穀物不使用グレインフリーキャットフードのメリットとデメリット

グレインフリーのキャットフードについて

グレインフリーキャットフードとは

グレインフリーキャットフードとは、穀物が一切含まれていないキャットフードです。

穀物には例えば、

  • 小麦
  • 大麦
  • トウモロコシ

などがあり、グレインフリーと書かれたキャットフードにはこれらの穀物は使用されていません。

グルテンフリーキャットフードとの違い

  • グレインフリーキャットフード
    →穀物が一切使用されていない
  • グルテンフリーキャットフード
    小麦などに含まれるグルテンが不使用

どちらも似たような言葉ですが、グレインフリーキャットフードは全ての穀物が使われていないキャットフード、グルテンフリーは小麦などに含まれている「グルテン」というたんぱく質だけが不使用のキャットフードということになります。

グレインフリーフードは猫にとって嬉しい効果が

現在、多くのグレインフリーのキャットフードが販売されていますが、どうしてグレインキャットフードが選ばれるのでしょうか。

グレインフリーのメリット

  • フードの消化がしやすい
  • アレルギー対策
  • 肥満予防
  • 糞の匂い改善
  • 下痢・便秘解消

グレインフリーのキャットフードには上記のような効果、メリットがあります。

グレインフリーフードには猫が消化しにくい穀物が含まれていないため、猫のフードを消化しやすく猫の体への負担も少ない点で評価が高いです。猫の体で食べ物が消化がされやすくなると様々なメリットが出てきます。下痢や便秘が解消され、肥満にもなりにくく、糞の匂いも改善されやすくなります。

また穀物は猫の著供物アレルギーのアレルゲンになりやすいため、穀物を抜くことで猫にアレルギーが出にくくなります。

グレインフリーフードは高めで腹持ちは良くない

ただし万能というわけでもないグレインフリーフード。注意点をデメリットと一緒に解説します。

グレインフリーのデメリット

  • 価格帯は高め
  • お腹が空きやすい
  • 腎臓病の猫にはNG

グレインフリーは他の食材にもこだわって作られていることが多いため、ホームセンターやスーパーで売られている物より高いと感じるかもしれません。

またグレインフードは肉メインであることが多く、消化がしやすいことからすぐにまたお腹が減りやすくなります。

いつもの量を食べても追加のフードをねだられることもあるかもしれませんが、そこでキャットフードを追加で与えてしまうと癖になり肥満になってしまうので注意です。

腎臓病はタンパク質を控えなければならない病気のため、グレインフリーのキャットフードのように穀物の代わりにタンパク質が多く含まれたキャットフードは腎臓病の猫にはNGになります。

グレインフリーキャットフードに切り替える場合、腎臓に病気がないかを注意深く観察して心配なら動物病院で腎臓病の心配がないか診てもらってから切り替えた方がいいでしょう。

子猫やシニア猫にもおすすめのグレインフリー

では性猫とは話が変わってくる子猫やシニア猫にグレインフリーのキャットフードを与えるのはどうなのでしょう。

グレインフリーは消化吸収されやすくて◎

子猫やシニア猫にとってもグレインフリーのキャットフードは体に負担が少ないフードです。

むしろ子猫もシニア猫も消化吸収をしやすいグレインフリーの方が猫の体も受け付けやすく体調も崩しにくくなるので、取り入れていくのがおすすめです。

オーガニックのグレインフリーキャットフード

グレインフリーかつオーガニック食材を使ったキャットフードも登場しています。

オーガニック食材とは、化学肥料や農薬、添加物を使用せずに作られた有機栽培の食べ物です。非常に手間がかかっているこだわりの強いキャットフードなので価格は他のキャットフードより高くなりますが、安全性が高く、愛猫に安心して食べてもらえるのではないでしょうか。

お試ししてから選ぶおすすめの方法

グレインフリーキャットフードにしたい!と思っていただいたなら、まずはお試しキャットフードで愛猫が気に入る物を見つけてみてはいかがでしょうか。

お試しキャットフードはネットや通販サイトで検索すると探すことができますし、1食分、100gなどサンプルくらいの大きさのキャットフードを安価で購入することができるので、新しいキャットフードを探すにはうってつけの方法です。