【朗報】犬猫ペットの飼い主におすすめのハンドクリーム!舐めたり嗅いで危険な理由

鈴木さん
うちの猫がハンドクリームを塗った手を舐めようとすることがあるんですよね。
猫田

特に女性は秋冬は乾燥でハンドクリームを頻繁に使用する人が多くなってきますが、猫や犬などペットがハンドクリームを舐めてしまうことにとってはどのような影響があるのか。

また猫や犬が舐めても安全なハンドクリームについても解説していきますね。

猫や犬が人間用ハンドクリームを舐める危険!

ペットの口に入ると危険

通常の人間用のハンドクリームを猫や犬が舐めるのは危険です。普段触れ合うその手でペットの健康を害してしまわないよう、猫や犬を飼っている方は特にハンドクリーム選びは気を付ける必要があります。もちろん人間用のハンドクリームを乾燥した猫や犬の肉球に使用することもおすすめできません。

ハンドクリームはペットの口に入ることを想定されて作られているわけではありません。人が肌に塗ることに関してのみ問題のないように製造されているので、原材料や製造工程の衛生面などで口に入っても安全であるとは言えません。

ハンドクリームの代わりになる日用品や食品

猫や犬が舐めても安心なハンドクリームの代わりになる物もあります。

オリーブオイル

オリーブオイルは猫や犬が舐めても問題ない物の一つです。料理にも使用するため手に入れやすく馴染み深く使用するのにも抵抗がない人が多いようです。

オイルなので塗った手はヌルヌルになってしまいますが、保湿力が高く乾燥も防ぎます。

馬油

馬油も猫や犬が舐めても問題ないということでハンドクリームとして使用している飼い主さんが多いです。

馬の油ということで倫理的な部分に抵抗を感じる方もいますが、馬油は敏感肌の人も使っているのでオリーブオイルより使いやすいと感じる方もいます。

こちらもべたつきは気になりますが、保湿力も高く持続時間も長いです。

飼い主やトリマー向けハンドクリーム

最近は猫や犬が触ったり舐めたりしても害のない安全なペット飼い主用のハンドクリームも販売されています。

猫や犬が舐めたりハンドクリームを使用した手で触っても害のないハンドクリームとは、上記で紹介した合成保存料やアロマオイル(精油)、香料、合成着色料を不使用にしたものなどです。

ペット事業者・飼い主向けに製造された猫や犬に優しいハンドクリーム

猫田
猫や犬の飼い主さんやトリマー・動物医療従事者に向けてつくられたおすすめのハンドクリームをいくつかご紹介したいと思います。

ニチドウ トリマーズハンドクリーム 50g

ニチドウのトリマーズハンドクリームは、名前の通りトリマー向けに開発されたハンドクリームで、50g容量で1,830円で販売されています。

トリマーといえば、まさに犬や猫と触れ合う仕事で、シャンプーやドライヤーの風で手も乾燥しやすく荒れてしまいがち。そんなトリマーさんのために開発されたハンドクリームとなっています。もちろん一般家庭で猫や犬を飼っている方も購入できます。

防腐剤(フェノキシエタノール・ブチルパラベン・メチルパラベン)などが使用されている点は気になります。

トリマヴェール ハンドプロテクションクリーム 100g

created by Rinker
¥2,873 (2020/09/18 13:15:45時点 楽天市場調べ-詳細)

続いてこちらもトリマーさん用に販売されているハンドプロテクションクリームです。100g容量で3,740円で販売されています。ヒアルロン酸、コラーゲン、尿素を配合している無香料ハンドクリームです。100gと大容量なので、ハンドクリームをこまめに塗り直している方やたっぷりと使いたい方におすすめ。

こちらも原材料に、防腐剤(メチルパラベン、プロピルパラベン)や鉱油(ミネラルオイル)などが使用されている点は気になるところです。

サプミーレ ハンドクリーム 30g

created by Rinker
¥1,650 (2020/09/18 12:56:40時点 楽天市場調べ-詳細)

ペット飼い主用ハンドクリームとして販売されているサプミーレハンドクリーム。こちらは30g容量で1,650円で販売されています。ペットが舐めた時に有害になる可能性のある化学物質や保存料、着色料が不使用で、天然由来成分100%を売りにしているハンドクリームです。

こちらはかなり高品質なハンドクリームと思いますが、30gで1,650円と価格が高めになる点、そして使用期限が短くなるべく早く使い切る必要がある点などのデメリットはあります。

