【まんが】キャットフードの目的。総合栄養食・一般食・間食・療法食どれを選ぶべき?

キャットフード 目的
キャットフード 目的

キャットフードの総合栄養食や一般食などの表記

目的とは

キャットフードの目的を見ることで、このフードはどのような場面で猫に与えるべきなのかを確認することができます。

キャットフードのパッケージには、下記のような記載があります。

  • 総合栄養食
  • 一般食(間食)
  • 療法食
  • その他目的食

ペットフードの目的はペット公正取引協議会の公正競争規約によって定められており、ほとんどのキャットフードには目的が表記しています。

総合栄養食

総合栄養食は猫の主食です

総合栄養食は「猫の普段の主食」として与えることを目的としてつくられたキャットフードです。

毎日の食事として与えるキャットフードを探しているなら「総合栄養食」と記載されているキャットフードを選びましょう。

総合栄養食とは、水と一緒に与えればそれだけで猫の健康を維持し暮らしていけるだけの栄養分を摂取できるキャットフードです。

反対に総合栄養食と書かれていないキャットフードは、それだけでは猫に必要な栄養が補いきれない、健康を損なう可能性があります。

猫の総合栄養食とは?特徴やメリット、他キャットフードとの違い

2018年11月7日

一般食(間食)

一般食はおかず、おやつです

一般食(間食)はおやつやご褒美、またコミュニケーション手段として与えることを目的につくられたキャットフードです。

猫に必要な栄養を満たし健康維持を目的とする総合栄養食に対し、一般食(間食)は猫の食事を楽しい時間にするなど猫の精神面や人生を彩る目的が大きいです。

我が家でも愛猫が少しお腹がすいたそぶりを見せたり元気がなくて食欲不振と感じた時に、こういった種類のキャットフードを利用してコミュニケーションを取るようにしています。

キャットフードの一般食とは?おかずの一般食の特徴と選び方

2019年1月21日

キャットフードのおやつ(間食)とは?猫のおやつの種類と与え方

2016年8月26日

療法食

療法食は病気の回復サポートをします

療法食とは猫の特定の病気や疾患、状態にある猫の栄養サポートを行う目的でつくられたキャットフードです。

療法食は病気の猫の主食として与えられます。そのため病気にかかった猫専用の総合栄養食とも言えます。

療法食は病気別に種類があります。猫が病気にかかった際に、それぞれ必要な栄養、反対に制限すべき成分や原材料が考慮されているため、病気回復のサポートや悪化を防ぐなどの食事管理ができます。

猫用の療法食とは?獣医師指導のもと利用する、病状に合わせて管理されたキャットフード

2016年11月29日

その他目的食

サプリメントなどがあります

その他目的食は上記で紹介した目的以外のフードが分類されます。特定の栄養成分の補給や嗜好増進を目的としており、サプリメントなどがこれにあたります。

猫のサプリメントはどんな病気のケアや効果が期待できるのか

2018年5月15日

キャットフードの目的まとめ

猫田

キャットフードの基本ということで、キャットフードの目的別の種類について解説しました。

猫にとって総合栄養食なのか、一般食なのか、療法食なのかはかなり重要なポイントで、猫の健康を考えるなら何よりまずはこの目的を確認してから選ばなくてはなりません。

鈴木さん

私たち人間もチョコレートやポテトチップスだけ食べ続けていたら、健康ではいられませんもんね。

愛猫にはきちん栄養バランスの整ったごはんを与えたいですが、その大前提はこの目的を見て確認しなければならないんですね。

投稿者プロフィール

【監修・執筆】鈴木利奈
【監修・執筆】鈴木利奈ペットフード販売士 / コスメコンシェルジュ
一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。

日本化粧品検定協会会員。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。