キャットフードの種類を大解説!ドライ・ウェット、総合栄養食・一般食などの特徴と選び方

猫田
今回はキャットフードの種類についてまとめて大解説していきたいと思います。
鈴木さん
ドライフードやウェットフード、さらには総合栄養食や一般食、療法食、おやつまで様々な種類があり、どれを選んでいいかわからないという人もいらっしゃいますよね。
猫田
キャットフードはその用法を知っていないと愛猫の体調を損なう恐れがあるので、ここでは基本的な要素と種類を覚えて自分でキャットフードを選べるよう解説をしていきたいと思います。

キャットフードの種類を徹底解説!

キャットフードの種類はドライフード・ウェットフードなど「形状や水分量」を見た時の分けられ方や、総合栄養食・一般食(副食)・間食など「目的」で見た時の分けられ方があります。

ここではその両方をまとめて解説していきたいと思います。

キャットフードの種類:ドライタイプ(カリカリ)

水分10%以下のキャットフード

キャットフードの種類としてまず挙げられるのが、ドライタイプのキャットフードです。

ドライフードとは一般的に水分が10%以下のカリカリとした食感のものを呼びます。乾燥していて水分量が少ないので見ただけでも区別がつきます。

メジャーなキャットフード

ドライフードは数あるキャットフードの種類の中でも、最も多く採用されているキャットフードと言えます。

ペットショップやスーパーでもドライフードが一番コーナーが大きく、種類が置いてあります。ドライフードが置いてなくてウェットフードだけということもないと思います。

リーズナブルな価格設定

ドライフードはウェットフードに比べてリーズナブルなので、毎日の主食として与えるならドライフードがおすすめと言えます。

メーカーや種類も豊富

キャットフードの中でもドライフードは、多くのメーカーが製造を行っているので選べる範囲も非常に広いです。

そのため愛猫に合ったキャットフードを多くのキャットフードの中からきちんと選びたいという方にもメリットとして大きいのではないかと思います。

長期保存が可能

ドライタイプのキャットフードは、よく密閉させた状態で直射日光の当たらない環境下で保存をすれば、開封後も長期間の保存が可能な種類です。

ウェットフードやパウチのキャットフードは小分けで袋や缶を一度開けてしまうと、長期間の保存はできなくなりますが、その点ドライフードは保存賀しやすく家計にも優しいキャットフードとなります。

基本的にドライタイプは水分量を10%以下にして腐敗や劣化がしにくいよう工夫されているので、比較的長期間置いておくことができます。

歯石予防、歯肉炎予防なども

さらにドライタイプのキャットフードは猫の歯石予防や歯肉炎予防ができるというメリットもあります。

この他にも色々な健康について考えられた種類が販売されています。全体的に飼い猫の健康状態を良好に保ってくれるキャットフードを選べるのがドライフードです。

キャットフードの種類:ウェットタイプ(猫缶、パウチ)

水分量が多いキャットフード

ウェットフードの最大の特徴は、80~90%が水分という点です。ペースト状、スープ仕立て、肉や野菜がゴロゴロ入ったシチュー仕立てなどがありますが、水分量が多いキャットフードはまとめてウェットフードと言います。

猫缶やパウチ、レトルト

ウェットフードはいわゆる猫缶やパウチ、レトルトなどのことです。昔はウェットフードと言えば猫缶でしたが、最近はパウチに入っているものも多くなっています。

ウェットフードに力を入れているメーカーでは、味ぼレパートリーや種類を10種類以上取り揃えていることもあります。

猫の水分補給にも◎

ウェットフードは水をあまり飲まない猫や、子猫、老猫にとって非常に摂取しやすい種類のキャットフードです。

更に病気の時など水分を沢山与えなければいけない時には非常に重宝します。

香りが強く嗜好性が高い傾向

ウェットフードは水分が多いため香りが強く、猫の嗜好性の高いキャットフードが多い傾向にあります。また栄養価も高いため少量で満腹感が得られるのも一つの特徴です。

そのため子猫や食欲不振の猫、ドライフードが飲み込めない老猫にも適している種類です。ドライタイプよりも消化もしやすく、病気を持っている猫や歯が弱い猫にも重宝される種類です。

その代わり与え過ぎには注意が必要です。栄養価が高く食べやすいことから肥満の素となったり歯の健康を損ねる恐れがあります。食事管理をしっかり行って与いましょう。

ドライフードよりも高め

ウェットタイプのキャットフードは、ドライフードに比べると値段が少し高めのものが多いです。缶詰であれば平均1缶100円前後ですが、物によっては800円~1,000円というものまであります。

