キャットフードの寒天の目的とメリット、猫に寒天を与える時の注意点

鈴木さん
おやつやおかずを目的とした一般食や副食のキャットフードには寒天が含まれていることがありますよね。
猫田
寒天は人間のダイエットに使われることもありますが、猫のダイエットの目的にも使われたりしますよ。

キャットフードに含まれる寒天

セミウェットフードに多い

寒天は少量で水分を固めることができるため、ウェットフードやセミウェットフードに含まれていることが多いです。

特にセミウェットフードのように、柔らかい食感を保ちつつ適度な形を保つキャットフードの場合は、寒天が利用されやすいと思います。

寒天について

寒天とは

寒天は藻などから採れる粘液質の部分を凍らせ、乾燥させた物です。液体を固める時にゼラチン代わりに使われたりもします。

寒天の栄養成分

寒天のほとんどが食物繊維であり、ミネラルも多く含まれています。脂質やタンパク質はほとんど0と言えるほど含まれていないので、ヘルシー食材として利用されています。

キャットフードに含まれる寒天のメリット

便秘改善

キャットフードに含まれる寒天のメリットに便秘の改善などが挙げられます。

寒天に豊富に含まれる食物繊維は、腸の働きを活発にして便秘解消の効果があります。

毛玉ケア

また食物繊維によって腸の動きが活発になると、猫が毛繕いなどで飲み込んだ毛玉も便と一緒に排泄されやすくなるので、吐き出す毛玉の量や回数が減るなどの毛玉ケアの効果も期待できます。

ミネラル補給

また寒天は少ない量で多くのミネラルを含む食材です。ミネラルは体が正常に働く上で必要不可欠な成分なので、ミネラル不足の猫には寒天は良い食材だと言えると思います。

ダイエット

猫のダイエットにもカロリーが0の寒天が利用されることがあります。肥満対策キャットフードに寒天が入っていることもありますし、キャットフードに寒天を混ぜてかさ増しして摂取カロリーを調整する飼い主さんもいらっしゃいます。

寒天のデメリットと注意点

ただし寒天の与えすぎには注意してください。寒天はダイエットや便秘改善に効果的ですが、猫の負担にならないように与えることが最も大切です。

消化器官への負担

食物繊維は体の中で消化できない成分のため、猫にとっての栄養素にはなりません。そのため、ごはんの量を極端に減らし寒天がメインになると、猫は必要な栄養やエネルギーを摂取できないばかりか、消化器官に負担がかかり、お腹を壊してしまうこともあります。

ミネラルの過剰摂取

また寒天にはミネラルが多く含まれているため、与えすぎると猫の体内のミネラルのバランスが崩れてしまいます。猫の体内のミネラルバランスが崩れると、猫の尿のpH値が大きく傾き、病路結石症などを引き起こす可能性があります。