キャットフードの緑イ貝。グルコサミンやコンドロイチンは意味が無い?貝毒の心配について

緑イ貝 キャットフード
鈴木さん

キャットフードでは緑イ貝という貝がよく使われますね。

緑イ貝…。食品ではあまり聞かない名前のように思いますが、なぜキャットフードには緑イ貝がよく使われるのでしょうか?

猫田
緑イ貝にはグルコサミンやコンドロイチンなど関節に良いとされる成分が多く配合されているからでしょう。

キャットフードの原材料:緑イ貝

緑イ貝(ミドリイガイ)とは

緑イ貝(Perna Viridis)は10cm程度の大きさの二枚貝です。「パーナ貝」と呼ばれることもあります。

ニュージーランドや東南アジアの海に生息する貝で栄養価の高い貝です。

緑イ貝が多く生息する東南アジアやニュージーランドでは食材として流通していますが、日本ではあまり見られない食材かもしれません。

見た目はムール貝(ムラサキイガイ)によく似ていますが、殻の色が鮮やかな緑色なので見分けは比較的簡単かと思います。

サプリメントでも販売

緑イ貝はキャットフードにも利用されていますが、ペット用のサプリメントとしての販売されている商品もあります。

療法食なども販売するロイヤルカナンからも、犬用ですが緑イ貝を使ったサプリメントが販売されています。

緑イ貝に含まれる成分や栄養素

タンパク質10.3g
脂質1.6g
炭水化物3.2g
ビタミンビタミンA
(レチノール)
34μg
ビタミンE1.1mg
ビタミンB20.37mg
ナイアシン1.4mg
ビタミンB1210.3μg
葉酸42μg
ミネラル総量2.2g
ナトリウム540mg
マグネシウム73mg
リン160mg
3.5mg
マンガン0.86mg
カロリー100g70kcal

緑イ貝は、グリコーゲンやミネラル、ビタミン、コンドロイチン、グルコサミンなどの成分を豊富に含んでいます。

ビタミンB2、ビタミンB12

緑イ貝にはビタミンB2やビタミンB12が豊富に含まれています。

ビタミンB2は体の神経伝達のために働くビタミンです。ビタミンB12は野菜などの植物には少ない成分なので、貝のような動物性原料からの摂取が効果的です。

ビタミンB群は水溶性ビタミンといって、体に蓄積されにくいため多く摂っても過剰摂取にはなりにくいため、豊富でも問題はありません。

鉄分、マグネシウムなどのマグネシウム

また、緑イ貝にはミネラルも豊富に含まれています。特に鉄分やマグネシウム、マンガンなどのミネラルを摂取することができます。

キャットフードの緑イ貝の注意点

コンドロイチンやグルコサミン

緑イ貝には、関節痛の改善効くと言われるコンドロイチンやグルコサミンが豊富に含まれています。

コンドロイチンやグルコサミンは関節にある軟骨の成分として働き、軟骨の水分を維持したり、関節の健康を保っています。

しかしコンドロイチンやグルコサミンは、食事などから摂取しても効果が無いという見解や実験結果が多く上がっており、猫が摂取しても意味はないと考えておくべきでしょう。

貝毒が体内に蓄積

貝の場合、有毒プランクトンを食べることによる貝毒の心配があります。貝毒の成分は熱に強いため、加熱調理しても分解されていないことがあります。

ただし定期的に貝毒の検査がなされている場合、規制値を超える緑イ貝は使用されないので、メーカーの意識や検査の実施次第かと思います。

緑イ貝をつかったキャットフード

  • ジウィ・ピーク キャットフード
  • フィッシュ4キャット 缶詰ツナ&緑イ貝
  • K9ナチュラルキャットフード
  • ブラバンソンヌ キャットフード
  • ハッピーキャット アトランティックラックス
  • ホリスティックレセピー ヘルシージョイント