キャットフードの大麦。栄養素と成分の特徴、小麦との違いやアレルギーの心配を解説

大麦 キャットフード

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/nextraight/catfood-study.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/nextraight/catfood-study.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489
鈴木さん
キャットフードの大麦…。正直、小麦と似たような感じではないのでしょうか?
猫田
小麦と大麦は名前が似ているため同じような物と思われることもありますが、原材料として栄養もアレルギーのリスクも、用途も変わってきますよ。

大麦と小麦の違い

ムギは外見が似ている穀物の総称

大麦と小麦は似た名前のため、同じような物?と考えられる方もいますが、ムギは「外見が似ている穀物の総称」であり、別物として認識されます。

海外では「麦」という単語はない

英語では日本語のような「ムギ」という単語や表現はなく、小麦は「wheat」、大麦は「barley」と全く別の単語で表現されています。

栄養価やアレルゲン、食品としての利用のされ方も違うので、キャットフードで原材料を考える際には混同しないようにしましょう。

キャットフードに使われる大麦について

食品における大麦

大麦は古くから栽培されてきた作物の一つで、米・小麦・トウモロコシの三大穀物に次いで、世界で4番目に多く生産されている穀物です。

生命力が強く、小麦の生産が難しい寒い地域や乾燥地域などでも栽培が可能な穀物です。

一見、小麦の方が馴染み深いと感じる方もいるかもしれませんが、実は大麦は、麦茶・麦ごはん・味噌・ビール・ウイスキー・焼酎など様々な食品に利用されている身近な食材です。

低~中価格帯のキャットフードの傾向

大麦が使用されているキャットフードをみてみると、低~中価格帯の傾向があるように思います。

激安フードとまでは行かないけれどプレミアムフードというほど高くはない位置づけのブランドという印象です。

ちょうど間をいく、価格と品質のバランスを考えた商品といった感じでしょうか。

大麦の栄養成分

押し麦の栄養素

栄養成分タンパク質6.2g
脂質1.3g
炭水化物77.8g
食物繊維9.6g
ビタミンビタミンB10.06mg
ビタミンB20.04mg
ナイアシン1.6mg
ビタミンB60.14mg
葉酸9μg
パントテン酸0.46mg
ビタミンE0.1mg
ミネラルマグネシウム25mg
リン110mg
1mg
亜鉛1.2mg
0.4mg
セレン1μg
モリブデン8μg
カロリー100g340kcal

タンパク質量は少ない

タンパク質量が多くなく、小麦に含まれる「グルテン(膨らむ作用をもつ)」も含まれていないので、アレルギー対策としてグルテンフリーの大麦をキャットフードに使用しているメーカーもあります。

炭水化物やモリブデン、銅が豊富

栄養素としては、穀物なので炭水化物、食物繊維は豊富に含まれています。

モリブデンや銅や豊富に含まれていますが、他の成分は飛び抜けて多く含まれているわけではありません。

大麦を使用したキャットフードのメリット

アレルギー対策

大麦はアレルギー対策のキャットフードに使用されることがあります。

小麦やトウモロコシのような高アレルゲンの原材料に比べて大麦はアレルギーのリスクが低いので、アレルギー療法食やアレルギー対策のキャットフードに使われることがあります。

満腹感と便通、毛玉ケア

また穀物である大麦は、猫の消化器官をゆっくり通り腸を掃除しながら排泄されるので、腹持ちがよく満腹感を感じやすい食材です。

また便通の改善や毛玉ケアのキャットフードにも利用されます。

コストを抑える

動物原料(肉や魚)に比べて低コストで生産できる大麦は、生産量も非常に多いためコストを抑えて安定的な供給が可能な原材料の一つです。

さらに、栽培環境も、寒い地域や乾燥地帯でも栽培できるので、災害にも強く供給不足が起こりにくいメリットがあります。

大麦を使用したキャットフードのデメリット

小麦の混入、交差反応による症状

メリットの項目で大麦はアレルゲンのリスクが少ないと言いましたが、大麦もアレルギーの注意は必要です。

大麦には生産、収穫などの過程で小麦が混入している可能性があるため、小麦アレルギーを持っている猫は注意が必要です。

また他の穀物にアレルギー症状が出ている場合、交差反応によって似た構造のタンパク質に反応し症状が現れるケースもあります。

そのため穀物にアレルギーが出てしまった猫には、グレインフリーのキャットフードがおすすめです。

摂り過ぎると消化器官に負担がかかる

大麦は猫が消化しにくい食材なので、消化器官をゆっくり通って腹持ちが良いなどのメリットがあります。

しかし摂取しすぎると猫の消化器官に負担がかかり、吐き戻しの原因や下痢、便秘の悪化につながることがあります。

大麦を使用したキャットフード例

ブルーバッファロー ライフプロティション

チキン&玄米レシピでは、チキンが最も多く含まれ、次いで玄米、大麦、エンドウタンパクが配合されています。

穀物は玄米、大麦の他にオートミール(燕麦)が含まれています。

アーテミス フレッシュミックス

created by Rinker
アーテミス (Artemis)
¥3,999 (2019/12/13 20:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

チキン、エンドウ豆に次いで配合されている大麦。米糠なども配合されています。魚肉も使用されています。

米糠には精製米には含まれないビタミンやミネラルが含まれています。

ロータス キャットフード

こちらも小麦やトウモロコシ、大豆などを不使用にしつつ、玄米や大麦などを使用しています。チキン、チキンミール、玄米、大麦という使用量になっています。

タンパク質量は35%と豊富です。

シシア ドライキャットフード

created by Rinker
シシア (Schesir)
¥756 (2019/12/13 09:27:32時点 Amazon調べ-詳細)

シシアはペットショップでもよく見られるメーカーの一つです。チキン、米について大麦が配合されています。動物性油脂やコーングルテンが気になるところです。

ソリッドゴールド キャットフード

created by Rinker
ソリッドゴールド
¥2,926 (2019/12/13 09:27:33時点 Amazon調べ-詳細)

ソリッドゴールドフントフラッケンはラムをメインに使用しているキャットフードで、玄米、大麦粉、雑穀、米糠、オートミールなど様々な穀物を使用していますが、小麦やトウモロコシは使用していません。

投稿者プロフィール

【監修・執筆】鈴木利奈
【監修・執筆】鈴木利奈ペットフード販売士 / コスメコンシェルジュ
一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。

日本化粧品検定協会会員。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。