キャットフードのホウレン草。栄養素と特徴、シュウ酸による尿路結石のリスクは?

ほうれんそう ホウレン草 キャットフード
鈴木さん
猫にホウレン草はダメと聞きますが、キャットフードにホウレン草が入っていることもありますよね。
猫田

そうですね。野菜やフルーツにはよく「与えてはいけない」ものがありますが、実際はその食材の特定の成分であることがほとんどです。ホウレン草にも猫にとって有害物質が含まれています。

ただ有害物質を除く加工や調理がされていれば猫も食べることができます。

キャットフードの原材料:ホウレン草

ホウレン草とは

おひたしやソテーなどの料理でよく見られるホウレン草。緑黄色野菜の一つで素材の味が強く、ビタミンやミネラルが豊富です。

キャットフードにも使われることはありますが、他の野菜に比べて、そこまでメジャーに使われている原材料というわけではありません。

ホウレン草入りのキャットフードを考える上で気になる有害物質「シュウ酸」についても下で解説しています。

ホウレン草の栄養素

成分分析値表

タンパク質2.2g
脂質0.4g
食物繊維2.8g
灰分(ミネラル)16mg
カリウム690mg
カルシウム49mg
マグネシウム69mg
2mg
亜鉛0.7mg
0.11mg
マンガン0.32mg
セレン3μg
モリブデン5μg
ビタミンビタミンA350μg
ビタミンE2.1mg
ビタミンK270μg
ビタミンB10.11mg
ビタミンB20.2mg
ビタミンB60.14mg
葉酸210μg
ビタミンC35mg
カロリー100g54kcal

ホウレン草といえば、鉄分!というイメージが強いかもしれませんが、ホウレン草には他のビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

特にビタミンA、ビタミンK、葉酸、シュウ酸が多く含まれているので、栄養や体への影響について触れたいと思います。

ビタミン

ホウレン草にはビタミンA(βカロテン)、ビタミンK、ビタミンEなどが豊富に含まれています。ホウレン草に含まれるビタミンKは熱に対しても強いため、ドライタイプのキャットフードでも壊れずに摂取されやすいです。

またビタミンB群の一つ、葉酸もホウレン草には特に多く含まれています。葉酸には赤血球の生産を助け、細胞を増やしたり再生を助けたりもする働きがあります。

ホウレン草に含まれるシュウ酸の尿路結石の心配

ホウレン草のシュウ酸

ホウレン草には様々な栄養素が含まれている一方「シュウ酸」という猫の尿路結石を引き起こす有害な物質も含まれています。

シュウ酸は水に溶けやすい性質があるため、茹でた後しっかり水でさらすなどすれば、猫も食べることができます。

このようにホウレン草のシュウ酸は簡単に取り除くことができるため、キャットフードに使用する場合にも、基本的にシュウ酸が含まれないよう製造されるかと思います。

ただ万が一を考えて、購入前にサイトで調べる、またはメーカーや販売店にホウレン草によるシュウ酸の心配はないかと直接問い合わせて確認するのが無難かと思います。

ホウレン草を使用したキャットフード例

ネスレ ツナのホウレン草添え

created by Rinker
ノーブランド品
¥3,313 (2019/09/13 19:18:25時点 Amazon調べ-詳細)

ネスレ フィリックス 我慢できない隠し味ゼリー 味&ほうれん草味

モンプチ ツナのグリル ホウレン草入り

created by Rinker
モンプチ
¥1,392 (2019/09/12 22:11:30時点 Amazon調べ-詳細)

ネイチャーズロジック チキンディナー

created by Rinker
ネイチャーズロジック
¥2,138 (2019/09/12 22:11:31時点 Amazon調べ-詳細)

キャットフードのホウレン草まとめ

鈴木さん
ビタミンA、ビタミンK、ビタミンB群などが豊富なホウレン草。鉄分のイメージが強かったですが、ホウレン草はビタミンも豊富だったんですね。
猫田

はい、ビタミンは生物の体で他のビタミンと作用し合って体の正常な機能を保ってくれるので、栄養添加物だけに頼らず、原材料からも摂取したいところです。

シュウ酸の注意点はあるので、キャットフードにはホウレン草が入っているものがいいと言い切ることはできませんが、きちんとシュウ酸が除去されたキャットフードは安心して与えて大丈夫だと思います。 

野菜 キャットフード

キャットフードの野菜一覧。代表的な野菜の栄養と特徴を解説!

2019年8月28日