おすすめの猫用ブラシの種類と選び方、管理人がおすすめする猫用ブラシ

鈴木さん
猫用ブラシって探すと種類が結構沢山あって、どれを選ぶか迷っていました。
猫田
ではこの記事ではおすすめの猫用ブラシの種類と選び方についてご紹介したいと思います。

猫用ブラシの選び方

猫用ブラシには様々な種類がありますが、長毛種と短毛種で向いているブラシがそれぞれ違います。

そのため根教ブラシを選ぶ時には、愛猫がどんな毛質なのか、長毛種、短毛種どちらかなのかを考慮に入れ「愛猫に合ったブラシ」を選ぶ必要があります。

猫用ブラシの種類

獣毛ブラシ

獣毛ブラシは名前の通り、動物の毛を使って作られているブラシで、豚やイノシシなどの毛がよく使われます。

動物の毛で作られたブラシは、毛に油分と水分がちょうどよく含まれているので、猫の毛並みや毛艶を良くするのにも効果的です。

獣毛ブラシというと固いイメージがあるかもしれませんが、豚は柔らかい毛、猪は固い毛のブラシになる傾向があるので、使用される動物の毛次第で固さは変わります。

コームブラシ

平たいコームの形をしたタイプのブラシは、薄くコンパクトで収納に非常に便利です。猫の絡まった毛をとかすのに向いているブラシなので、長毛種の猫が使用していることが多い印象。

クシの間隔が上下で違って、絡まった毛をほぐす具合も調整することができます。

ピンブラシ

ピンブラシとは、ブラシの毛の先端一つ一つに丸いピンがついているブラシで、ブラシが皮膚に当たった時に傷つかないよう配慮されています。

ブラシの形は一般的なブラシとそこまで大きな違いはありません。またピンブラシと獣毛ブラシが両面についているタイプの商品もあります。

スリッカーブラシ

スリッカーブラシとは、広い面積でクッション素材の頭に金属の針がついているブラシです。

特徴の一つとして、針の一本一本がカクッと「く」の字に曲がっており、抜け毛が取りやすい特徴があります。

ただし選ぶスリッカーブラシによっては、皮膚に当たると皮膚を傷つけるものもあるため、短毛種にはあまり使用しない印象です。

ラバーブラシ

ラバーブラシはゴムやシリコンで作られているブラシで、やわらかく猫の皮膚を傷つけにくい作りになっています。

また手にはめて使用するグローブタイプの商品もあり、安価で使用しやすいメリットがあります。

おすすめの猫用ブラシ

様々なタイプの猫用ブラシをご紹介してきましたが、当サイトがおすすめしたい猫用ブラシもご紹介します。

ファーミネーター

ファーミネター公式サイト

当サイトのおすすめの猫用ブラシは、ライトハウス株式会社から販売されている「ファーミネーター」です。

ファーミネーターは、当サイトの猫田さんも大絶賛する猫用ブラシで「様々な種類のブラシを使った中でも特に良かった」と太鼓判を押しています。

形はまるでシェーバーのようですが、猫の毛を撫でるようにすくだけで、ごっそり毛がとれるファーミネーターは、猫のストレスも少なく短時間でブラッシングをすることができます。

短毛種用、長毛種用とどちらにも対応できるので、ぜひチェックしてみてください!

猫用ブラシまとめ

鈴木さん
それぞれの猫用ブラシに特徴があって、選び甲斐がありそうですね。
猫田
そうですね。おすすめはファーミネターですが、ぜひ愛猫にあった猫用ブラシを探してみてください!