猫が飼えるペット可の賃貸の探し方と退去時の修繕費用

鈴木さん
今度引っ越しをすることになった猫友がいるのですが、ペット可の物件ってあまりないですよね。どのように探すとよいのでしょうか。
猫田
猫を飼える物件は確かに少ないですね。では今回はペット不可な物件が多い理由と猫も変える賃貸の探し方についてご紹介したいと思います。

ペット不可な賃貸が多い理由

賃貸は他の人も使用する

賃貸の場合、自分だけがその部屋や家を使うわけではなく自分が退去した後は他の人が使用するので、ペット不可な物件が多いです。

購入したマンションや物件であれば自分が所有するため、賃貸よりもペット可な物件は増えます。しかし賃貸の場合はあくまで借りて住んでいるだけですので出ていく前提の契約になります。そのため大家さんやオーナーさんは後に使用する人や退去時の掃除や処理を考え、ペット不可または相談とする傾向にあります。

猫が不可な理由

ただペット相談の物件の中には猫は不可であるケースもあります。猫だけが不可になってしまう理由としては、

  • 爪とぎ
  • マーキングや粗相
  • 鳴き声
  • けもの臭 

などが挙げられます。猫は爪とぎやマーキング、粗相などをするため、壁や床が傷ついたり汚れてしまうことがあります。

また発情期の猫や意思表示のために大きな鳴き声をあげる猫もいるため、近隣の住民とのトラブルの原因に発展することも考えられます。

猫が飼えるペット可の賃貸を探す

ペット可、ペット相談可で検索

賃貸物件を検索できるサイトには、ペット可やペット相談可の項目にチェックを入れることで、ペット可の物件のみをピンポイントで探すことができる検索機能があるので、まずペット可の物件を探す際には、この方法で探してみると選択の幅は広くなるかと思います。

ペット可賃貸専門サイトが便利

猫やペットと暮らすために設計された間取りの物件や、より猫やペットが快適に過ごしやすい物件を検索したい、ペットと暮らす上で必要な情報がもっと欲しいとなった時に便利なのは、ペット可賃貸のみを扱った専門サイトです。

はじめからこちらで検索される方も多いかもしれません。このサイトで検索すれば、出てくるすべての物件がペット可の物件になりますし、ペットに関する情報も多く記載されていることが多いので、より選びやすくなるのではないかと思います。

一軒家も視野に入れるとよい

また探し方とは別の話になりますが、ペット可の部屋にこだわっていない方は、一軒家の賃貸も視野に入れて探すといいかもしれません。

一軒家の方が猫やペットを飼うには好都合ですし、ペット可でも意外に安く借りられる物件が多いです。

ペット可の賃貸を退去する時の費用

退去費用が高い

ペット可の賃貸は退去時に費用を多くとられることが多いので注意しましょう。ペットを飼っているとやはりどうしても汚れや傷、破損などは多くなります。

特に猫は狭いところにもどんどん入っていきますし、鋭い爪もフル活用していますから、気づかないうちに汚れや傷が増えていることもあります。そのため退去時は修繕費などの退去費用がどうしても高くなってしまいます。

退去時修繕費は3,000円~8万円

価格の幅としてはワンルームの場合、3,000~8万円程度となります。

もちろん猫がどの程度の傷や汚れをつけたか、また賃貸の壁や床の素材などによっても退去時修繕費用は大きく変動します。物件が広く大きくなって猫がその分広く傷や汚れをつけた場合、それよりさらに高くなる可能性はあります。

退去時にいきなりこの金額を支払うのは非常に痛い出費になると思いますので、退去は退去費用が高くなることを見越して、引越し費用に余裕を持ててから行うか、事前に修繕費の目安を聞いておくことをおすすめします。