老猫に必要な1日の摂取カロリーは?必要な摂取カロリーが少なくなるので給与量に注意

猫を飼っている方にとって、毎日与えるキャットフードの量が本当に適正な量なのかどうかということはとても気になりますよね。特に老猫の場合には、若い頃と比べ必要な摂取カロリーは少なくなるので注意が必要です。今回は老猫の摂取カロリーについて一緒に勉強していきましょう。

成猫に必要なカロリー

まずは以下の記事で一般的な成猫にとって必要なカロリーを確認してみてください。

キャットフード給与量とエネルギー要求量(必要カロリー)を求める計算方法。

2016年12月26日

老猫になると必要な摂取カロリーは少なくなる

7歳から8歳になってくると、見た目はそれほど変わっていなくても運動量が減り、内臓の機能も低下し始めます。そのため、若かった頃と同じ分量のキャットフードを与え続けると、摂取カロリーが多く肥満になってしまう恐れがあります。

特に老猫になると脳や神経の衰えから食事量を自分で加減することができなくなり、多く与えすぎると食べ過ぎてしまうこともあります。

成猫だった頃には体重1キロあたり60~70キロカロリー程度が必要と言われていますが、老猫になると1キロあたりのカロリーを若干減らしても問題ないとされています。

必要な摂取カロリーの計算方法は体重×60キロカロリー

老猫の一日に必要な摂取カロリーは体重×60キロカロリーを目安としておきましょう。5キロの猫には300キロカロリー、6キロの猫には360キロカロリーが目安です。キャットフードにはそれぞれ100グラム当たりのカロリーが表示されていますので、そこから一日に必要な分量を計算しましょう。

100グラム当たり375キロカロリーのキャットフードの場合には、1キロカロリーは100÷375でおよそ0.266グラムになります。体重が5キロの猫の場合、必要なカロリーは300キロカロリーですから、一日に与える分量は300×0.266で80グラムになります。6キロの猫には360×0.266で96グラムになります。

老猫へのキャットフードの与え方

老猫になると一日の食事回数はそれぞれ個体差はあるものの、1回から4回に分けてあげるのが理想的です。

回数については、1回の食事で食べるキャットフードの量が少ない猫には、その分だけ回数を増やしてあげましょう。その際には体重から計算した必要な摂取カロリーに合わせて食事回数と分量を調整し、キャットフードを与えすぎて肥満にならないようにすることが大切です。

また、特に15歳を超えるような老猫になると一日の中の食欲のムラが激しくなることもあります。そのような場合には毎日特定の時間を決めてキャットフードをあげるよりも、気が向いたときにいつでもキャットフードを食べられるように工夫してあげるとよいでしょう。

シニア猫におすすめのキャットフード5選!病気や好みを考慮した比較表

2019年4月15日

投稿者プロフィール

【監修・執筆】鈴木利奈
【監修・執筆】鈴木利奈ペットフード販売士 / コスメコンシェルジュ
一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。

日本化粧品検定協会会員。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。