キャットフードのアボカド。栄養素や注意点、ペルシンによる中毒の危険は?

アボカド キャットフード
鈴木さん

今回はアボカドですか!お洒落なランチには必ずといっていいほど登場する食材ですね(偏見)。

あれ…?でもアボカドって猫が食べちゃいけない食べ物でしたよね。キャットフードに使っていいんですか?

猫田

アボカドを与えると中毒症状を引き起こす成分が入っているため、使用しているメーカーはほぼありませんが、「アボ・ダーム」では中毒性が引き起こされないよう製造して、アボカドを売りにしたキャットフードを販売しています。

アボカドは猫にとって有害ということばかりが強調されているので、ここではアボカドのリスクだけでなく、栄養素やメリットについてもお話していきたいと思います。

キャットフードの原材料:アボカド

キャットフードでは非常に珍しい食材

アボカドが使用されているキャットフードは非常に珍しく探してもほとんど見つけられません。

数々のキャットフードを見てきましたが、未だに「アボ・ダーム」以外でアボカドを使用したキャットフードは見つけられていません。

アボカドは中毒症状を引き起こす

というのもアボカドを猫に与えるとアボカドに含まれるペルシンという成分によって、胃腸への刺激・嘔吐・下痢・呼吸困難・うっ血・痙攣・昏睡状態などの中毒症状が引き起こされ、場合によっては死に至ることもあります。

そのためペルシンという成分を除けば問題ありませんが、アボカドは猫が食べてはいけない食べ物というマイナスイメージが大きい食材です。

このようなマイナスイメージのある食材からペルシンを除いてわざわざ販売するメーカーは少ないのではないかと推測します。

何故アボ・ダームで使用されているのか

以下で紹介しますが、アボカドには非常に豊富な栄養素が含まれており、これらは猫にとっても有益なものばかりです。

アボダームではアボカドに含まれるペルシンはいくつかの動物、鳥、ウサギ、馬、羊には有害であるが、犬と猫では今までに中毒になったという報告はないと公表しています。

アボダームは1982年にドッグフード、キャットフードが発売され、アボダームの顧客において30年以上に渡り問題が起こっておらず、安全である上に、肌や毛並みの健康に有益であるようです。

皮膚毛並みに効果的

アボダームが特に評価しているところは皮膚毛並みに十分な栄養を与えることができ、特定の栄養不足が関係する脱毛や薄毛、くすみ、乾燥肌、肥厚した肌、艶のない毛、感染症、臭気などにも効果的な栄養素が沢山含まれているということです。

アボカドとは

クスノキ科ワニナシ属の木の果実がアボカドです。英名ではavocadoで、日本語と同じです。

見た目は緑色、やや黒ずみがかっていて、収穫直後は硬い状態を保っています。常温で追熟すると柔らかくなってきて生で食べることができます。熟したバナナのようです。

この滑らかさとバターのような、ナッツのような香りを利用し、アボカドバターなどにも使われます。

生で食べられる性質からペースト状にしたものや、サラダなどにも積極的に利用され、わさび醤油で刺身でも食べられます。

アボカドの栄養素

成分分析表

アボカド(生)の栄養成分
タンパク質2.5g
脂質18.7g
炭水化物総量6.2g
食物繊維5.3g
ビタミンビタミンE3.3mg
ビタミンB60.32mg
葉酸84μg
パントテン酸1.65mg
ビタミンC15mg
ミネラルカリウム7mg
0.24mg
水分71.3g
カロリー100g187kcal

ですがアボカドは「森のバター」と呼ばれるくらい非常に栄養価の高い食べ物です。

高品質のタンパク質を持っていると言われています

18のアミノ酸を持ち、そのうち8個が完全なタンパク質になります。果物から取れるリッチなタンパク質は貴重なもののひとつです。

抗酸化物質が豊富

アボカドはビタミンとミネラルが豊富で抗酸化物質が豊富です。

脂質、オレイン酸(オメガ9脂肪酸)が豊富に含まれる

アボカドには100gあたり脂質が18.7gも含まれています。他の栄養素と比較しても最も多い割合となっています(水分を除く)。

またアボカドの脂質には、不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。特に注目したい脂肪酸がオレイン酸です。

オレイン酸は生活習慣病の予防効果が期待されている成分で、悪玉コレステロールだけを減らす作用があります。悪玉コレステロールは増えると血管の壁に脂質がたまって血栓をつくり、動脈硬化や心筋梗塞などの原因になります。

現代は猫の生活習慣病も増えてきているので、予防のためにもオレイン酸は効果的と言えます。

腸内を食物繊維が豊富

また、アボカドは6.2gの炭水化物のうち、5.3gを食物繊維が占めています。食物繊維は猫の腸内を刺激しながら掃除を行い、便通を促したり便の量を増やす作用があります。

ビタミンE、葉酸、パントテン酸が豊富

またビタミンの中でもビタミンE、葉酸、パントテン酸が豊富に含まれています。

ビタミンEには抗酸化作用、葉酸には赤血球の生産を助けたり代謝に関与する作用、パントテン酸には皮膚を正常に保ったり成長を促進する作用があります。

キャットフードのアボカドまとめ

猫田

キャットフードのアボカドについてまとめましたが、ペルシンという毒性については最近わかったそうです。

というのも人間は数百年前からアボカドを栽培して食べてきて問題がなかったからです。人間はアボカドを無毒化する酵素を持っているのかもしれませんね。

鈴木さん
そんな中でのアボ・ダームのアボカドをメインにしたキャットフードというのは、非常に興味深いですね。
猫田
そうですね。アボ・ダームでは「毒性のないアボカドの果肉部とオイルだけを使用している」そうで、「30年以上の販売実績の中でアボカド中毒の報告はない」と言い切っているので、安全性は確かなのかもしれません。

投稿者プロフィール

【監修・執筆】鈴木利奈
【監修・執筆】鈴木利奈ペットフード販売士 / コスメコンシェルジュ
一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。

日本化粧品検定協会会員。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。