【2022年最新】値上げしたキャットフード一覧。価格高騰の原因は?価格変更なしのフード紹介

値上げキャットフード
鈴木さん
コロナウイルスに始まりロシアのウクライナ侵攻や円安などが原因で、現在物価の高騰や値上げラッシュが加速していますね。
猫田

ペットフードも例外ではなく、やむを得ず値上げに踏み切ったキャットフードブランドも相当数となっています。特に今年2022年は価格改定するキャットフードが多い気がします。

ということで、この記事では2019年から2022年現在にかけて、価格改定により値上げが行われたキャットフードを一覧で紹介したいと思います。

【最新】値上げしたキャットフードブランド一覧

2022年

値上げしたキャットフード発表・開始日値上げ率
ファインペッツ2022年2月10%
ゴー!2022年3月約15~26%
ギャザー2022年3月約9~27%
ナウフレッシュ2022年3月約13~24%
ロータス2022年3月約10~15%
ロイヤルカナン2022年4月約10%
ユーカヌバ2022年4月約10%
アーテミス2022年4月約10%
ブリスミックス2022年4月約10%
ナチュラルバランス2022年5月約13%
オリジン2022年5月10%
アカナ2022年5月10%
ハッピーキャット2022年5月10%
エルモ2022年5月20~27%
アボダーム2022年5月6~50%
ジウィピーク2022年5月約15%
AATU2022年6月10%
アニモンダ2022年6月10%
アーガイルディッシュ2022年6月6~15%
ロイヤルカナン2022年7月約9~16%
シシアキャットフード2022年7月約20%
オーブンベイクド2022年7月約50~70%
セレクトバランス2022年7月10%
カナガン2022年7月8.1%
K9ナチュラル2022年7月約5~10%
キアオラ2022年7月約12%
FORZA10(フォルツァ10)2022年9月約8~15%
ブッチキャットフード2022年9月ブッチナイフのみ
ナチュラルハーベスト2022年10月約10%
カントリロード2022年10月約10%
ホリスティックレセピー(パパス)2022年10月
C&R2022年10月20%
クプレラ2022年10月20%

2021年

値上げしたキャットフード発表・開始日値上げ率
リアルネイチャードライフード2021年3月約11~12%
ジウィピーク2021年5月約8~9%

2020年

値上げしたキャットフード発表・開始日値上げ率
ドクタープロ2020年2月 約20%
ロイヤルカナン2020年3月約3~15%

2019年

値上げしたキャットフード発表・開始日値上げ率
ヒルズ サイエンス・ダイエットプロ2019年3月約3~15%
ナチュラルチョイス
ニュートロ
2019年6月約5~8%
シュプレモ
ニュートロ
2019年6月約7~20%
ワイルドレシピ
ニュートロ
2019年6月約7~20%
ヒルズ サイエンス・ダイエット2019年8月約20%

キャットフードの値上げの原因は?

原材料(食料品)価格の高騰

キャットフードの値上げの理由として大きいのは、まず原材料費の高騰です。

新型コロナウイルスに始まり、ロシアのウクライナ侵攻による混乱や輸出入の制限、また近年の主要な穀物生産国で起こった干ばつや天候不順による不作など、様々な理由で現在食料品の価格が高騰しています。

特に小麦やトウモロコシ、大豆、植物油は深刻で、食品としての値上がりはもちろん、家畜飼料として穀物を消費する牛や豚、鶏などの肉類の値上がりにも影響しています。また、近年は石炭や火力発電を制限し、トウモロコシや大豆を原料としてバイオ燃料が代替手段として用いられるようになったことから、さらに穀物需要を圧迫しています。

穀物の供給減少は、穀物を飼料とする肉や卵、乳製品などの高騰にもつながることから、肉類や野菜類など食材を幅広く利用するキャットフードでは原材料コストを上昇させます。

原油価格、輸送費の高騰

キャットフードの値上げは、原油価格や輸送費の高騰も大きい要因の一つです。

2021年以降、ロシアがウクライナに侵攻したことを受けて、世界ではロシアに対する経済制裁を行い、ロシア産の原油輸入禁止などの対策を行ってきましたが、ロシアの2019年時点の原油生産量は世界シェアの約1割を占めています。

原油の輸出総額でも2割に相当していることから、ロシアはエネルギー資源の輸出国として重要なポジションでしたが、制裁措置によりロシアから安くエネルギー資源を手に入れられなくなったため、工場で大型機材を動かすための燃料費や、商品を運搬するための輸送費等も高騰しています

円安により海外産キャットフードは大打撃

円安とは、円と他の通貨(ドル等)と比較した時に、円の価値が相対的に少ない状態のことを言います。

日本は景気回復のために大規模な金融緩和を行ったため、急激に円安が進み、海外産キャットフードを輸入する販売者にとっては非常に厳しい状況となっています。

円安では海外のキャットフードを購入するためにより多くの金額を支払う必要があり、一度の輸入で数十万、数百万と非常に大きな損出が出てしまいます。

このため、現在国産キャットフードの値上げはそこまで見られませんが、欧米から輸入しているキャットフードは軒並み値上げの対策をとっています。

値上げを行っていないキャットフードブランド(2022年9月時点)

欧米産のキャットフードはほとんどがここ数年の間に値上げをしていますが、中には同じ条件下でも値上げをしないブランドもあるようです。

キャットフードの価格高騰への対策方法

価格改定の表からも分かるとおり、値上げは大体10%前後に設定しているキャットフードが多いので、10%割引または10%割引に相当するお得な購入方法やキャットフードを探すのがポイントです。

価格改定にあたって、キャットフードを変更する場合、価格改定前にまとめて商品を購入し、真空パックや密閉容器でしばらくの間、鮮度を保ちつつ新しいキャットフードを探せば、余裕をもって安くていいキャットフードを探すことができます。

また、大容量サイズ(5kg、10kgなど)は、賞味期限や酸化等の問題はありますが、g数換算で見れば通常サイズよりもかなりお得です。

購入方法でいえば、現在通販で販売されているキャットフードは、定期購入にすると5~20%の割引があります。他にもまとめ買いで送料(700~1,200円)が無料になったり、袋数や継続回数が増えると割引率が10%、20%、30%と高くなったり、お得な購入方法を案内しているキャットフードもあります。

まとめ

鈴木さん
以上、今回は値上げしたキャットフードについて紹介しました!徹底して調べたつもりではありますが、探せば他にも値上げしたブランドはあるかもしれません。。
猫田

「値上げ」というとマイナスなイメージで実際に家計を圧迫しますので、決していいものではありませんが、どの企業もやむを得ない状況であることは事実です。

また、値上げせずに販売を続け、結果敵に倒産してフード自体がなくなってしまう可能性もあります。

鈴木さん
食品も値上げされている状況で、キャットフードだけ価格を変えずに維持するのはなかなか難しいですよね…。
猫田
飼い主の方も苦しい状況ではありますが、これからも愛用しようと思っているキャットフードなら、応援するような気持ちでこれからも購入していただけるといいかもしれませんね。

ドッグフードの値上げリストはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。