キャットフードのオメガ9。働きと必要量は?悪玉コレステロールを減らし腸を活性化!

オメガ9脂肪酸 オレイン酸 キャットフード

キャットフードの成分:オメガ9(オレイン酸)

オメガ9脂肪酸とは

オメガ9(n-9系脂肪酸)は脂質に含まれる不飽和脂肪酸の一つです。代表的なオメガ9脂肪酸に「オレイン酸」がありますが、他にもエイコセン酸、ミード酸、エルカ酸、ネルボン酸などの種類があります。

体内で合成可能な非必須脂肪酸

キャットフードではオメガ6やオメガ3がよく話題に上がりますが、オメガ9脂肪酸と前の二つで大きく異なるのは、オメガ9脂肪酸が体内で合成できる非必須脂肪酸という点です。

オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸は体内で合成できないため、食事から摂取する必要があり、摂取量やバランスなどが重要視されますが、オメガ9脂肪酸は、体内で必要な量を「ステアリン酸」という飽和脂肪酸から合成することができるため、どちらかというと影の薄い栄養素となっています。

オメガ9脂肪酸が豊富な食べ物

  • オリーブオイル
  • なたね油
  • 紅花油
  • 落花生油
  • 大豆油
  • アーモンド
  • アボカドオイル
  • アルガンオイル

オメガ9脂肪酸の働きと作用

  • 悪玉コレステロール濃度を下げる
  • 腸の働きを活性化
  • 抗酸化作用

オメガ9脂肪酸は、善玉コレステロールを減らさず悪玉コレステロール濃度を下げ、血液をさらさらにする効果があり、動脈硬化や高血圧、生活習慣病の予防が期待できます。またオレイン酸は腸の蠕動運動を活性化させる作用があるので便秘予防にも効果的です。

オメガ9脂肪酸の代表オレイン酸は酸化を防ぐポリフェノールを含んでいるため、抗酸化作用も期待できます。

キャットフードに必要なオメガ9脂肪酸量、過剰摂取と欠乏

オメガ9脂肪酸は非必須脂肪酸なので、AAFCOやFEDIAFなどの機関が定めているガイドラインなどを見ても、オメガ9脂肪酸の最低値や上限値の基準はありません

多くても少なくても、特に過剰摂取や欠乏症などを引き起こすこともありませんので、キャットフード選びや普段から気をつける点は特にありません。ただオメガ9脂肪酸が多い食事を与える場合、脂肪酸が含まれる脂質量も多くなるため、猫にとって高脂肪食になってしまう可能性があります。

キャットフードのオメガ9脂肪酸まとめ

今回はキャットフードであまり注目されることがないオメガ9脂肪酸についてお話しました。

同じ不飽和脂肪酸で、体で非常に重要な役割を果たす必須脂肪酸のオメガ6とオメガ3については下記の記事で紹介しています。キャットフードにおける必要量や比率についても解説しているので、キャットフード選びで是非参考にしてみてください。

キャットフードのオメガ6とオメガ3とは?効果や適正比率、多く含まれる食べ物を紹介

2016年12月26日

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。