キャットフードのGMOフリーとは?遺伝子組換えの原材料の不使用

鈴木さん
キャットフードを調べていく中でGMOフリーという言葉を耳にしたんですけど、GMOフリーってなんですか?
猫田

キャットフード業界でも猫の健康を考えてグレインフリーやグルテンフリーなど様々な「フリー」が登場していきています。

では今回はキャットフードのGMOフリーについて見ていきたいと思います。

GMOフリーとは

GMOとは

GMOとは遺伝子組換えが行われた作物のことで「Genetically Modified Organism」の頭文字をとった言葉です。

  • Genetically=遺伝的に
  • Modified=変更された
  • Organism=生体

ワード毎の意味を見るとこのようになります。

GMOフリーとは

つまりGMOフリーというのは、遺伝子組換えの作物(GMO)が使われていない(FREE、不使用)ということです。

GMOフリーのキャットフードでは遺伝子組換えがされていない原材料を使って製造されているということになります。

遺伝子組換えとは

他の種の遺伝子と結合

遺伝子組換えとは遺伝子操作とも良い、意図的に生物の遺伝子(DNA)を他の遺伝子と組み換えて新しい遺伝子をつくるなど操作することを言います。

作物などによく用いられ、品種開発するときには遺伝子組換えが用いられ新しい作物や品種が生まれます。

メリットを生むために行われる

遺伝子組換えというとあまり良くは聞こえませんが、遺伝子組換えは消費者や生産者にとってのメリットを生むために行われています。

遺伝子組換えによって得られるメリットは、

  • 身を豊かに大きくする
  • 害虫からの抵抗力を持つ
  • 病気にかかりにくくする

などがあります。遺伝子組換えによって効率よく収穫できる丈夫な作物が開発されたため、最小限の農薬で安定した量の作物を手に入れることができます。

GMOフリーのキャットフードのメリット

アレルゲンのリスクが低い

GMOフリー(遺伝子組換え作物が不使用)のキャットフードは、猫が起こしやすいアレルギー対策になります

作物に含まれるタンパク質の構造も変えてしまう遺伝子組換えの作物は、猫が食べた時にアレルギー反応を起こすことがあります。

遺伝子組換えがされていない原材料を使用したGMOフリーのキャットフードは、GMOが含まれているキャットフードに比べるとアレルゲンが含まれている可能性が低くなります。

遺伝子組換えを危険視する声

GMOフリーのキャットフードは、危険視される遺伝子組換えされた原材料が不使用なため、安心して猫に与えられるメリットがあります。

遺伝子組換えは国でも認められているためすぐに体に悪影響が出たり目立った症状が出るわけではありません。ただし遺伝子組換えをした食品を危険視する声も少なくありません。

まだ認められていないだけでこれから遺伝子組換えされた作物に問題が出る可能性も0ではないということで、体が小さく食べ物にも影響されやすい猫にはGMOフリーのキャットフードを重視して考える飼い主さんもいます。

GMOフリーキャットフードまとめ

猫田
以上今回はGMOフリーのキャットフードについてまとめてみました。いかがでしたでしょうか。
鈴木さん

GMOってそういう意味だったんですね。遺伝子組換えは確かに気になるところですね。

ちなみにGMOフリーのキャットフードってどんな物があるんですか?

猫田
たとえば「ファルミーナ(Farmina)」、シシアなどを見るとGMOフリーですよ。
鈴木さん
そうなんですね!さっそくチェックしてみます!