キャットフードの種類:セミモイストタイプ

ドライとウェットの中間

セミモイストタイプはあまり聞きなれない種類かもしれませんが、一言で言ってしまえばドライよりも柔らかくウェットよりも固い形状のキャットフードの種類です。

水分量で見ると15~60%くらいで、フニフニとした柔らかい食感のものという言葉が適切でしょうか。ウェットタイプよりは固形に近いですが、明確な定義があるわけではないため曖昧な部分とも言えます。

あまり種類は多くない

このタイプのキャットフードはドライやウェットのようにメジャーではなく、種類が多いわけではありませんが、猫によってはセミモイストタイプを好む猫もいます。

ふやかしたキャットフード好きな猫におすすめ

ウェットタイプのようにペースト状ではなく固形状なので、ふやかしたくらいのキャットフードが好きな猫はセミモイストキャットフードを好む傾向があります。

ウェットタイプと違って適度な歯ごたえが感じられます。

片付けが楽

ドライタイプ同様、片付けが簡単なのが飼い主にとっては最大のメリットになります。

添加物に注意

しかし、このタイプが半生の状態なので添加物が使用されているものが多く、猫の健康上あまり好ましくない成分が配合されていることがあります。そのため、このタイプを与える際には十分に成分表を確認して適度な量を与えることが重要です。

選ぶ時はキャットフードの「目的」の種類を見る

キャットフードを選ぶ時には、上記のキャットフードの形状を確認した上で、次の「目的」の種類もチェックして選びましょう。

総合栄養食

総合栄養食とは、猫の普段の主食となるキャットフードです。

通常のキャットフードを探しているなら総合栄養食で間違いありません。

総合栄養食とは水と一緒に与えればそれだけで猫の健康に害なく暮らしていけるだけの栄養分を摂取できるキャットフードであることを示しています。

反対に総合栄養食と書かれていないキャットフードは、それだけでは猫に必要な栄養が補いきれない、健康を損なう可能性があることを示しています。

猫の総合栄養食とは?特徴やメリット、他キャットフードとの違い

2018.11.07

間食、一般食(副食)

間食や一般食(副食)とは、一般的に「おかず」や「おやつ」の目的で使用される種類のものです。

猫の食欲増進であったり猫の食事の楽しみを目的としているので栄養面ではバランスが十分には摂れませんが、猫の幸せや満足感を満たしたり、飼い主さんが愛猫とコミュニケーションをとるのに利用したりできます。

我が家でも愛猫が少しお腹がすいたそぶりを見せたり元気がなくて食欲不振と感じた時に、こういった種類のキャットフードを利用してコミュニケーションを取るようにしています。

キャットフードのおやつ(間食)とは?猫のおやつの種類と与え方

2016.08.26

療法食

療法食とは猫の特定の病気や疾患、状態にある猫の栄養サポートを行うためにつくられたキャットフードです。

その病気の猫に合わせた栄養バランスが考慮され、病気が回復するまでのサポートになったり、悪化しないよう食事管理を行うことができます。

療法食の場合、総合栄養食を兼ねている物がほとんどなので、毎日の食事として与えて問題ありません(ただし与え方は獣医や表示に従う)。

猫用の療法食とは?獣医師指導のもと利用する、病状に合わせて管理されたキャットフード

2016.11.29

その他目的食

その他目的食にはサプリメントなどが分類されます。病気予防や免疫力の回復などを目的としたサプリメントも販売されているので気になる方はチェックしてみてください。

猫のサプリメントはどんな病気のケアや効果が期待できるのか

2018.05.15

総合栄養食×ドライタイプで選ぶなら

ドライフードの総合栄養食を選びたいという方は、こちらをチェックしてみてください。

オーガニックキャットフードも下の記事でご紹介しています。価格帯は少し上がりますが、

安全第一!オーガニック認証有のキャットフード比較ランキング

2018.09.03

2018年キャットフードランキング!S~Gランク紹介【口コミ、おすすめ】

2016.08.29

総合栄養食×ウェットタイプで選ぶならこちら

ウェットタイプの総合栄養食を選びたいという方は、こちらの比較記事を参考にしてみてください。

【総合栄養食】猫用ウェットフードのおすすめキャットフード8選

2018.07.18

キャットフードの種類まとめ

以上がキャットフードの種類についての解説でした。キャットフードの種類がありすぎて困る、という方はこちらの記事の選び方を採用してもいいかもしれません。

簡単なキャットフードの選び方!おすすめはチキンが多いヨーロッパ産のドライフード

2018.05.28

シニア猫用キャットフードの特徴と選び方、成猫用との違い

2018.10.24

猫の多頭飼い!キャットフードの選び方と横取りを防ぐ方法

2018.08.07