キャットフードのクランベリー。栄養素と特徴、キナ酸による尿路結石への効果や働きとは?

クランベリー キャットフード
鈴木さん
クランベリーが配合されたキャットフードを見かけますが、猫にとってクランベリーってそんなに良いんですか?
猫田
クランベリーは猫がなりやすい尿路結石(ストルバイト結石)への効果が期待できるので、キャットフードでは特に注目されていますね。

キャットフードの原材料:クランベリー

クランベリーとは

クランベリーは、ベリー類の中でも特に酸味が強い果物です。赤く鮮やかな実が特徴で熟していくと深い赤に実の色が変化していきます。

実はそのまま食べると酸っぱいため、甘く煮てジャムやお菓子にしたり、砂糖などを加えてジュースに加工して使うことが多いです。

日本では「コケモモ」と言われる木の実で、北半球の寒い地域でよく見られます。

サプリメントにも利用される

キャットフードでもクランベリーが使われることは多いですが、犬や猫用のサプリメントにクランベリーが利用されることも多いです。

クランベリーの栄養素

タンパク質0.46g
脂質0.13g
食物繊維3.6g
灰分全体0.12g
カリウム80mg
ビタミンビタミンA38μg
ビタミンC14mg
ビタミンE1.32mg
ビタミンB60.057mg

クランベリーの栄養素として注目されているのは「キナ酸」です。このキナ酸は体内に入った時に「安息香酸」に変わる成分で、その効果や働きがキャットフードやサプリメントに配合するメリットになっています。

クランベリーを配合するメリット

ストルバイト結石や尿路の感染症予防

クランベリーを摂取することでストルバイト結石(尿路結石)や尿路の感染症の予防効果が期待できます。

クランベリーには「キナ酸」が多く含まれていますが、このキナ酸は「酸」と名前に入っているだけあり、尿を酸性に保つ働きがあります。

元々、猫の尿は弱酸性が正常です。酸性が強いと殺菌作用によって尿路系の感染症にかかりにくくなります。

また尿路に結晶がつくられる「ストルバイト結石」は猫の尿のpHがアルカリに傾いていることが原因です。

クランベリーを摂取することでキナ酸が体内で「安息香酸」に変わり、猫の尿のpHを酸性に保ち、結石症や尿路系の病気予防をすることができます。

クランベリーを配合するデメリット

アスピリンアレルギー

猫によってはクランベリーに含まれるアスピリンにアレルギー反応を示す場合があります。

数は多くありませんが、果物でもアレルギー反応を示すことがあるので、サプリメントなど与える際は始めは少なめに与えることを心がけるといいでしょう。

シュウ酸カルシウムの尿路結石はNG

尿路結石の中で数は少ないですが「シュウ酸カルシウム」の結石症になる猫もいます。

このシュウ酸カルシウム結石症は、尿のpHは酸性に傾き過ぎることで尿路に結晶ができてしまう病気です。

食事療法で溶かすことができるストルバイト結石とは異なり、一度結晶ができてしまうと手術しないと取り出せません。

そのためクランベリーの与えすぎて尿pHを酸性に傾け過ぎるのもよくありません。

キャットフードのクランベリーまとめ

猫田
以上今回はキャットフードのクランベリーについてご紹介してきました。
鈴木さん
オスの猫がかかりやすい尿路結石の予防になるなんて注目の原材料ですね。
猫田

そうですね。ただあまり尿を酸性に傾けすぎると、手術でしか取り出せないシュウ酸カルシウムの結石症になってしまうので注意が必要です。

どれもそうですが、ほどほどが一番です。

鈴木さん
キャットフードにクランベリーが配合されている場合、pHは調整されているかと思いますが、配合量が多い場合には、メーカーに直接問い合わせてみた方がいいですかね。
猫田
クラベンリーが配合されているキャットフードのほとんどは、そこまで大きな影響を与えるほど配合量は多くありません。そこまで心配する必要はありませんが鈴木さんの言うとおり原材料で多く使用されている場合には、給餌量など直接聞いた方が安心かもしれませんね。