猫が生のエビを食べると痙攣や嘔吐が!急性ビタミンB1欠乏症の危険性と安全な与え方

鈴木さん
猫にはエビやカニを与えてはいけないと聞きますよね。なぜだめなんでしょうか。
猫田
それは生のエビやカニに含まれる成分が関係しているんですよ。今回は猫がエビやカニを食べる危険についてお話します。

猫に生のエビやカニを与えるのは危険です

猫にエビやカニはNG?

猫が食べてはいけない物はいくつかありますが、魚介類のエビやカニもまた猫に与えてはいけません

実際、猫に生のエビやカニ、イカなどの魚介類を与えることは病気を発症する原因にもなりえます。

エビやカニが「ビタミンB1欠乏症」を引き起こす

エビやカニを生で猫に与えると、食べた猫は「ビタミンB1欠乏症」というビタミンB1が欠乏してしまう状態に陥ることがあります。

「チアミナーゼ」がビタミンB1を分解してしまう

これは生のエビやカニなどに含まれている「チアミナーゼ」という酵素が原因です。

チアミナーゼにはビタミンB1を分解する働きがあり、チアミナーゼを摂り過ぎると体内の「ビタミンB1」がどんどん分解されて不足してしまうのです。

ビタミンB1欠乏症について

ビタミンB1の役割

ビタミンB1とは体のブドウ糖をエネルギーに変える働きを持つ物質です。ミネラルの一つでもあり、猫にとっても他の動物にとっても、生きていくためには欠かせない必要な栄養素と言えます。

乱暴ですが簡単に言ってしまえば、ビタミンB1がなければ栄養を摂っても体を動かすためのエネルギーに変えられることがないため、生命活動が停止してしまいます。

そのためキャットフードや猫のための栄養食にはビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1欠乏症の症状

ビタミンB1欠乏症になると、

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 痙攣
  • 食欲不振
  • ふらつき
  • 不整脈
  • 昏睡状態
  • 骨が変形

など様々な症状が現れます。痙攣やふらつきなど目に見えて異常を感じられる症状もありますが、吐き気や食欲不振だけでは猫の異常に気がつけないことも。

しかしそれが悪化すると昏睡状態に陥るケースもあり、時には亡くなってしまうこともあるとても危険な症状です。

エビやカニを猫に与えたい場合

加熱処理をする

もし猫にエビやカニを与えたいと考えていた方は、生で与えるのではなく、茹でたり焼いたりなど火を通してから猫に与えてください。

チアミーゼは「生」の魚介類に含まれる物質です。そのためエビやカニを加熱や加工すれば猫にも問題なく与えることができます。

鈴木さん
エビやカニは猫にとっては危険な食べ物だったんですね。
猫田
猫といえば魚のイメージが強いので、ついあげたくなる気持ちはわかりますが、猫がその後苦しまないよう、生のエビやカニを与えるのはやめましょう。