【おすすめ】子猫用ミルク(総合栄養食)!ミルクの種類と選び方、子猫に与えたいミルクを紹介

子猫 ミルク おすすめ

子猫がミルクを飲むのは生後1ヶ月くらいまで

母乳代わりに与える

猫田
基本的にミルクは生まれてすぐの生後0~1ヶ月の子猫に母乳代わりとして与えます母猫が母乳を与えている場合は必要ありませんが、母猫がいない場合や子猫が母乳を吸えていない場合は、子猫にとって子猫用ミルクが唯一の栄養摂取源です。
鈴木さん
私は基本的に子猫はドライフードに移行してから譲り受けることが多かったので、ミルク与えたことなかったです。
猫田

そうですね。また2019年6月に改正動物愛護法が成立により、ペットショップなどでの犬や猫の販売は生後56日(8週間)まで禁止になったので、さらに生後0~1ヶ月の子猫を育てる機会は少なくなるかと思います。 

離乳食の練習や栄養補完にも利用

猫田

ただミルクは生後1ヶ月を過ぎてある程度大きくなってから利用されることもあります。

たとえば、ミルクの次の段階にあたる離乳食では、離乳食に口をつけない子猫に対してこれまで飲んでいたミルクを混ぜて慣れさせることもあります。

鈴木さん
確かにドライフードの食いつきが悪い時に、食いつきをよくするためにミルクをかけたり、ミルクでふやかして与えている人がいました!
猫田
このため大人の猫もミルクを利用する機会はあるかもしれません。

猫用ミルクの種類

液体ミルクと粉ミルク

  • 液体ミルク…見た目牛乳パック。量も量る必要がない。総合栄養食は少ない
  • 粉ミルク…粉なのでしばらくもつ。コスパが良く総合栄養食の種類が多い
猫田
猫用ミルクは割と様々な種類が販売されていますが、液体ミルクと粉ミルクで販売されているものの2種類があります。
鈴木さん
それぞれどんなメリットとデメリットがありますか?
猫田

液体の方が価格は高めになっていることが多いですが、濃さの調整が必要なく手間もないので、与えやすさで言えばすでに液体になっているミルクかもしれません。

ただ総合栄養食は粉ミルクの方が多いです(液体の多くは栄養補完食)。ぬるめのお湯で溶くので湯量の調整が必要ですが、一袋で長期間もつコスパの良さがあります。

子猫用ミルクを選ぶ時の注意点

猫田
またミルクはすべて子猫が対象になっているとは限りません。子猫用もしくは全年齢対応が多いですが、中には「離乳前の幼猫には与えないでください」と注意書きがある商品もあるので、一応確認はしておきましょう。
鈴木さん
シニア猫を対象にしたミルクもありますよね。
猫田
子猫時代に必要な栄養と、それ以外のライフステージで必要な栄養は変わってくるので、ここは間違えないよう注意したいですね。

【おすすめ】子猫に選びたい猫用ミルク

カントリーロード キトンミルク

created by Rinker
カントリーロード
¥1,540 (2020/01/23 12:30:24時点 Amazon調べ-詳細)
内容量130g
価格1,540円
主な原材料ミルクカゼイン、ミルクホエイ、スキムミルク、ラード、パーム油、卵黄、牛初乳、豚マローエキス、魚油、レシチン
たんぱく質37%以上
原産国日本
おすすめポイント
  • 子猫用総合栄養食(オールステージに対応)
  • 母乳の代用や感染症に負けない体作りを目指して開発
  • 合成添加物や気になる原材料が含まれていない
  • 原材料の原産国をすべて記載している
猫田
カントリーロードが販売するキトンミルクは、毎日の食事として与えられる子猫用の総合栄養食ミルクです。キトン用ではありますが、全年齢対応でもあるので大人になってからも与えられます。
鈴木さん
カントリーロードは、ドライフードやウェットフードなども販売している日本のメーカーですよね。使用されている原材料の原産国がすべて公式サイトから確認できるので、原材料の安全性にも期待できそうですね。
猫田
ドライフードはアメリカや海外でつくっているようです。ミルクは日本で製造しているようですね。
鈴木さん
カントリーロードはなぜおすすめの猫用ミルクに選んだんですか?
猫田

