キャットフードの原材料。種類と見方を解説

キャットフード 原材料

【まんが】キャットフードの原材料

キャットフード 原材料
鈴木さん
キャットフードの原材料ぜんぶ覚える必要ないんですね…私がんばって覚えてました…。
猫田

だいたい原材料は決まっていますからね。そこまで細かく覚える必要はありませんし、私たちの馴染み深い食材が多いので、わかりやすいですよ。

では原材料について簡単に説明したいと思います。詳しくは各項目の関連記事からご覧いただけます。

原材料名欄での見方

猫田
キャットフードのパッケージ原材料名欄は、配合量の多い順番に記載されています。
鈴木さん
ビタミン類やミネラル類、アミノ酸類とかかれている原材料は成分ではなく原材料なんですね。
猫田
それらは猫の栄養を補うための「栄養添加物」になります。

キャットフードの代表的な原材料

キャットフードの原材料
  • 肉類
  • 穀類
  • 野菜類
  • 豆類
  • 果物類
  • ハーブ類
  • 添加物
猫田
キャットフードの原材料を分類するとこのようになります。1つ1つどんな食材がよく使用されるか見ていきましょう。

肉類・魚類の原材料

猫田
キャットフードの中でも最も大きな割合を占めるのが、肉類・魚類の原材料です。タンパク質や脂質が豊富で、他にも様々な栄養を含む動物原料はキャットフードには重要な原材料です。
鈴木さん
肉や魚ではどんな食材が多く使用されているんですか?
猫田

特にチキンが主原料のキャットフードが多く使用されています。猫には特に動物性タンパク質が多く必要なので、キャットフードでもおよそ30~80%を肉・魚原料が占めています。

また動物や魚からとれる油脂、卵、レバーなども動物由来の原材料として非常によく使用されます。

肉 キャットフード 種類 

キャットフードの肉原料一覧。各動物の栄養素と特徴を比較表でまとめ!

2019年8月14日

穀類の原材料

猫田
低コストで手に入る小麦・トウモロコシ。激安フードに配合されていることも多いですが、穀類は多くの種類の栄養素が多く含まれる食材です。
鈴木さん
だから今は、猫のエネルギー代謝や消化器官への負担、アレルギーなどに配慮したグレインフリーキャットフードが多いんですね。
猫田

そうですね。ここ最近は穀類使用のキャットフードはオールドスタイルとも言われ、数や種類も徐々に少なくなってきています。

ただ全部が全部というわけではなく、穀類を使用したキャットフードの中にも、猫の体や栄養面に配慮したキャットフードも多くあります。 

穀物 キャットフード

キャットフードの穀物一覧。穀類の種類と栄養を比較表でまとめ!

2019年8月16日

野菜類の原材料

猫田

野菜の中でもジャガイモやサツマイモは穀類の代わりに炭水化物の役割も果たすことから、肉や魚、穀物と並んで多く使用されやすい原材料です。

またチコリという野菜も日本ではあまり馴染みがありませんが、海外のキャットフードではよく見られる原材料の一つです。

鈴木さん
私たちにとって馴染み深い野菜も多いですよね。
猫田
そうですね。上で紹介したジャガイモやサツマイモを始め、トマトニンジンなど他にも馴染み深い野菜が使用されています。ただ量でみれば、肉や魚に匹敵するほどではありません。
野菜 キャットフード

キャットフードの野菜一覧。代表的な野菜の栄養と特徴を解説

2019年8月28日

豆類の原材料

猫田

豆類ではエンドウ豆、ヒヨコ豆、レンズ豆、大豆などがキャットフードにはよく使用されます。

特に穀類を使用したグレインフリーキャットフードで使用されることが多いです。芋や穀物の代わりに炭水化物としての役割を果たします。

鈴木さん

アレルギーのリスクが低い豆類ですが、大豆はアレルギーのリスクが高いため注意が必要ですよね。非常に栄養価の豊富な食材ですが、キャットフードでは避けたい食材の一つとして有名です。

