キャットフードの成分表の見方と目安。栄養バランスや原材料で見るべきポイント

鈴木さん
キャットフードは成分やその割合が特に大切って言いますよね。
猫田
そうですね。栄養バランスを確認するためには必要不可欠です。キャットフードの成分は「成分表示」の項目で確かめることができます。

キャットフードの成分表とは

成分表とは、下の画像のようなキャットフードに含まれる成分分析値を表にしたものです。

キャットフード 成分

ペット公正取引委員会の「ペットフードの表示に関する公正競争規約」で、総合栄養食のキャットフードには、下記の5項目をパッケージの背面や側面に表示するよう定められています。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 食物繊維
  • 灰分
  • 水分

これ以外の成分もメーカーの判断で、必要に応じて炭水化物やオメガ脂肪酸(脂質)、ビタミン、アミノ酸(タンパク質)などの成分値が記載されます。

カロリーも記載されていることが多いです。

成分表を見るメリット

成分表は、猫にとって適切な栄養バランスかどうかを確かめることができます。

成分表を見ることで、CMやキャッチコピー(ヘルシーなキャットフード、食物繊維が豊富、オメガをバランス良く配合、等)の根拠を確かめられるので、誇大広告や怪しい激安フードにも引っかかりにくくなります。

キャットフードの成分表の見方

栄養のバランス

成分値はすべての成分が同じ量で配合されていればバランスがとれているわけではなく、それぞれの栄養が猫にとって必要な分だけバランス良く配合されているかが重要です。成分によっては、猫にとって20%でも少ない成分もありますし、たった1%含まれるだけでも多すぎる成分もあります。

また、同じ哺乳類である猫・犬・人でも適切な栄養バランスは変わります。なので猫に必要な栄養を踏まえて選ぶことが大切です。

基本的に総合栄養食はAAFCOの基準に則って製造されているものがほとんどなので、体に悪影響が出るほど問題のあるキャットフードが販売されていることは少ないですが、一度成分基準と比較してみてもいいかもしれません。

キャットフードの栄養素の目安

成分表はフードが入っている袋や公式サイト、販売サイトで確認することができます。キャットフードの栄養バランスを比較したい時に目安となる値を紹介しておきます。

表示義務のある項目値の幅 
タンパク質26~40%・26%以上が望ましい(AAFCOの基準)
・30%以上が望ましいという見解も
・グレインフリーは30%以上が多い
脂肪10%台~20%台18~20%が多い
繊維2~10%・グレインフリーは3%前後が多い
・毛玉ケアは10%近くあることが多い
灰分(ミネラル)10%以下多すぎると結石の原因に
水分だいたい8~10%ドライフードは10%以下と決まっている

※値の幅や傾向は筆者の経験やペットフード団体の基準から書いたものです。必ずしもこの範囲にある、この値が理想的というわけではなく、あくまで目安として参考にする程度でお考えください。

成分1:タンパク質

タンパク質は猫にとって、非常に重要な成分の一つです。犬や人よりも多くのタンパク質を必要とするので、成分値もキャットフードは26%以上と最も高いパーセンテージとなっています。

どの年代でもタンパク質は必要なので、病気や疾患でタンパク制限が必要な猫以外は、基本的にタンパク質は豊富なものを選ぶのがおすすめです。

キャットフード タンパク質 漫画 まんが

【まんが】キャットフードのタンパク質。働きと量の目安、動物性と植物性の違い

2019年9月13日

成分2:脂質

脂質はタンパク質・炭水化物の三大栄養素の中で、最も効率良くエネルギーとして消化される栄養です。

しかし日本の猫のように完全室内飼いでほとんど運動をしない猫の場合は、あまり高脂質だと肥満の原因になるので注意しましょう。

高タンパクになると、肉や魚の配合が増えるのでどうしても脂質も増えてしまいがちですが、肉の種類や魚を使うことで、低脂質に抑えたヘルシーなキャットフードもあります。

キャットフード 脂質 まんが

【まんが】キャットフードの脂質。働きと量の目安、必須脂肪酸の働き

2019年9月18日

成分3:食物繊維

食物繊維は腸内洗浄の役割を担ったり、腸内の微生物の住処になって腸内バランスをコントロールする成分なので、適量は配合されているキャットフードが望ましいです。

食物繊維(粗繊維)は多いと10%以上、少ないと1~2%程度しか含まれないフードもあります。

長毛種などのヘアケア用キャットフードでは食物繊維が10%程度含まれているものもありますが、多くは5%以下です。中でもグレインフリーの場合は1.5~2%と少ないものも多く存在します。食物繊維が必要な量は猫種によって異なりますので、便の様子をみながら愛猫に合った量を探してあげましょう。

キャットフード 食物繊維

【まんが】キャットフードの食物繊維。働きと目安量、水溶性と不溶性のバランス

2018年8月29日

成分4:ミネラル

ミネラルは非常の種類が多く、1つ1つの種類と値を見ていくのは非常に困難です。ミネラルはまとめて「粗灰分」と表記され、大体は10%以下のレシピで構成されています。

ミネラルでは、特にカルシウム・リン・マグネシウムの含有量の比率(Ca:P:Ma=1:0.8:0.08)を意識して選びましょう。バランスが崩れていると尿路結石や腎疾患に関係すると言われています。

