タイ産キャットフードの特徴と傾向、ウェットタイプのツナ系フードの輸出が多い

タイ キャットフード

タイ(thailand)について

食品生産業が盛んなタイ

タイ 

タイ王国(thailand)は日本の南西、東南アジア中央に位置する国です。国土は51万3120k㎡(日本のおよそ1.4倍)で首都はバンコク、人口は6,891万人(日本のおよそ半分強)、人口の9割が仏教徒です。

タイといえば、タイ象やトムヤムクン、タイ式マッサージ、LGBT先進国など様々なイメージが思い浮かびますが、タイは「世界の台所」と言われるほど有数の食品生産国で、タイ国内だけで約7,000の食品製造会社があります。

現在の食品輸出額は約1兆バーツ(2017年時点)にのぼり、タイに投資して食品を製造し、自国や他国に輸出している企業も多いです。

タイからの輸入が最大

ペットフードは食品加工に使われる以外の余った部分から生産されるので、タイはペットフード製造も盛んです。

日本がペットフードを輸入している国の中で、タイからの輸入量がトップということで、日本は特にタイ産のキャットフードが多く輸入販売されています。

キャットフード 輸入量出典:平成29年度ペットフード産業実態調査の結果

平成29年度のペットフード産業実態調査の結果では、日本がタイから輸入している猫用フードの輸入量は69,813トンと、2位のフランスや3位のアメリカを大きく引き離す結果となりました。

タイ産キャットフードと傾向

ツナ系の缶詰やパウチが多い

タイ キャットフード

タイでは、マグロやカツオなどツナ系のウェットタイプのキャットフードが多く製造されています。

特に日本では、ウェットフードを与える家庭が多いので販売されている種類も豊富で、マグロやカツオなどの魚系キャットフードが人気なので、タイが生産するキャットフードと、日本が求めるフードがぴったり合っているように思います。

タイ産のキャットフード

タイ産のキャットフードには下記のような商品があります。

  • カルカン(ウェット、ドライ)
  • シーバ(ウェット、ドライ)
  • モンプチ(ウェット)
  • ミャウミャウ(ウェット)
  • 金のだしカップ(ウェット)
  • アイシア 純缶(ウェット)

日本でも市販で販売される大手企業の商品も多いです。スーパーやホームセンターなどでもお馴染みのキャットフードですね。

タイ産のウェットフードが多い理由

小型マグロが多く獲れる

タイは「世界最大のツナ缶生産国」とも言われるほど小型マグロが多く獲れます。マグロの加工製造が盛んな国なので、ペットフードでもツナを使った缶詰めのウェットフードが多く製造されています。

食品と同じ環境で製造

また、タイでは食品であるツナ缶と同じ工場でペットフードの製造も行われているので、衛生面や安全性についても信頼できると言われています。

メーカーや企業に直接確認したわけではありませんので、確かな情報かは定かではありませんが、タイではツナ缶をつくる際に余った部分を工場内の別ラインに送られ、そのままペットフードとして加工されるそうです。

これが本当なら、確かに食品の基準をクリアした原材料と環境で製造されているということで、タイ産のキャットフードは食品レベルで安全性が高いと言えるかもしれません。

タイ産キャットフードが安い理由

人件費が安い

タイは人件費が安く、低コストでペットフードを生産することができます。月額賃金を日本とタイで比べてみるとおよそ4倍の違いがあるので、輸出入の税金や輸送費などを引いても日本で製造するより安く製造が可能になっています。

タイ キャットフード 賃金出典:アジア・オセアニア各国の賃金比較 (2019年5月)三菱UFJ銀行

横浜(日本)の月額賃金が2,834ドルに対して、バンコク(タイ)の月額賃金は413ドルです。

また、ツナなどタイで漁獲量が多い原材料を使い、食品と同じ工場で製造を行うならコストはさらに削減することができるでしょう。

ただ近年タイでの人件費問題により、タイの賃金が上昇していることから、今後タイ産のキャットフードの価格も高くなっていく可能性があります。

112種徹底比較!真のキャットフードランキング【おすすめ10選&口コミ】

2016年8月29日

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。