水分補給が苦手な猫にはスープ仕立てのキャットフードが有効

スープ仕立てのキャットフードとは

スープキャットフードの特徴

スープ仕立てのキャットフードは、ウェットタイプの中でも特に水分量が多く液体がメインのキャットフードです。食べるというよりも水のように「舐めて飲む」キャットフードです。

スープ仕立てはおやつタイプの物が多い

種類や味、トッピングのバリエーションも豊富です。味はどちらかというと魚風味のテイストが多い印象を受けます。

普段から食べられる総合栄養食も探せばありますが、スープ仕立てのキャットフードで多いのは嗜好性の高いおやつタイプ。

水分補給の目的がメインになるので、食事としての栄養バランスよりもフードの香りや風味、猫の食いつきが重視された物が多いと言えます。

スープ仕立ては国内産がほとんど

スープタイプのキャットフードは、国内メーカーから発売されている物がほとんどです。海外メーカーのキャットフードはドライフードが多いためスープタイプはあまり見かけません。

スープ仕立てのキャットフードのメリット

猫が手軽に水分を補給できる

猫缶などの水分が多く含まれるフードも水分補給に有効ですが、スープ仕立てになるとさらに水分量が多くなるので、より多い水分を補給できます。

スープ仕立てのキャットフードは魚や肉の風味や香りで猫の食欲をそそれるため、水よりも猫が積極的に飲んでくれやすいです。便秘気味の猫や、なかなか水を飲まない猫にはおやつでスープキャットフードを与えると、水分不足が解消されやすくなります。

歯を使わずに栄養を摂取できる

スープ仕立てのキャットフードのメリットとして大きいのは、歯に負担がかからないこと。

噛まずに栄養を摂取できるスープ仕立てのキャットフードは、噛む力が弱い子猫や老猫がキャットフードを食べられない時にも有効です。

1食分の小分けパウチで与えやすい

スープ仕立てのキャットフードのほとんどは1食分ずつの小分けになっているので、大袋のドライフードのように開封後のフードの状態を気にする必要がありません。

量をいちいちはかったりする必要がなくそのまま猫に与えられるので使い勝手も良いです。

スープ仕立てのキャットフード例

  • 【いなば】チャオチュール
  • 【モンプチ】スープ
  • 【シーバ】 とろ~りメルティ
  • 【キャネット】 3時のスープ
  • 【ミャウミャウ】 クリーミーパウチ

スープ仕立てのキャットフードをいくつか挙げてみました。

スープ仕立てのキャットフードとして特に人気なのは、いなばのチャオチュールです。「チュールチュール、チャオチュール♪」というCMで見かけたことがある方もいるかもしれません。スーパーやホームセンターでも手に入れることができることもあり、レビュー数も多く人気も高いです。

また他のメーカーからもパウチ、スープ、メルティなどの名前でスープ仕立てのキャットフードが続々と登場しているので、ぜひ探して試してみてはいかがでしょうか。