キャットフードのきのこ類。栄養素と特徴。ヘルシーでダイエットにもおすすめ食材!

猫 きのこ キャットフード

キャットフードの原材料、キノコ類

キノコはあまり使われない

キャットフードではきのこ類が原材料として使用されることもあります。

しいたけ、まいたけ、しめじなど身近なものから、アガリクスやキクラゲなどが配合されていることも。また手作り食ではきのこを使ったレシピがよく見られます。

ただキャットフードではきのこを使用したフードは比較的少ないかもしれません。

きのこの栄養素を比較

栄養分析値しいたけ乾燥椎茸マッシュシメジキクラゲエノキエリンギ
カロリー18kcal182kcal11kcal14kcal13kcal22kcal24kcal
タンパク質3g19.3g2.9g2.1g0.6g2.7g3.6g
脂質0.4g3.7g0.3g0.3g0.2g0.2g0.5g
食物繊維3.5g41g2g3.3g5.2g3.9g4.3g
炭水化物4.9g63.4g2.1g4.4g5.2g7.6g7.4g

生の状態だと水分がほとんど

キノコは生の状態だと水分と食物繊維がほとんど。脂質はほとんど含有されていないので、とてもヘルシーな食材です。

あまり栄養素は多くは見えませんが、乾燥椎茸は水分が少なく栄養が凝縮されているので、同じ100gでも栄養が豊富に含まれています。

キャットフードをつくる際は、乾燥させたキノコをつかうので、乾燥椎茸と同じ位の栄養が期待できます。

アガリクスが注目!

またキノコの中でも特にアガリクスは抗腫瘍効果やウイルスの侵入を防ぐ働きなどが注目されています。

アガリクスが配合された、犬や猫の免疫力サポートを目的としたサプリメントもいくつか販売されています。

キャットフード マッシュルーム

キャットフードのアガリクス。期待される免疫活性化や抗がん効果!猫への副作用も解説

2019年8月5日

猫が毒きのこを食べてしまわないように注意

基本的に人が食べているキノコであれば、猫が食べても問題はないと言われていますが、屋外に出る猫は、毒キノコを食べてしまう可能性があるので注意しましょう。

代表的な毒キノコ
  • クサウラベニタケ
  • ドクツルタケ
  • コレラタケ
  • テングタケ
  • ベニテングタケ etc…

エノキやエリンギ、マッシュルームなど見た目が似ているきのこもあります。キノコ狩りなどで一般の方が採集したキノコは見分けが付かず、毒キノコで食中毒を起こす可能性があるので、注意しましょう。

キノコを使用したキャットフード

キノコを使用したキャットフードはあまり見られませんが、マッシュルームや椎茸、乾燥きのこ、アガリクス、たもぎ茸あたりがキノコ類の中では一般的のようです。

ネイチャーズロジック チキンディナー(乾燥きのこ)

ネイチャーズロジック チキンディナー

ネイチャーズロジックから販売されているチキンディナーは原材料の一つに乾燥きのこを使用しています。

配合量はそこまで多くありません。どのきのこが入っているかはわかりません。

和味(しいたけ)

和味は原材料とはいえないかもしれませんが、和風調味料にしいたけが含まれています。

ブリミックス(アガリクス)

ブリミックス キャットフード チキン

ブリミックスのキャットフードにはアガリクスが含まれています。アガリクス意外にも、乳酸菌や口腔内で働く善玉菌なども配合されています。

菌類を効果的に利用しているキャットフードとなっています。

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。