場所やメリットを解説

猫田
近年、犬や猫にマイクロチップを埋め込むことが推奨されていますね。
鈴木さん
マイクロチップについてよく知らないのですが、猫の体に埋め込むということでしょうか?ちょっと抵抗を感じます…。
猫田

確かに始めは「埋め込む」という表現から抵抗を抱く人が多いかもしれません。

ですがマイクロチップは猫にとってもメリットがあるんですよ。

マイクロチップとは

小さな身分証明証

猫に埋め込むマイクロチップは太さ2mm×長さ1cm前後の生体適合ガラスで覆われたカプセル状の電子機器です。

マイクロチップにはその猫だけが持つ番号が記録されており、マイクロチップの専用読み取り器で番号を読み込むことで、猫の身元や誰に飼われている猫かを調べることができます。

交換や抜いたりはない

一度埋め込んだマイクロチップは寿命が尽きるまで体の外に抜き出したり交換したりは必要ありません。

マイクロチップには電子機器ですが外側は生体に適合するガラスで覆われており、30年は問題なく使用可能なので猫が何度も怖い思いをすることはないです。

マイクロチップのメリット

でもマイクロチップを埋め込み必要が本当にあるのでしょうか?マイクロチップを埋め込むことでどんなメリットがあるんですか?

脱走した愛猫の殺処分を防げる

猫が脱走して保健所に連れて行かれた時に首輪が外れていた場合、愛猫が殺処分になってしまう可能性があります。

しかしマイクロチップが確認できれば、

  • 猫に飼い主がいること
  • 捨てられた猫ではないこと

この2点が猫の保護側に伝わります。「マイクロチップを埋め込むほど猫を大事にしているなら捨てられたのではないだろう」と考えられるからです。

そしてマイクロチップの番号から飼い主の情報がわかれば、すぐに自宅に連れて帰ることができます。

自分の猫だという証明

もし自分の家の猫が脱走して保護された時、また犯罪に巻き込まれて連れ去られた時、他にも飼い主と名乗る人が現れた時など、猫が自分の家の猫であるという証明できない時に、マイクロチップは非常に役立ちます。

その猫にしか与えられていない番号と飼い主情報を確かめれば、猫が自分の家の猫であるという証拠になるので、マイクロチップを埋め込んでいるという事実があるだけでも自分の家へスムーズに戻ってきやすくなります。

取り外されることがない

またマイクロチップはGPSや首輪のように取り外されたり無くしてしまうことがないこともメリットとして大きいです。

GPSは首輪につけるものも多いため、首輪を取ってしまえば自分の猫の証明にはなりませんし、その後の行方もわかりません。

マイクロチップを埋め込む場所

猫の首・背中の後ろ側

マイクロチップを埋め込む場所は、猫の背面、首や背中の後ろあたりになります。

埋め込むのは皮膚の下でそこまで体の深くではありませんが、日常生活を送っていて出てきたりすることはありません。

いつマイクロチップを埋め込むか

個体によっては生後4週から

マイクロチップを何歳で埋め込むかという話ですが、埋め込みが可能なのは猫の場合、生後4週目からになります。

ただ4週を過ぎたらすぐに埋め込んだ方がいいというわけではなく、猫によっても個体差があるので獣医さんと相談して時期を決めましょう。

マイクロチップを埋め込む方法

インジェクター(注入器)を使う

マイクロチップを埋め込む時は、メスや手術などではなく「インジェクター」という注入器を使います。

マイクロチップ費用は1万円弱

マイクロチップの費用はだいたい1万円弱で5,000円以上はかかると考えておきましょう。

必ず動物病院で

マイクロチップは注入器で装着できますが、体内への埋め込みになるため動物病院で獣医さんに行ってもらう必要があります。

マイクロチップを入れる痛みや副作用

マイクロチップの痛み

実際の痛みは猫にしかわかりませんが、首や背中の後ろなど皮膚が厚く痛みの少ない場所に装着されるので、過度な痛みは与えないと言われています。

麻酔の有無

場合によっては局所麻酔を行うこともありますが、マイクロチップの埋め込みは注入器を使って一瞬で行われるため基本的に麻酔なしで行います。

マイクロチップによる副作用

マイクロチップ装着による猫への副作用や症状はほとんどないと考えて大丈夫だと思います。

マイクロチップは生体適合のガラスに包まれており、犬や猫以外の様々な動物にもすでに装着されてきています。

また犬や猫などのペット以外の動物にもマイクロチップの装着はすでに行われており、副作用などの症例もほとんどありません。

マイクロチップを埋め込む前の注意点

どこにいるか分かるわけではない

注意点として、マイクロチップを埋めこんだからと言って脱走してしまった猫がすぐに見つけられるわけではありません。

マイクロチップには猫がどこにいるのか分かるGPS機能は付いていないので、もし猫がどこかを徘徊し続けたり、他の誰かに飼われるようになったりした場合は、見つからないことも考えられます。

心配ならGPS × マイクロチップ

そのため心配であればマイクロチップと合わせてGPSも首輪に付けておくといいでしょう。

いざ脱走してしまった時にどこら辺にいるのか、どこに連れて行かれてしまったのか知ることができます。

猫の迷子対策GPS!首輪装着できる軽くておすすめの商品を紹介

2018.11.22