キャットフードの野菜一覧。代表的な野菜の栄養と特徴を解説!

野菜 キャットフード
猫田
キャットフードには野菜も含まれていますが、実は、穀物以外の食用植物はすべて野菜に分類されるんですよ。
鈴木さん
そうなんですか…!私たちにとっても身近な食材だったのに知りませんでした。
猫田
野菜は広い意味を持っていますが、とりあえずここではキャットフードに使われている一般的な野菜をいくつか見ていきたいと思います。

キャットフードの原材料:野菜類

キャットフードの野菜

キャットフードには、ニンジンやトマト、ジャガイモなど私たちの食卓にもよく登場する野菜が含まれています。

ただ野菜なのか、ハーブなのか、果物なのかという違いは明確にはないため、ものによっては、違う種類の食材として分類されることも。

キャットフードで使われることがある野菜の種類

  • 根菜
    …ニンジン、ゴボウ、カブ、レンコン、サツマイモ、ジャガイモ等
  • 葉菜
    …ホウレン草、キャベツ、チンゲンサイ、シソ(香辛野菜)、白菜等
  • 果菜
    …トマト、カボチャ、ピーマン、サヤエンドウ、豆類、果物類等
  • 花菜
    …ブロッコリー、カリフラワー等

野菜はざっと上記のように分けられます。

キャットフードに使われる代表的な野菜

上記の中で特筆すべき野菜について詳しくご紹介したいと思います。

ジャガイモ(根菜)

ジャガイモ(ポテト)は、野菜の中で最もキャットフードに使用されることがあるものの一つです。

穀物が不使用になったグレインフリーキャットフードでは、穀物の代わりにジャガイモが炭水化物(糖質や食物繊維)などの栄養素を補います。

ポテト じゃがいも キャットフード

キャットフードのポテト(じゃがいも)の栄養素と成分の特徴、効果、キャットフード例を紹介。

2019年6月18日

サツマイモ(根菜)

サツマイモ(スイートポテト)は、ジャガイモと同様、炭水化物が豊富なのでキャットフードにも多めに配合される傾向があります。

サツマイモは糖質自体はジャガイモより多いですが、血糖値が上がりにくい低GI食材なので、肥満や糖尿病の猫にもおすすめされる食材の一つとなっています。

キャットフードのサツマイモの栄養素と成分の特徴、じゃがいもや穀物との違いを解説

2018年7月4日

ニンジン(根菜)

ニンジンはβカロテンなどのビタミンAやカリウムが豊富な野菜です。猫の腸内を整え便を促すためにも必要な食物繊維も豊富に含まれています。

キャットフードではニンジンが配合されているキャットフードは他の野菜や食材も豊富に使用されている印象です。

ニンジン キャットフード

キャットフードのニンジン。β-カロテンをビタミンAに活用できない猫には意味が無い?

2019年9月11日

ホウレン草(葉菜)

鉄分が豊富なホウレン草。しかし実際は鉄分だけでなく、食物繊維・ビタミン・ミネラルのほぼすべてが豊富と言えるほど、高栄養な食材となっています。

ただホウレン草をそのまま生で与えるのはNGです。尿路結石の原因となるシュウ酸が含まれているため、あまりイメージがよくないのか、ホウレン草を押しているキャットフードメーカーも少ないように思います。

キャットフードに使用される場合、基本的にシュウ酸は除去されて製造されますが、万が一を考えると一度メーカーへ問い合わせた方がいいかもしれません。

メーカーが海外の場合はレビューや口コミを参考に見るといいでしょう。

ほうれんそう ホウレン草 キャットフード

キャットフードのホウレン草。栄養素と特徴、シュウ酸による尿路結石のリスクは?

2019年8月30日

トマト(果菜)

トマトもまたキャットフードに配合される野菜としてはメジャーな食べ物です。

有名なところでいくと、トマトはリコピンが豊富に含まれています。リコピンには肥満防止、動脈硬化の予防、抗酸化作用などが注目されており、猫にとってもリコピンは有害ではありません。

ただしトマトも食材そのものを生で与える場合には注意が必要な食材。トマトの葉には「トマチン」という猫にとって有害物質が含まれています。青みのある身にも含まれることがあるので、生のトマトを与えるのはやめましょう。

キャットフード トマト

キャットフードのトマト。リコピンの効果や作用、猫に有害なトマチンの心配は?

2019年9月2日

キャットフードの野菜類まとめ

猫田

以上キャットフードの野菜についてまとめてきましたが、栄養素は野菜によってかなり違ってきますので、興味がある方はぜひ食材ごとにみていただけたらと思います!

※食材ごとの記事は随時更新予定です!

鈴木さん
キャットフードの他の原材料についても気になる方は下の記事をご覧ください。