塩(塩化ナトリウム)に含まれるナトリウムは猫にとって必要な栄養素でもありますが、塩分の摂りすぎは腎不全を起こしてしまう原因になる場合もあります。

キャットフードに必要なミネラルの種類を解説!不足・過剰で猫がなる病気や症状

2018年7月27日

成分5:水分

水分はウェットフードでもドライフードでも必ず数%は含まれます。ドライフードの場合は10%以下と決まっているので、8~10%程度のものが多いです。

海外のキャットフードだと11%以上のものもたまに見られますが、日本は湿度が高いのでカビやすいというデメリットがあります。

ウェットフードの場合は水分が多くても密閉性が高い缶やパウチに詰められるので、カビや品質の心配はありません。

猫が1日に必要な水分量。水分補給にはウェットフードが効果的!

2018年12月3日

キャットフードの原材料表示の見方

1番の原材料が最も多い

キャットフードを選ぶ際の原材料の見方として大切なのが、パッケージの原材料欄の一番始めに記載されている原材料をチェックすることです。

原材料欄の一番に来るものは一番多く使用されている原材料で、下へ行くほど含有量が少なくなります。

メインの原材料を判断できる

このため成分表の原材料欄を見れば、そのキャットフードの主原料や大体の味の傾向を予想することができます。

原材料欄の1.2番目には下記のような原材料が記載されていることが多いです。

  • 肉類(チキン・ターキー・ビーフ等)
  • 魚類(サーモン・フィッシュミール・サバ等)
  • 穀類(米・小麦・コーン等)

肉系、魚系、穀物系で味や栄養素が大きく異なるので、チェックしておくと猫の健康と好みの把握に役立ちます。

肉類が多いキャットフードの傾向

肉類が豊富なキャットフードは、高タンパク質・高脂質なものが多いです。食べた時の満足感が高くパワフルな味になる傾向があります。

肉には動物性タンパク質や脂質が多く含まれるため、猫が得られるエネルギー量も多く、猫の器官をつくったり、皮膚被毛の健康維持にも重要な役割を果たします。特に猫は、人や犬と異なり、炭水化物ではなく動物性タンパク質を効率良くエネルギーに利用することができる動物なので、より多くの動物性タンパク質が必要です。このためキャットフードでは肉をメインにした商品が多くなっています。

価格の面で言えば、肉類が豊富なキャットフードは穀類や植物原料が多いものに比べて原価が上がるため高価格になりやすいです。

また、肉類が多いと植物に含まれる食物繊維量が少なくなるため、食べ始めは軟便になりやすくなります(慣れると徐々に固まってくることが多いですが)。

魚介類が多いキャットフードの傾向

魚介類が多く含まれるキャットフードはDHAやEPAなどの「オメガ3脂肪酸」が豊富です。オメガ3脂肪酸は皮膚被毛の健康維持に役立つ栄養素で、炎症を抑える作用があります。魚以外では利用性の高いオメガ3脂肪酸はあまり含まれないため、肉系のフードでもオメガ3脂肪酸を補うためにサーモンオイルや魚油などが使用されたりします。

ただオメガ3脂肪酸が豊富な青魚を多く摂り過ぎると、不飽和脂肪酸の過剰摂取により脂肪が酸化して、イエローファット(黄色脂肪症)を引き起こすため、抗酸化作用の原材料との摂取が大切です。

穀類が多いキャットフード

小麦や米、トウモロコシなど穀物が多く含まれるキャットフードは、食物繊維や炭水化物が豊富です。猫は穀物を効率的に消化できる動物ではないため、摂取しても4割程度しかエネルギーとして利用することができません。このため、穀類がメインのキャットフードでは、いかに動物性タンパク質を補うかが課題になります。

ただ、口にすること自体が問題というわけではなく、メインとして使用するべきではないというのが当サイトの見解です。肉や魚がメインのキャットフードの方が嗜好性が高く、猫に必要なエネルギーも十分に補えることから、グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードが全面的に支持されることが多いですが、中には穀物を好み、豊富な食物繊維によって便を良い状態を保てる猫もいます。一概に穀物が悪いと思い込むのは止め、愛猫と愛称の良いキャットフードかどうか判断できるようにしましょう。

添加物が多いキャットフード

キャットフードには酸化防止剤、保存料、着色料、乳化剤、香料、増粘剤、甘味料、調味料、栄養添加物など…様々な添加物が使用されることがあります。

猫の健康に不安のあるものもあるため一概には言えませんが、全ての添加物が悪いというわけではなく、むしろ無添加キャットフードが正義かというとそういうわけでもありません。安全性の高い添加物の中で、フードの品質や猫の健康を守るために使用される添加物もあります。

危険な添加物と安全な添加物については下の添加物の記事で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

無添加または植物由来の添加物を使用したキャットフードの注意点

2016年8月26日

キャットフードの危険な合成添加物、安全性が高い天然添加物を解説

2016年8月26日

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。