カントリーロードのキトンミルクは、猫の母乳に関する研究データに基づき、母乳の代用や子猫の栄養補助、感染症に負けない体作りを目指し開発されています

ミルクカゼインを始め、牛初乳(栄養価が高く乳糖が少ない)豚マローエキス(豚の脊髄のコラーゲン)など珍しい原材料も使用していますが、合成添加物や気になる原材料は使用されていません。

森乳サンワールド ワンラック・キャットミルク

created by Rinker
¥1,993 (2020/01/23 12:30:24時点 楽天市場調べ-詳細)
内容量50g・270g
価格1,500円前後(270g)
主な原材料乳たん白質、動物性脂肪、脱脂粉乳、植物性油脂
たんぱく質38%以上
原産国日本
おすすめポイント
  • 定番で実績もある
  • コスパがいい
  • 乳糖の量を調整
猫田
子猫用ミルクとして定番。森乳サンワールド発売のワンラックキャットミルクです。粉末タイプで価格も高くないので270gを購入する方が多いように思います。
鈴木さん
森乳サンワールドって森永乳業ですよね…?
猫田

そうですね。森永乳業グループのペット関連の事業を行っているのが森乳サンワールドになります。幼猫用の総合栄養食(特殊調製粉乳)で乳糖を調整してあるので、胃腸が未発達の子猫にも優しいミルクとなっています。

森乳サンワールドのワンラックキャットミルクは、キャットミルクとしては定番で人気も高いので、これまでの実績やレビューなども多く見られるという点で、安心感もあるかと思います。

【その他】こんな猫用ミルクもあります

ロイヤルカナン FHN ベビーキャットミルク 300g

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥2,346 (2020/01/23 22:10:44時点 Amazon調べ-詳細)
内容量300g
価格1,700円前後(270g)
主な原材料ミルクプロテイン、動物性脂肪、乳清タンパク、大豆油、コプラ油、魚油(DHA源)、フラクトオリゴ糖、大豆レシチン
たんぱく質31.0%以上
原産国フランス
ポイント
  • 大手ペットフードメーカー
  • 認知度や信頼性が高い
  • 大豆レシチン
  • 合成酸化防止剤(BHA・没食酸プロピル)
鈴木さん
ロイヤルカナンといえば、キャットフードメーカーとしてトップを争う大手ですよね!
猫田

療法食や総合栄養食の種類も多いので、当然子猫用のミルクも販売しています。獣医師が多く在籍しており、メーカーとして信頼性も高いと思います。

ただアレルギーを引き起こしやすい大豆由来のレシチンや、合成酸化防止剤のBHAや没食酸プロピルが含まれているので、個人的にはあまりおすすめはしていません。 

総合栄養食ではない猫用ミルク

栄養補完に利用できる猫用ミルク
  • つくばキャットミルク業務用粉牛乳
  • ゴロにゃんオリジナル ヤギミルク
  • エスビラック リキッド猫用
猫田
これらは子猫の総合栄養食ではなく栄養補完に使えるミルクです。ごはん、主食として与えるものではないので注意しましょう。

【一覧】ありったけの猫用ミルク

猫用ミルク形状気になる原材料
森乳サンワールド ワンラック・キャットミルク動物性脂肪
ロイヤルカナン FHN ベビーキャットミルク大豆レシチン
BHA
没食子酸プロピル
ニチドウ
ベビーミルク
動物性油脂
森永サンワールド
ワンラックゴールデンキャットミルク
-
森永サンワールド
ワンラック プレミアムキャットミルク
-
Dr.PRO
ベビーミルク
-
カントリーロード
キトンミルク
-
つくばキャットミルク
業務用粉牛乳
-
キャティーマン
ねこちゃんの国産牛乳
液体亜硫酸塩
ドギーマン
ねこちゃんの国産牛乳
液体亜硫酸塩
エスビラック
リキッド猫用
液体
(缶)
レシチン
カラギーナン(増粘安定剤)
国産プレミア
やさしいミルク
液体コーンシロップ
乳化剤
クリニカル プロ クリニカル
キャット ミルク
酸化防止剤(BHT)
乳化剤
ミオ
子猫のミルク
大豆たんぱく
乳化剤