キャットフードのキヌア。栄養素と特徴、擬似穀類や雑穀として利用される

キヌア キャットフード
鈴木さん
キャットフードでたまに見かけるキヌアという原材料は、どんな食材なのでしょうか。
猫田
キヌアはマチュピチュなどでも有名な「インカ帝国」で栽培されてきた植物です。穀物なのか微妙なラインをいく疑似穀類の一つですね。日本ではあまり馴染みのない食材だと思うので、どんな食材なのかというところから掘り下げていきたいと思います。

キャットフードの原材料:キヌア

キヌア(Quinoa)とは

キヌアとはヒユ科アカザ亜科アカザ属に属する植物で擬似穀類とも言われます。マチュピチュで有名なインカ帝国で紀元前5,000年前から栽培・主食として親しまれてきた食べ物です。

キヌアは穀物には分類されません。キヌアは栄養素や見た目、広い意味で分けると穀物に分類されますが、狭い意味では、穀物とは「イネ科の植物の種子」に限定されるため、ヒユ科に属するキヌアは「擬似穀類」と呼ばれています。

アンデス山脈という過酷な環境でも生産できるキヌアは、近年飢餓問題を解決するとも言われる食材の一つで、これからさらに食材としての注目は高まってくるのではと期待されています。

キャットフードのキヌア

キャットフードでは、穀物のアレルギー療法食でも使用されることがあります。また、いくつかの穀物や擬似穀類が混ざった「雑穀」としてキヌアが利用されることもあります。

穀物を不使用にしたグレインフリーキャットフードの中にも「擬似穀類」を利用することで、グレインフリーを実現しているフードもあります。

キヌアの栄養素

栄養成分表

タンパク質14.1g
脂質6g
炭水化物64.2g
食物繊維7g
灰分
(ミネラル)
カリウム563mg
リン457mg
マグネシウム197mg
ビタミン葉酸184mg
ビタミンB20.32mg
ビタミンB60.49mg
水分13g
カロリー100g368kcal

キヌアの主な栄養素は炭水化物になります。数値でも100g中64.2gは炭水化物と半分以上が炭水化物と出ています。

キヌアや他雑穀に分類される食材は、主要な穀物にあたる小麦・米・トウモロコシなどに比べて含まれる栄養価が高いことが分かっています。

他穀物よりもミネラルが豊富

キヌアは特に他の穀物や雑穀と比べてもミネラルが豊富に含まれています。具体的には、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄分、亜鉛などが挙げられます。

またビタミンでもビタミンB2やビタミンB6、葉酸などが豊富に含まれます。特に葉酸は他の穀物の何倍、何十倍という値がでています。

キヌアをキャットフードにつかうメリット

低GIで血糖値を上げにくい食材

キヌアは他の穀物に比べて血糖値を上げにくい低GI食材ということがわかっており、糖尿病や肥満が気になる猫には炭水化物源となる食材はキヌアのような低GI食材がおすすめです。

グレインフリーが実現できる

製造側にとっては、キヌアを使うことで「グレインフリー(穀物不使用)」と謳えるメリットがあります。

キャットフードではグレインフリーか否かという点は、消費者の選ぶ基準としても浸透してきているため、キヌア・イネ科の植物の種子(Grain)があるのなら、キヌアを選んだ方が「グレインフリー」という魅力ポイントを一つゲットできるわけです。

アレルギー性が低く、穀物アレルギー療法食にも利用される

キヌアは良質な植物性タンパク質が含まれながら、アレルギー性は低いことがわかっています。

このため、穀物のアレルギー療法食ではキヌアが利用されることも多いです。

キヌアをキャットフードにつかうデメリット

植物性タンパク質が豊富

キヌアは他の雑穀と比べて植物性タンパク質が豊富です。良質な植物性タンパク質は猫も問題なく消化吸収しますが、20%程度は吸収されずにアンモニア(有害)を発生されるため、解毒やフィルターの役目を担う腎臓や肝臓に負担をかけてしまうデメリットはあります。

肉や魚原料が豊富でキヌアの配合量がそこまで多くない場合にはそこまでの心配はいりません。

キャットフードのキヌアまとめ

  • 紀元前数千年前から栽培が始まった歴史の長い穀物
  • 疑似穀類なので、穀物(Grain)には分類されない
  • 雑穀としても利用される
  • 炭水化物と良質な植物性タンパク質が豊富
  • ミネラルが豊富
  • アレルギー性が低く療法食にも利用される

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。