キャットフードの豆類は穀物?豆の種類と栄養、アレルギーなど

2018年8月21日

果物類の原材料

猫田

果物類ではベリー系、リンゴ、オレンジなどの原材料がよく使用されます。果物は野菜やハーブ類と同様、少量で使用されることが多いです。

必要不可欠というわけでもないので、フルーツが使用されていないキャットフードもあります。

鈴木さん
クランベリーのように特定の成分が豊富に含まれたフルーツは、サプリメントや療法食など効果を狙って配合されることがありますよね。
キャットフード 果物

キャットフードの果物(フルーツ)一覧。栄養素と特徴、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富!

2019年8月27日

ハーブ類の原材料

鈴木さん
キャットフードでハーブ類はローズマリー、イラクサ、オレガノ、アニスなどがよく使用されているイメージです。
猫田

ハーブはキャットフードの保存や品質保持の面でも役に立つ原材料です。配合量は多くありませんが、合成添加物を使用しないドライフードにはよく使用されています。

抗酸化作用や防腐作用、消臭作用、殺菌作用などキャットフードの品質を保つための作用、他にも安眠効果、血流改善、消炎作用、利尿作用、消化促進、肝機能を高めるなど、猫への効果も期待できるような作用を持ち合わせる原材料です。

キャットフードのハーブ類一覧!目的や効果、種類、配合量について

2019年3月19日

添加物の原材料

鈴木さん
キャットフードではよく話題にあがる添加物、気になります。
猫田

注意が必要と言われる酸化防止剤や甘味料、合成着色料、香料、調味料、また合成添加物がよく聞かれますが、キャットフードでよく使われる添加物として代表的なものは、栄養添加物です。

品質の高いキャットフードでは合成添加物はあまり使用されないので、お話することも少ないですね(笑)

鈴木さん
栄養添加物は、簡単に言えば良い物、悪い物どっちなんですか?
猫田
理想は原材料からすべての栄養素を賄えることですが、季節や収穫の良し悪しによって食材の成分も変わってしまうため、ほぼすべてのキャットフード総合栄養食には栄養添加物が必要となっています。
鈴木さん
なるほど。では保存料や着色料、香料、調味料などの添加物はどうですか?
猫田

添加物と言っても自然由来のものもありますし、原材料から抽出した成分や自然由来のエキスを使用した添加物もあります。

無添加と謳っているものもありますが、本当に無添加にした場合、栄養を満たせなかったり保存がきかず劣化しやすかったりとリスキーな面もあるんですよ。

そのためキャットフードでは添加物すべてを敵視するのではなく、猫に注意が必要な害の可能性のある添加物を知って避けることが大切です。

鈴木さん
なるほど…無添加が必ずしも良いというわけではないんですね…。

キャットフードの危険な合成添加物、安全性が高い天然添加物を解説

2016年8月26日

その他の原材料

猫田

ビール酵母やプロバイオティクス(乳酸菌など)、オリゴ糖、ビートパルプ、セルロースなど、どの分類にも振り分けられない原材料もあります。

原材料によって様々な目的がありますが、上記のものは主に食物繊維や腸内の環境を整えるために加えられる原材料です。 

キャットフード 原材料

キャットフードのその他の原材料。メーカーそれぞれの個性と特色が見える!

2019年9月25日

キャットフードの原材料まとめ

猫田

以上キャットフードの代表的な原材料について復習しましょう。

次はいよいよキャットフードの成分、栄養素についてです。難しいと感じることが多い成分系のお話ですが、キャットフードを選ぶには必要不可欠な知識なので、ぜひご覧ください!

キャットフードの基本的な成分分析値の表示と見方。%の目安を解説

2016年8月26日

投稿者プロフィール

【監修・執筆】鈴木利奈
【監修・執筆】鈴木利奈ペットフード販売士 / コスメコンシェルジュ
一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。

日本化粧品検定協会会員。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。