キャットフードのトマト。リコピンの効果や作用、猫に有害なトマチンの心配は?

キャットフード トマト

キャットフードの原材料:トマト

野菜といえば、真っ先に思いつくトマト。そのまま生の状態から、ケチャップやソース、カレー、パスタ、スープなど、幅広く利用される万能な野菜です。

キャットフードでも、トマトが使われていることは割とありますが、肉や魚などを抑えてメイン食材として使われることはほとんどありません。

トマトの栄養素とメリット

トマトの成分分析表

トマト(生)の栄養成分  
水分94%
脂質0.1%
炭水化物総量4.7%
食物繊維1.0%
灰分(ミネラル)総量0.5%
ビタミンビタミンA74.25μg
ビタミンE1.49mg
ビタミンC24.75mg
カロリー100g19kcal

トマトは生の状態では94%が水分で、4.7%が炭水化物です。

ドライフードで使用されるトマトは乾燥させたトマトになるので、上記の数値はあくまで他の野菜との比較として参考にしていただけたらと思います。

ビタミンCが豊富

トマトにはビタミンCが豊富に含まれています。猫や犬は人と違ってビタミンCを体の中で合成することができます。

そのため猫にとって、キャットフードにビタミンCは必須というわけではありません。

ですがビタミンCには抗酸化作用や免疫機能を高めたり、カルシウムの吸収と代謝に関与するなどの効果があります。

またビタミンCは水溶性ビタミンの一つなので、多く摂り過ぎても問題のないビタミンです。

リコピンの効果といつかいに注目

トマトで最も注目されている成分が「リコピン」です。リコピンの色素によって、トマトは濃く鮮やかな赤い色をしています。

リコピンはカロテンの一種なので、トマトも緑黄色野菜に分類されますが、猫はカロテンをビタミンAとして利用できないため、ほぼ意味はありません。

ただリコピンには強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、簡単にいえば「癌や老化の原因になる活性酸素を消す作用」のことで、有効なデータがあるわけではありませんが、この作用により、リコピンは細胞の老化やガンの予防効果が期待されています。

またリコピンの良いところは、熱や乾燥にも強く、油に溶けやすい性質を持っています。そのためドライタイプのキャットフードにトマトを配合しても、リコピンは壊れず栄養素として摂取することができます。

トマトに含まれる有害物質「トマチン」の心配

毒性があるトマチン

トマトの青い果実や茎・ヘタの部分に含まれている「トマチン」は、毒性がある物質で、ジャガイモのソラニンに似た構造をしています。

猫がトマチンを摂取すると、下痢や嘔吐などの症状を引き起こすため、トマチンが含まれる青いトマトやトマト自体を大量に与えることはNGと言われています。

ただキャットフードにトマトが配合される場合でも、大量に使用されること自体少ないため、問題になることはほとんどないかと思います。

トマトを使用したキャットフード例

カントリーロード

トマトのリコピンを押し出しているキャットフードとして注目なのがカントリーロードのウェットフードです。

ウェットフードなので、病気の猫にも与えやすく、また肉の種類もホース(馬)など珍しい食材を使っていたりと注目のキャットフードです。

原材料の生産国を細かく公開したりといったフードへのこだわりも感じられます。

ロニーキャットフード

キャットフードの総合ランキングでも1位に輝くロニーキャットフード。41種類の素材を使用しているとあるだけあり、トマトもしっかり配合されていました。

トマトは少量の配合なので、そこまで大きな効果は期待できませんが、様々な野菜がバランス良く配合されているので、トマト配合のキャットフードの中でもおすすめのキャットフードと言えます。

アボ・ダーム

アボカドを配合しているアボ・ダームのキャットフード。乾燥トマトも使用されています。

野菜の配合が多い印象のアボ・ダームはアボカドの心配を除けばおすすめのキャットフードです。

モンプチ

国内メーカーが販売するウェットフードのシリーズ「モンプチ」。

チキンやツナなどメインのウェットフードにトマトが入っています。トッピングやおやつとして摂取させやすいと口コミでも見られました。

ただ増粘剤や小麦グルテン、大豆、着色料など、他の原材料で心配が見られるので、当サイトとしてはあまりおすすめのキャットフードとは言えません。

キャットフードのトマトまとめ

猫田

他にもトマトが入ったキャットフードはありましたが、とりあえずこのくらいにしておきましょう。

今回はキャットフードに使われることがあるトマトについて、有害物質や栄養素による働きや効果をご紹介してきました。

鈴木さん
トマトにはビタミンCやリコピンが豊富なんですね。リコピンは食品でも注目されている成分ですし、これから研究が進んだら、さらにトマトの効果が分かってくるかもしれませんね。