猫がブルーベリーを食べて大丈夫?アントシアニンの目への効果!木や葉は危険?

ブルーベリー キャットフード
鈴木さん

ブルーベリーは目に良い、ブルーベリーを食べると視力が上がるとよく言われますが、効果はあるのでしょうか。

猫田

ブルーベリーが目に良いという謳い文句は、食品でも微妙でグレーな言い回しと言われています。

ですがブルーベリーには猫にとって嬉しい栄養や成分が含まれていますので、今回は猫にとってブルーベリーにはどんな栄養があるのか、また与える時の注意点なども解説したいと思います。

猫はブルーベリーを食べて大丈夫?

食べてOKな食材です

ブルーベリー 猫 キャットフード

猫がブルーベリーを食べても大丈夫です。そのまま与えて問題ありませんが残留農薬のリスクを考えて水洗いはしましょう。

ブドウと色や見た目が似ていますが、ブルーベリーは猫が食べられる果物なのでご安心ください。食べ過ぎはどの食べ物もよくありませんが、ブルーベリーも少量のおやつとして与える分には問題ありません。

ブルーベリーの葉はNG

猫がブルーベリーを食べることで注意したいのがブルーベリーの「葉」です。果実の部分は食べても問題ありませんが、ブルーベリーの葉や根皮には有毒成分が含まれていて、猫が食べると口の灼熱感・よだれ・嘔吐・下痢・徐脈(脈が遅くなる)、不整脈、中枢神経の抑制、血圧低下などの中毒症状を引き起こします。

環境省の「ペットが出合うと危険な植物」には、ツツジ科の植物全般が中毒症状を起こす危険な植物として指定されています。

ペット 危険 植物 ブルーベリー 猫引用元:ペットが出合う危険な植物 環境省

栽培のしやすさから家庭菜園でブルーベリーの木を育てている方もいるかもしれません。もし猫を飼われていてご自宅でブルーベリーを栽培されている場合、猫が屋外に出たときのために、ブルーベリーの木にネットをするなどして猫が葉を食べてしまわないように対策するのがおすすめです。

ブルーベリーの栄養素

タンパク質0.5g
脂質0.1g
炭水化物総量12.9g
食物繊維3.3g
ビタミンビタミンE1.7mg
ビタミンC9mg
カロリー100g49kcal

ビタミンや食物繊維も豊富

また、ブルーベリーにはビタミンEや不溶性食物繊維が豊富です。ビタミンEは抗酸化作用のあるビタミンで、体の酸化を防ぐ作用があります。不溶性食物繊維は水に溶けにくく大腸まで消化されずに届くので、便が通る大腸の不要物の掃除をしてくれます。ただ多過ぎると、消化器官に負担をかけるので沢山の与えるのはおすすめしません。

天然色素アントシアニンが豊富

また、ブルーベリーには「アントシアニン(anthocyanin)」という天然色素が豊富に含まれています。アントシアニンは果実の赤・青・紫を示す水溶性の色素で、ブルーベリーはアントシアニンが豊富に含まれるため、鮮やかな青紫色をしています。

アントシアニンは天然色素でありポリフェノールの一種で様々な効果が期待できます。その効果の一つが「目にいい」と言われるようになった理由です。アントシアニンの効果については下で詳しく解説します。

ブルーベリーのアントシアニンの効果

ロドプシンの再合成を助ける作用

アントシアニンには猫の視覚を正常に保つ働きがあります。

ロドプシンとは目に光を取り込むために必要な紫色の感光色素で、目にあるロドプシンに光が当たることで光の情報が神経を伝って脳に信号で伝達されます。

ですがロドプシンは光に当たるとビタミンAによって分解されてしまうため、目を使いすぎたり、ロドプシンの再合成が間に合わないと脳に信号が送られにくくなり、目が見えにくいという状態になります。

アントシアニンにはロドプシンの再合成を助ける働きがあるので、不足したロドプシンを再合成で増やし、目の働きを正常に戻す作用があります。このためブルーベリーやアントシアニンは目にいいと言われるようになりました。

猫の視力を上げる効果はない

ですがブルーベリーのアントシアニンには、視力を上げる効果はありません。また、一度下がってしまった視力を元に戻す効果もありません。

ですので、元々ロドプシンが十分にある状態であれば、ブルーベリーを食べてもあまり効果は感じられないかもしれませんが、ロドプシンが足りていなかった場合、今までの視覚が改善されて、前よりも目が良くなったように感じるかもしれません。

生活習慣病や循環器疾患のリスクを低下させる

ブルーベリーには様々な生活習慣予防に役立つ作用があるとされています。生活習慣病には肥満や高血圧、動脈硬化、糖尿病、循環器疾患などがあり、それらの予防にブルーベリーのアントシアニンやビタミンEが有効と言われています。

人に対する研究ですが、英国イーストアングリア大学などの共同研究では、日常的にブルーベリーを食べている人はそうでない人に比べて2型糖尿病や循環器疾患のリスクが低かったと報告しています。

これまでの研究では、日常的にブルーベリーを食べる人では、2型糖尿病や循環器疾患を発症するリスクが低かったことが明らかになっている。/—省略/

この理由には、アントシアニンと呼ばれる果物の赤色などの成分であるフラボノイドの一種を多く含むためであると、イーストアングリア大学のエディン・キャシディ教授は述べている。

引用元:LINK de DIET [栄養]毎日のブルーベリーで循環器疾患リスク低下か

人における研究結果なので猫にも当てはまるとは限りませんが、猫への効果も期待できるかもしれません。

キャットフード原材料のブルーベリー

ブルーベリーはキャットフードの原材料として使用されます。クランベリーやマルベリー、カウベリーなどの他のベリー系の食べ物と一緒に配合されていることが多いかもしれません。また、キャットフードだけでなくアントシアニンに注目したペット用サプリメントでブルーベリーが利用されることもあります。

キャットフードのブルーベリーまとめ

猫田

以上今回はキャットフードのブルーベリーについてお話してきました。簡単に復習しましょう。

  • 視覚を正常に保つ働きがある
  • 生活習慣病のリスク低下も期待される
  • 元々の視力や視覚を高める力は証明されていない
  • ブルーベリーの葉は与えないよう注意
鈴木さん
ブルーベリーは猫にとってメリットも多いんですね。でも葉っぱには注意する必要があるんですね。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。