キャットフードの正規品と並行輸入品の違いは?正規品購入がおすすめの理由

キャットフードの正規品と並行輸入品

海外のキャットフード

海外のメーカーから輸入して販売されるキャットフードには、

  • 正規品
  • 並行輸入品

の2種類があります。

正規品のキャットフード

正規品のキャットフードとは、海外から正規輸入で国内に運ばれてきたキャットフードを言います。

正規輸入とは日本の輸入代理店が海外メーカーと契約を結び、正式のルートを通した輸入です。

流れとしては、海外メーカーから日本の正規輸入代理店が国内に輸入をし、代理店を通して小売りにあたる店頭、またはネットで直接販売されるというルートになります。

並行輸入品とは

対して並行輸入品のキャットフードは上で説明した正規ルートを通らず輸入され販売されるキャットフードを指します。

並行輸入品の場合、海外メーカーと正式な契約を結んでいないので、現地(販売されている国)で販売されているキャットフードを並行輸入業者や個人が購入して日本に送り、国内で販売するというような流れになります。

並行輸入のキャットフードのメリット

正規品よりも安く手に入る

並行輸入品は正規品より安く購入できるメリットがあります。

正規輸入で販売されているキャットフードは、海外メーカーから販売する際の定価、最低いくらで売らなければならない、という決まりを設けられています。

そのため海外メーカーから指定された定価以下の値段で売ることができません。

対して並行輸入で販売されているキャットフードは海外メーカーからの干渉を受けないころから販売価格を自由に設定できるため、正規品よりも安く販売できます。

日本で販売のないキャットフードを買える

また並行輸入のキャットフードの場合、海外でしか販売されていないキャットフードも購入できます。

日本の輸入代理店と契約していない海外のキャットフードの場合、並行輸入でしかこのキャットフードを購入することはできません。

並行輸入品のデメリット

猫田
キャットフード自体が同じ商品であるなら、正直安く買える並行輸入品の方が魅力的に見えるかもしれませんが、並行輸入品のキャットフードにはこんなデメリットがあります。

トラブルに対応してもらいにくい

並行輸入のキャットフードは正規ルートで輸入されていないため、何らかのトラブルが起こった時に対応を受けられない可能性があります。

日本語の説明がない

また並行輸入のキャットフードは取扱説明書や詳細が記載されている部分が日本語になっていないことがあります。

そのため猫への給与方法が外国語でなんて書いているのかわからないなんてことも。英語ならまだ良いですが、まったく販売されている場所によってはまったくわからない言語ということもあります。

正規品に比べて注意が必要

正規品のキャットフードは海外メーカーから直接正規ルートを通って輸入されているため安全と言えます。

並行輸入は並行輸入を行っている業者や個人がどのくらい信用できるかが重要になってきます。

確認できるなら並行輸入業者の実績や評判、口コミなどを調べてから購入した方がいいでしょう。

高くても正規品のキャットフードがおすすめ

猫田
以上、キャットフードの正規品と並行輸入品についてお話してきました。
鈴木さん
並行輸入品は安い分、注意が必要だったりリスクがあることがわかりました。
猫田
はい、特にキャットフードは猫が毎日食べるものですから、少し高くなったとしても、よく分からない業者からよりは正規ルートから購入するのがおすすめです。