猫が生のエビを食べると痙攣や嘔吐が!急性ビタミンB1欠乏症の危険性と安全な与え方

鈴木さん
猫にはエビやカニを与えてはいけないと聞きますよね。なぜだめなんでしょうか。
猫田
それは生のエビやカニに含まれる成分が関係しています。今回は猫がエビやカニを食べる危険についてお話します。

猫に生のエビやカニを与えると「ビタミンB1欠乏症」を引き起こす

生のエビやカニを猫に与えると「ビタミンB1欠乏症」というビタミンB1が欠乏してしまう状態に陥ることがあります。

その理由は生のエビやカニなどに含まれている「チアミナーゼ」という酵素が原因です。

チアミナーゼにはビタミンB1を分解する働きがあり、チアミナーゼを摂り過ぎると体内の「ビタミンB1」が分解されて不足してしまいます。

猫はビタミンB1を多く必要とする生き物なので、これによってビタミンB1欠乏症になってしまいます。

エビやカニ以外にチアミナーゼを含んでいる食べ物

エビやカニの他にもイカ、タコ、貝などの魚介に加え、コイ、フナ、金魚などの淡水魚、そしてワラビ、ぜんまい、スギナなどの植物にも含まれています。

ワラビなどは馬が食べることがありますが、猫と同じく、馬の体内のビタミンB1を破壊してしまい、馬のワラビ中毒が発症します。

生の魚介がもつ寄生虫”アニサキス”

余談ですが、生の魚介にはアニサキスなどの寄生虫がいることもあるので注意が必要です。

アニサキスは噛み千切れば大丈夫と言われていますが、猫は飲める大きさにするために噛み千切るだけなので、飲める大きさなら噛まないで飲み込んでしまいます。

アニサキスも噛まれずに飲み込まれる可能性が大きいので生の魚介は注意しましょう。

ビタミンB1欠乏症について

ビタミンB1の役割

ビタミンB1とは体のブドウ糖をエネルギーに変える働きを持つ物質です。ミネラルの一つでもあり、猫にとっても他の動物にとっても、生きていくためには欠かせない必要な栄養素と言えます。

乱暴ですが簡単に言ってしまえば、ビタミンB1がなければ栄養を摂っても体を動かすためのエネルギーに変えられることがないため、生命活動が停止してしまいます。

そのためキャットフードや猫のための栄養食にはビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1欠乏症の症状

ビタミンB1欠乏症になると、

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 痙攣
  • 食欲不振
  • ふらつき
  • 不整脈
  • 昏睡状態
  • 骨が変形

など様々な症状が現れます。痙攣やふらつきなど目に見えて異常を感じられる症状もありますが、吐き気や食欲不振だけでは猫の異常に気がつけないことも。

しかしそれが悪化すると昏睡状態に陥るケースもあり、時には亡くなってしまうこともあるとても危険な症状です。

犬の場合は微妙に症状が違い、心臓肥大、不全麻痺、四枝の失調症、体重減少などが起こります。ですが猫の方が欠乏症は出やすいです。

エビやカニを猫に与えたい場合は加熱処理をして

それでも猫にエビやカニを与えたい方は、生で与えるのではなく、茹でたり焼いたりなど火を通してください。

チアミーゼは「生」の魚介類に含まれる物質です。そのためエビやカニを加熱や加工すれば与えることができます。

鈴木さん
エビやカニは猫にとっては危険な食べ物だったんですね。
猫田
猫といえば魚のイメージが強いので、ついあげたくなる気持ちはわかりますが、猫がその後苦しまないよう、生のエビやカニを与えるのはやめましょう。