猫は肉球・鼻以外は汗をかかない!アポクリン腺が多い猫の体温調節方法

鈴木さん
猫って被毛に覆われていていますが、夏でも汗をかいているところを見たことがありません。
猫田
猫は人間のようにダラダラ汗をかいたりすることはないですよ。

猫は基本的に汗をかかない

猫は分厚い被毛に覆われているのにも関わらず、汗で全身が濡れたりすることがありません。

私たち人間は、暑い時や夏に少しでも外に出れば、自然と汗が吹き出してきてしまいますが、猫はなぜ汗をかかないのでしょうか?

猫が汗をかくのは肉球と鼻

唯一猫が汗をかく場所

基本的に汗をかかない猫も唯一、肉球と鼻には汗をかきます。

肉球の場合、ジャンプや走る時に肉球が滑り止めになるため、肉球には湿らせる程度に汗が必要になります。

鼻もまた猫が汗をかいている部分で、猫の鼻が湿っているのは汗をかいているからです。

猫が全身に汗をかかない理由

人間と猫の汗腺の違い

なぜ猫は肉球と鼻以外は汗をかかないのかは、人間と猫が持っている汗腺の種類の違いが関係しています。

  • 人間に多い → エクリン腺
  • 動物に多い → アポクリン腺
人間はエクリン腺という汗腺が全身にあるのに対して、猫はアポクリン腺という汗腺が全身にあります。

人間は「エクリン腺」

まず、私たち人間が全身に持っているのは、汗を作り出す「エクリン腺」という汗腺です。

エクリン腺がつくる汗は、水のような無色透明の液体で、体の熱を外に逃す体温調節が目的となっています。

猫や動物は「アポクリン腺」

猫が全身に持っているのは、匂いのある汗を作り出す「アポクリン腺」という汗腺です。

アポクリン腺が作る汗はエクリン腺に比べると少量で、乳白色でニオイのある汗です。

アポクリン腺は体温調節ではなく、匂い(フェロモン)を出すことを主な目的としています。

動物はアポクリン腺が発達

ちなみに猫に限らず、多くの動物はアポクリン腺が全身に備わっていることがほとんどです。

人間はワキなどの一部にしかアポクリン腺がありませんが、それは動物全体で見れば圧倒的に少数派です。

猫のように一部だけにエクリン腺を持たないことがほとんどで、人間とは真反対となっています。

ワキガと同じ?臭くないの?

「人のワキガの原因になるアポクリン腺が全身にある、ということはかなり臭いのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし猫や動物の場合、出される汗自体も多くないですし、匂いはあっても人のワキガのようなきつい匂いであることは珍しいので安心してください。

猫はどうやって体温調節をするのか

人間はエクリン腺から出る汗で体温を調節すると言いましたが、エクリン腺を多く持たない猫は、どのようにして体温調節を行っているのでしょうか。

グルーミング後の気化熱

猫は暑い時、グルーミングをすることで舐めた部分を濡らし、その気化熱で体温を調節しています。

気化熱というとわかりにくいかもしれませんが、うちわや扇風機で濡れた場所を乾かす時には涼しく感じると思います。猫はこの液体が気化を使って体温を調節しています。

冷たい場所・気温の低い場所に行く

また猫の体の中で行うことではありませんが、猫は涼しい場所や床が冷たい場所などに移動することで体温調節をしています。

猫は鼻から気温の変化を敏感に感じることができるため、日陰やエアコンの真下、フローリングなど直接ひんやりとした場所に体を付けることで体の温度を調節します。

猫は人間ほど暑さに強くない

猫にも体温調節をする方法はありますが、人間が汗による体温調節ほど効率よく体温を下げることはできません。

そのため猫は人よりも、より暑さを感じています。もし人間がとても暑いと感じているなら、猫は熱中症や脱水症状などになっているかもしれません。

自宅で猫を飼っている方は、夏場や外出する際は、部屋の気温調節を特に気にかけましょう。

猫の汗まとめ

まとめ
  • 猫が汗をかくのは肉球と鼻だけ
  • 猫はニオイを出すためのアポクリン腺が発達している
  • 気化熱や涼しい場所に移動して体温調節をしている
  • 人間よりも暑さに弱い
猫田
いかがだったでしょうか。猫が汗をかかない秘密を少しでも知ることができたと思います。
鈴木さん
人間と猫では汗腺が違ったんですね。これからさらに気温や体温調節に気を配ってあげたいと思います。