三毛猫の性格とオスの希少価値!招き猫のモデルになった伝説

三毛猫とは

三毛猫の定義

三毛猫とは、体毛が3色になっている猫を言います。名前の通りつの色のを持つですね。

勘違いされやすい点としては、三毛猫はあくまで呼ばれ方の一つとしてあるだけで、メインクーンやロシアンブルー、ジャパニーズボブテイルなどのように「猫種」として登録されているわけではありません。

そのため日本猫でなくとも、メインクーンやアメショーが3色の体毛だったら三毛猫と呼べるのです。

三毛猫の種類

三毛猫の模様や色は1種類というわけではありません。

黒・茶・白の3色が散りばめられている三毛猫が一般的ですが、他にも、

  • キジ三毛(グレー・薄茶・白)
  • 縞三毛(3色で縞模様がある)
このような種類があります。3色ではありますが、色が少し違ったり、縞模様が入っていたりで、キジ三毛や縞三毛と呼ばれることもあります。

三毛猫の性格

三毛猫の性格
  • 頭が良く賢い
  • ツンデレで気分屋
  • 気が強い(時にキツめ)
  • 人見知りで警戒心が強い
  • 家族には甘えん坊
三毛猫の性格は、まさに猫らしい性格と言えると思います。気まぐれで気分屋。すぐに心を許してくれないけど、家族や信頼している人には思いっきり甘えてくる。

自分の意思を通すための我の強さ、ツンデレ、賢く利口であるところなど、日本人が抱く猫へのイメージを詰め込んだような性格なのではないでしょうか。

三毛猫が多いのはやはり日本

日本の三毛猫率は高い

三毛猫といえば、なんとなく日本の猫っぽいイメージがあると思いますが、実際その通りで、海外と比べると日本には三毛猫が沢山います。

日本では飼い猫・野良猫に関わらず見かけることはありますが、海外、特に欧米では三毛猫を見かけることは少ないです。

海外で三毛猫が珍しい理由

三毛猫が日本に多く欧米に少ない理由としては、三毛の色の一つである「茶色・オレンジ」の毛色を持つ猫が、欧米には少ないからだと言われています。

反対に日本には茶色、明るいオレンジ系の毛色の猫が多いため、三毛猫が生まれる確率が高いというわけです。

海外でも人気の三毛猫

三毛猫は海外でも人気です。日本の代表猫種である「ジャパニーズボブテイル」もまた人気ですが、その中でも三毛猫はさらに人気で、わざわざ三毛猫を飼いたいと希望して飼う方もいます。

日本が好きな方や、日本猫を飼いたいという人は、特に三毛猫を飼いたがる人が多いかもしれません。

三毛猫のオスは希少価値が高い

ほとんどの三毛猫はメス

三毛猫自体、国外では珍しいと言われていますが、その中でもオスの三毛猫は、非常に数が少なく希少価値がとてつもなく高いです。

そのため、オスの三毛猫が売られる場合、その価格は数千万円と非常に高価格になります。ある三毛猫のオスはなんと3,000万円で買われたそうです。

三毛猫のオスが生まれる確率

三毛猫のオスが非常に高価な理由は、生まれる確率が3万分の1と、とてつもなく低いからです。

3万匹に1匹しかいない猫と考えると、その珍しさは他の種類や特徴に比べても軍を抜いていると言えると思います。ペット業界で働く人でも、三毛猫のオスはそうそう見られないと言います。

オス猫は黒 × 茶色が珍しい

三毛猫のオスが生まれない理由として、ほとんどのオス猫は「黒×茶」の色の組み合わせを体毛に持ち合わせることができないからです。

そのため同じ「黒×茶」の組み合わせであるトーティもまたメスがほとんどで、オスは非常にレアなため希少価値が高くなっています。

三毛猫は招き猫のモデル

商売繁盛&金運アップ

三毛猫といえば「招き猫」のモデルにもなるほど縁起の良い猫として知られています。

商売が繁盛する、金運がアップするなどのジンクスを持っており、幸運を運ぶとまで言われるほどイメージの良い猫です。

三毛猫が招き猫のモデルになった理由

招き猫は黒猫や白猫など三毛猫以外にもモデルになっている猫がいるので、招き猫の由来も説はいくつもあるようです。その中で三毛猫が招き猫のモデルになった由来となる説があったのでご紹介します。

ある男が豪徳寺という寺の木の下で、雨宿りをしていました。雨が止むのを待っていると、遠くで1匹の三毛猫が手招きをしています。男は猫の方へ行くために木の下から出ました。

男が木から離れ、猫に近づくと、さっきまで雨宿りをしていた木にドーンと雷が落ちてきました。男は「あのまま木の下にいたら死ぬところだった」と、手招きをして自分の命を救ってくれた三毛猫に感謝し、豪徳寺に沢山の金や品物を寄付しました。

実はこの猫によって命を救われた男、井伊直孝という江戸時代の彦根藩主で大変な金持ちでした。

金持ちと見極めて命を救ったかどうかはわかりませんが、寺に金品の寄付までさせる力と権力を持った男を救ったのですから、まさに招き猫。招き猫の由来になったのも納得ですね。

三毛猫はキャラクターとしても人気

三毛猫は昔から小説やアニメ、マンガなどのキャラクターとしても登場しており、そのキャラクターもまた人気が高いです。

赤川二郎 三毛猫ホームズ

三毛猫に賢いイメージを印象付ける小説として有名なのが、赤川二郎の推理小説「三毛猫ホームズ」シリーズです。

40年以上前に始まったシリーズですが、三毛猫が主人公として活躍するストーリーは魅力的で、現在もその人気は高くファンもたくさんいます。

三毛猫まとめ

猫田
いかがでしたでしょうか。三毛猫について、性格や由来、オス猫の珍しさなどをご紹介しました。
鈴木さん
いままでなんとなくフワッと知っていたくらいだったのですが、こうやって詳しく知ると前よりも三毛猫に興味が湧いてきました。道ばたで三毛猫を見かけたら性別もつい確認してみたくなっちゃいますね(笑)
猫田
そうですね。しかしそんな高価なオスの三毛猫を狙う人もいます。自宅の三毛猫がオスだった場合、外には絶対に出さない方が良いですし、できるなら防犯対策もした方がいいかもしれません。
鈴木さん
なるほど…。確かに他の猫よりも犯罪に巻き込まれやすくなりますよね。三毛猫のオスを飼っている方は、連れ去られたりしないように気を付けてください!