猫の肥満解消ダイエットキャットフードの成分や原材料を解説

鈴木さん
うちの猫で太り気味の子がいるんですよ。運動させようと思ってもなかなか遊んだりしようとしないし困っています。
猫田

室内飼いの猫は肥満になりやすいですね。そのような愛猫の肥満に悩んでいる飼い主さんも多いと思います。

今回は一般的に肥満改善をはかるダイエットフードについて特徴や栄養成分、原材料などを解説していきたいと思います。

猫の肥満を解消するダイエットキャットフード

猫の肥満を侮ってはいけない

猫の肥満は、糖尿病や脂肪肝、肝硬変、心筋症、ヘルニアなど様々な病気にかかりやすくなり、さらに体重が重くなるので怪我や骨折もしやすくなります。そのため肥満対策は早いうちから行っていくことが大切です。

ダイエット用のキャットフードがある

キャットフードの中には肥満解消を目的とした肥満猫向きのダイエットキャットフードも販売されています。

また糖尿病予防と体重減量の食事療法として販売されているキャットフードもあり、メーカーによって特色のあるキャットフードになっています。

肥満解消には食事

猫の肥満解消には運動も大切ですが、食事の改善が大きいと言われています。猫がストレスなく、無理せずダイエットできるように肥満解消ができるダイエットキャットフードを与えてみてはいかがでしょうか。

猫のダイエットキャットフードの特徴

肥満対策フードの代表的な特徴
  • 高タンパク質
  • 低脂質(低脂肪)
  • 低炭水化物(低糖質)

猫の肥満を解消するためのキャットフードの代表的な特徴として挙げられるのはこの3点です。

高タンパク質なキャットフード

タンパク質30%以上

まずダイエット中でもタンパク質は多く摂取するべきです。団体によってタンパク質量の目安は26%、30%、32%以上など、ばらつきがありますが、平均するとだいたいタンパク質30%以上のキャットフードが好ましいのではないかと思います。

タンパク質は必要不可欠

タンパク質はエネルギーとして消費されなければ脂肪になってしまいますが、猫にとってタンパク質は必要不可欠な成分です。

猫の体内に入ったタンパク質は活動するためのメインのエネルギー源になりますし、皮膚や毛、筋肉などを健康な状態に維持する重要な役割も担っています。

そのためタンパク質は肥満かどうかにかかわらず、猫には常に必要だと言えます(特定の病気の時を除いて)。

猫にとって負担が少ない成分でもある

また猫が太る原因となる成分をカットしていく場合、その分タンパク質を増やすのが、猫にとって健康的ですし、消化もしやすいため猫の体に負担がかかりにくくなります。

低脂質なキャットフード

脂質の割合は15~17%

割合の目安としては、基本的に脂質は15~17%くらいのキャットフードが多いですが、ダイエット用のキャットフードの中には、タンパク質が30%ありながら脂質が10%を切るものもあります。

ただそういった高タンパクで非常に低脂質なキャットフードは、植物性タンパク質を多く使用して脂質を抑えていることもあるので原材料は確認しておきましょう。

脂肪として蓄積されやすい

脂質はエネルギーとしてすぐに利用されやすいですが、その分消費されなければすぐに脂肪として蓄積されやすい特徴があります。

よく運動する猫の場合は脂質が多くてもすぐに消費されるので問題ありませんが、肥満気味の猫は運動不足の猫が多くエネルギーとして消費されることが少ないので、低脂質なキャットフードを選ぶのが望ましいです。

低脂質な動物の肉が使われる

ただ動物性のタンパク質を多く配合するとその分、動物の肉が多くなるので、脂肪も多くなる傾向があります。そのためダイエット用のキャットフードでは高タンパクで低脂質なターキー(七面鳥)やラム、魚、また脂質に少ない部位が使われることも多いです。

低炭水化物のキャットフード

炭水化物の目安

キャットフードの炭水化物(糖質)の割合は、キャットフードに表示されていないことが多く、計算で正確な数値を出すこともできないため、目安を出すことはできませんが、カロリーとタンパク質量を見て、炭水化物が多いかどうかをなんとなく確認することはできます。

カロリーはタンパク質と糖質(炭水化物)から得られるエネルギーの総量なので、タンパク質の割合が20%台後半で低いにも関わらず、390kcalなど高カロリーだった場合は、糖質が多いと考えられます。

炭水化物は糖質+食物繊維

炭水化物は、糖質と食物繊維の総称です。食物繊維はカロリーには関係ありませんが、糖質は血糖値やエネルギー、太りやすい体質などに関わってくるため、多く摂取すると太りやすくなります。糖質は分解されてブドウ糖に変わると、体の脂肪細胞にため込まれます。

また糖質を多く摂取することは糖尿病の原因にもなります。血糖値が高くなることが増えると糖尿病を発症する危険もあるため、ダイエットキャットフードでは特に炭水化物(糖質)は抑えるべきです。