ロニーボディクリーム 100g

ロニーボディクリーム
ロニーボディクリーム購入はこちら

ハンドクリームではありませんが、全身に使える無香料のボディクリームをハンドクリームとして手に使うのもおすすめです。100gあたり2,376円(税込)と、大容量サイズなお得な価格となっています。ぷるぷるでさらっとした質感なので、たっぷり使いやすく、モッタリとしないので塗ってすぐに動物に触ることにも抵抗が少ないです。

石油系界面活性剤、防腐剤(フェノキシエタノール・パラベン) 、合成着色料、香料、エタノール、遺伝子組み換え原料、シリコーン、紫外線吸収剤、鉱物油、旧表示指定成分、動物性原料、ポリエチレングリコール、精油などをすべて不使用するほどの徹底ぶり

ロニーボディクリームを販売するメーカーはキャットフードも販売しており、猫の口に入るものや食育に対しても知識があるため、信頼性も高いです。家族やペットに優しい、安心な成分と原材料を意識した保湿クリームとしておすすめです。

猫や犬がハンドクリームを舐めると危険な理由

合成添加物などの原材料

ハンドクリームには着色料・石油系界面活性剤などの合成添加物や、アルコール・遺伝子組換え原料・鉱物油などが含まれることがあります。

酸化鉄、赤色○号、黄色○号、ポリエチレングリコール、ラウリルグルコシド、エタノールなど見たことがある成分もあるのではないでしょうか。

こういった添加物や原材料は、猫や犬の体に入った時に健康被害を引き起こす可能性があります。

精油や香料の強い香り

ハンドクリームには、アロマオイル(精油)、香料などが使用され、なにかしらの良い香りがつけられていますが、猫や犬にとってハンドクリームに含まれている香料やアルマオイル(精油)は非常に危険です。

香りの種類によっては中毒症状を引き起こし、嗅いだだけで気が狂ったようにふらついたり、気分が悪くなって危険な状態になるなどの可能性があります。特に危険と言われるのが、香りを無毒化する能力が低い猫で、アロマの香りが充満した部屋にいた猫が死亡したという事故もあったようです。

また犬も柑橘系など匂いによっては異常が出ます。ハンドクリームを塗る手は動物と触れ合う時に最も多く触れる場所であり、口や鼻の近くに触れることも多い部位です。猫に限らず匂いのあるハンドクリームはペットに近づけるべきではありません。

原材料によるアレルギー

またハンドクリームに含まれる合成添加物や成分に猫や犬がアレルギー反応を引き起こす可能性もあります。

ハンドクリームの種類やタイプにもよりますが、猫や犬にとってアレルゲンとなる物質が含まれている場合、猫や犬に皮膚炎症が出たり嘔吐や下痢などの体調不良に見舞われることもあります。

人とペット兼用のハンドクリームはない

兼用は日本の法律上できない

「人とペット両方が使用できるクリームなら、猫や犬に舐められても安心だし肉球の乾燥ケアもできる」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかしペットの肉球ケアと人のハンドケアの両方が使用可能な商品は法律上、製造することができません。

別の場所で製造しなければならない

実際は、原材料を考えればペットと人が兼用できる物を製造すること自体は可能です。

ですが日本では、動物に使用する物と人に使用するハンドクリーム(化粧品)は別の場所で製造する決まりがあるので、法律的に猫犬人兼用の商品と言うことができません。

このため現状どうしてもペットと兼用でクリームを使いたい場合、私たち人間が犬猫用のハンドクリームを一緒に使うという方法しかありません。

猫や犬がハンドクリームを舐める危険まとめ

鈴木さん

猫や犬がハンドクリームを舐めるのはやはり危険ですよね。でもハンドクリームに代わる物や飼い主用ハンドクリームがあることを知れたのでチェックしてみようと思いました!

猫田

はい。猫や犬の健康を考えてハンドクリーム選びは慎重に行いましょう。ハンドクリームを選ぶ時には、無香料・危険な原材料が使用されていないか・メーカーや販売者に信頼がおけるかなどチェックしてみるといいと思います。

今回はハンドクリームをご紹介してきましたが、全身の保湿ケアをするボディクリームの選び方についての記事もあるのでチェックしてみてください!

飼い主向けのおすすめボディクリームと選び方基準!犬や猫に危険な化粧品成分や香料とは?

2019年4月16日

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。